安全保障に臆病なのは国民なのか

フーテン老人世直し録(94)

葉月某日

8月1日付の東京新聞に「国民は安全保障に臆病なのか」という記事が掲載された。7月28日に菅官房長官がカナダのベアード外相と会談した際、ベアード外相から「安倍政権の支持率が落ちているのはなぜか」と問われ、菅官房長官は「国民が安全保障に臆病だから」と答えた。その発言を巡り有識者の反応を探った記事である。

反応としては「戦後の日本の生き方を否定する」とか「戦争するより臆病の方が良い」とか「議論を避ける政府の方こそ臆病」とか様々だが、フーテンはアメリカに守ってもらえなければ日本の安全はないと考え、アメリカの奴隷になる事を拒否しない精神こそ「臆病」と呼ぶべきと思う。

安倍政権は「戦力」と「交戦権」を否定した憲法を持ちながら、その憲法を変える事なく、海外派兵を認める事にした。しかしどんな時にどんな条件で派兵されるのかその具体像がまだ良く分からない。そして具体像が明らかとなる法整備を来年まで先送りしながら、閣議決定した事実だけを各国に説明して支持を取り付けようとしている。

国民を意味不明の状態にしたまま、外国にだけはいい顔をして見せる政権を何と呼ぶべきか。「売国」と呼ぶべきである。それではなぜ安倍政権は「売国」になるか。先に外堀を埋めておかないと国会での立法作業を乗り切る自信がないからである。つまり各国に支持されているという既成事実、言い換えれば「ガイアツ」が頼みなのである。

ところで安倍政権が説明して歩く国は支持する事が分かっている国々である。だから説明されれば支持する。なぜ支持するか。その国にとって都合が良いからである。それが日本にとっても良い事かと言えば、それは別物である。むしろ外国が喜ぶ事は日本にとって都合の悪い事が多い。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年8月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2014年8月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」12月17日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ