「リベラルという媚薬」を見抜く若者たち

●フランス大統領選

フランスの大統領選挙はどうやら無難な結果に落ち着きそうだ(右派ポピュリスト・ルペンが躍進し決選投票へ 欧州の運命を左右するフランス大統領選挙)。

父親のルペン氏が盛んに報道された時代も僕はよく覚えている。娘のルペン氏は父ルペンより穏健だと言われるものの、フランス国内のアンチEU気分を表象する存在だろう。

反EUのイギリス、アメリカファーストのトランプという流れはここに来てブレーキがかかりそうなものの、ここ一年の欧米の動きは、人々の「理想と現実」についていろいろ考えさせられる。

EUやオバマが標榜してきた様々な「平等」への動きが、その中で不利となった層(貧困白人層ほか)の不満へと集約されていき、それを修正する政党や政治家が支持される。

おもしろいことに、不満は極端な保守主義者へと集められる。その代表がトランプだろう。

日本では、不満は若者層の保守化という現象を生み出している。また、既存保守権力への異常なほどの支持の高さ(多少のスキャンダルでもまったく揺るがない)という現象にもなっている。

●聡明な人々は「沈黙」する

こうした超保守や新自由主義の人気の高さは、日本では特に、「リベラルのうさんくささ」と結びついているように僕には思える。

本来ならば、保守政権が少し行き詰まった時は、その反対のリベラルへと支持は流れる。

が、日本においては、理想的リベラリズム(戦争放棄と立憲君主制反対)が潜在的に支持されており、この2項目の存在感はいまだ大きい。また、メディアの思想も、理想的リベラリズムがまだ支配しているため、こうした理想主義に頷けない人々の声は潜在化していく。

リベラルや理想主義をわが国ではなかなか正面から論じにくい。それは、再軍備化や同盟関係の再考という点と裏腹であり、平和を脅かす勢力とラベリングされるからだ。

また、厳密にリベラルを語ると、ややこしいアカデミズムの沼や、紋切り的人権思想の反論に引き込まれることもある。

だから、そうしたややこしさを避ける聡明な人々は「沈黙」する。また、ネットメディアのような比較的自由な媒体も、ややこしさを避けるために、現実的議論(憲法9条再考や現実的再軍備化)は避ける。

自由で聡明な人やメディアほど、いま最も必要な議論(現実的再軍備化や9条再考)を避ける。それをどこかで意識しつつも、自分の専門領域にひきこもる。

そこにひきこもらないのは、2ちゃんねらーや2ちゃんねらーの主力である非正規雇用の団塊ジュニア、そしてひきこもりやニートの「若者」くらいだ。

●アディクションは必ず他人を巻き込む

なぜひきこもり的若者たちはリベラルを胡散臭いと思うのだろうか。

それは、「リベラルが何かに浸っている」と思うから、のようだ。

リベラルは、困った人々を助けようとする。そして、そのために必死になる。

が、その必死さが何かを溢れ落とす。それは当欄で言及した「正義以前の何ものか」(なぜ「正義」はこぼれ落ちるものを同時に生むのか)かもしれない。

またそうした必死さは、ポリコレ疲れという現象も生む(世界に、ポリコレ疲れという「幽霊」が出る)。

いずれにしろ、若者たちが想定するリベラルは何かに浸っている。その正義感は同時に、何かを見捨てているようにも若者たちには映るようだ。

その何かが、日本の雇用問題であり、ニート問題であり、高齢化するひきこもり問題でもある。そうした問題を多くは直視せず憲法問題や再軍備化や共謀罪といったわかりやすい問題を紋切り的に反対するリベラル勢力が、どうにもひきこもり的若者たちには偽善的に映るようだ。

あるいは、足元の細かい問題を直視せずわかりやすい問題に浸るそのあり方が、何か「媚薬」に浸るようにも見えるらしい。それは、媚薬やドラッグなのかもしれない。

まあ、勝手に快感に浸るだけなら問題ないが、アディクションは必ず他人を巻き込む。※