虐待という暗闇に我々はどう取り込まれ、その暗闇から我々はどう逃れているか

■虐待する人、しない人

前回の僕の記事でも書いたとおり(虐待の謎~abuseとアタッチメント)最近の僕は「なぜ、虐待(特に児童虐待)は起こるのか」というテーマに囚われている。

現在の日本では、虐待への対応システムがつくられることに懸命になっているが(要保護児童対策地域協議、略して「要対協」等)、そこでは虐待はもはや自明の出来事であって、またその膨大な件数に対応するだけで精一杯で(各地の要対協も、ケース対策進行をチェックするだけで何時間もかかるようだ)、「なぜ虐待という現象が起こってしまうのか」という問いへの探求はなされる時間がないようだ。

が、よく考えてみれば、誰がどう考えても可愛く愛らしい乳幼児に対して、なぜ成人が虐待してしまうのか、という謎は解けるようで解けない。

前回も書いたとおり、虐待の4分類(身体・性・ネグレクト・心理)やリスク要因(保護者や環境のあり方)はあげることはできる。が、そもそも「なぜ虐待は生じるのか」という素朴な疑問には答えてはくれない。

なぜ、あれほど愛らしく無邪気な乳幼児に対してabuse(直訳は「力の濫用」)してしまうのか。

直接の要因は、精神的イライラだろう。その背景は、ややこしい夫婦関係や、たいへんな貧困問題があるのだろう。それで、大人は子どもに対して「力」をふりまわす(濫用する、つまりは虐待する)。

が、イライラがあっても夫婦関係が険悪であっても貧困であっても、abuseしない成人はたくさんいる。むしろ、イライラや夫婦関係や貧困を虐待の理由として語られると、それらの状態にいるにもかかわらず子どもを毎日かわいがって育てている親たちは怒ることだろう。

そんな「イライラや夫婦関係や貧困を虐待の理由にするなんて、単なる言い訳だ!」と。

■戦争と虐待

確かにそのとおりだ。同じように精神的に追い込まれ夫婦関係も悪く経済的に困難に追い詰められていたとしても、子どもに対して暴力を振るわない親たちもたくさんいる。

が、大人としての力を濫用してしまう、つまりは虐待してしまう親たちも大量にいる。

その違いはなんなのだろうか。また、その原因はなんなのだろうか。僕はやはりそこにたどりつく。

この頃思うのは、人類という種そのものに暴力と戦争と殺人が織り込まれているのでは、という身も蓋もない問いだ。それは、『暴力の人類史』(『暴力の人類史』ビンカー/青土社)を紹介するいくつかの書評を読んでいて思ったことだ。

大著であるこの本を僕はまだ未読なので申し訳ないが(年度末で時間がないのです、とほほ……)、池田信夫氏の書評(『暴力の人類史』)以外にも、アマゾンの書評欄トップ等を繰り返し読んでいると、人類が旧石器時代から行なってきた戦争と殺人こそが、人類そのものを定義するための重要要素だということに納得してしまう。

そう納得すると、ドメスティックな暴力である虐待も、広義の「家族」的環境を人間が形成する時、場合によっては付随する現象なのか、とも思う。

たとえば、児童虐待の被害児童が入所する「児童養護施設」などにおいても頻繁に虐待が起こっていることはこの頃明らかになってきているが(この秀逸な記事参照「親と暮らせない子どもについて知りたい人が、これさえ読めば概要を理解できる記事」等を参照)、これなども、特定の環境の中ではよほど注意しないと人間は暴力に走るということの例証かもしれない。

■児童虐待の根源的予防

では、虐待/暴力/戦争をくい止めるものはなんだろうか。それは、「国家」や「社会の女性化」や「共感」や「理性」だとビンカーは提案しているのだそうだ。

これに対しては『暴力の人類史』をきちんと読んでから語ることにしよう。

戦争と殺人は人類の定義に含まれても問題はないかもしれず、また、人類の歴史はこれら(戦争と殺人)の低減を模索するものであると言い換えてもいいのかもしれない。

今回のブログでは、この戦争と殺人と同系列としてabuse(力の濫用/虐待)を並べ、人間という生命体の中のかなり深い部分にこれらの要素は刻み込まれているのではないか、と考えてみた。

そう考えると、虐待する成人もしない成人も、我々に刻み込まれた深い暗闇にどう取り込まれ、その暗闇からどう逃れているかを検証していくというポジティブな提案にたどりつく。それらの探索こそが、児童虐待の根源的予防になるかもしれない。★