敗戦の夏に考えてみなければならないこと(2)

フーテン老人世直し録(98)

葉月某日

安倍総理は「戦後レジームからの脱却」を政権の課題に掲げた。「戦後レジーム」とは敗戦によって戦勝国、特にアメリカから押し付けられた仕組みや制度の事を言うのだと思う。主権を放棄させられていた時代に押し付けられた仕組みを、主権回復後に見直すのはおかしな話ではない。それがまだ見直されていないと安倍総理は考えているのである。

安倍総理が「戦後レジーム」として取り上げるのは平和憲法と東京裁判史観である。それを変えなければ戦後は終わらないと考えているようだ。その考え方はアメリカの二つの対日統治方針の中の「逆コース」と呼ばれる政策に後押しされている。

冷戦が始まる前のアメリカは、非軍事と民主主義を日本に押し付けた。戦前の日本が朝鮮と中国の支配に乗り出したことを侵略と断じ、日本に二度と戦争をさせないために平和憲法を作った。日本が東アジアで再び覇権を握る事は許されないと考えられた。

ところが冷戦が始まると、日本と西ドイツを「反共の砦」にするため、アメリカは両国の経済復興と再軍備に力を入れる。戦犯と戦争に協力した財界人の追放を解除し、日本を非力な小国から「格下の経済大国」に作り替え、それを「遠隔操作」するのがベストと考えるようになった。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年8月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2014年8月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」12月17日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ