国民のカネをアメリカに貢ぐ安倍政権

フーテン老人世直し録(91)

文月某日

集団的自衛権行使容認の閣議決定を受け、「まんまとアメリカの罠に落ちた安倍政権」とフーテンは書いた。集団的自衛権の行使を日本に強く要求してきたアメリカの狙いは、日本の安全より、アメリカの軍事力にタダ乗りして世界一の金貸し国となった日本からカネを吸い上げるところにあるからである。

すると6日から訪米した小野寺防衛大臣が、それを裏付けるようにアメリカからの兵器購入計画を次々に打ち上げた。小野寺大臣の訪米はヘーゲル国防長官に閣議決定の内容を説明するためと報道されたが、そもそも集団的自衛権の行使は長年アメリカから要求されてきたことで、安倍内閣はアメリカの要求に従ったに過ぎない。従ってわざわざ説明しに行く必要もない。

ヘーゲル長官との会談の狙いは、集団的自衛権行使の立法作業が始まる前に、日米両政府が作成する「ガイドライン」にそれを反映させてしまうところにある。つまり安倍政権は国会で議論が始まる前に、日米で立法作業の枠組みを既成事実化してしまいたいのである。

日本の民主主義プロセスを全く無視する話だが、安倍政権がそれを望んだという構図なら、アメリカに拒む理由はない。しかし日本国内に反対の声が高まれば、一応の民主主義国であるアメリカは態度を一変させる可能性がある。日本国民の反米感情に火がつけばアメリカにとっては元も子もなくなるからだ。

60年安保では、国民の反対運動の高まりを見て、アメリカは岸元総理の政治手腕にすべての責任を負わせ、岸氏を切り捨てた。そして再軍備路線に抵抗したためいったんは切り捨てた吉田茂元総理をカムバックさせようと画策した。今回も反米感情が高まれば安倍総理の政治未熟を理由に切り捨てる可能性がある。

しかしいずれにしても防衛大臣の今回の訪米は、アメリカにとってより重要な目的があった。それは日本からのカネの吸い上げである。報道によれば小野寺大臣はヘーゲル長官と会談する前に次々に兵器購入計画を打ち上げた。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年7月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事5本)

2014年7月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」1月28日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。