格差社会の象徴~未分化なひきこもり

■ひきこもりの変質?

98年に斎藤環氏が『社会的ひきこもり』(PHP新書)を出版して以来、心理学・精神医学・社会学・教育学・哲学と、さまざまな分野で論じられてきた「ひきこもり」が、日本が格差社会に変化したことを受け、新しい段階に入ったと、僕は直感している。

今回より当「ヤフーニュース・個人」を執筆させていただいている僕は、大阪において、もう15年以上、ひきこもり・不登校・ニートの子どもや若者を支援し続けてきた。

不登校数は一向に減少せず、ニートという新しい概念もイギリスから日本に導入されて10年。

そうしたなかで、ひきこもりも、上述のように変化してきたと僕は感じている。

■3つの背景

斎藤氏の本からしばらくたった00年代なかば、「発達障がい」の考え方が青少年支援分野に持ち込まれた。

発達障がいをここでは詳述しないが、広汎性発達障がい(ここにアスペルガー症候群も入る)・ADHD・学習障がい・軽度知的障がいなどが含まれる(近々この基準も変わる)。

ちなみに、同じ傾向(「場の空気」を読みにくい・会話の多義的な意味を理解し難い等)をもっていても、2次産業の割合が高かった70年前後に青春時代を過ごした「団塊の世代」の時代には、同障がいは導入されなかった。

2次産業は、発達障がいの人たちでも比較的こなしやすいマニュアル型・職人型の仕事が多いためだ。

だが、00年代(グローバリゼーションに日本が飲み込まれたあたり)は、マニュアルよりはアドリブが重視される3次産業が70%を超える。ここでは、明らかな発達障がいはもちろん、発達障がい的人々(「発達凸凹」とも表現される)も、社会にはなかなか溶け込みにくい。

それらの人たちが社会の中での度重なる挫折を体験することでひきこもっていく。こうした方々が、「ひきこもり」の中の3割~5割を占めるのではないか、という「発見」が00年代半ばにされたのであった。

これに、従来から指摘されている「性格的なひきこもり(内向的な人たち。医師のなかにはこれを「人格障がい」に含める人もいる)」「精神障がい」と合わせて、「ひきこもりの3つの背景」と呼ばれるようになった。

■ひきこもりが消滅しない理由

このように「ひきこもり」は3つの背景をもつと分析されたのだが、このような3つの背景に収斂していかず、いまだ「ひきこもり」という曖昧な概念は生き残っている。

その原因の第一は、「性格的ひきこもり」というカテゴリーが残されたことだ。これは限りなくあいまいなカテゴリーなのであるが、実際、どの障がいにも含まれない人たちは、どこにもカテゴライズされることもなく、「ひきこもり」でいることができる。

内閣府の調査(2010年)では、ひきこもり数(外出もできる広義のひきこもりと表現される)は70万人近いのであるが、ここに相当数の「性格的ひきこもり」も入っていると思われる。

■経済学・社会学は大雑把に括る

「ひきこもり」が生き残る原因の2つ目は、流動化する日本社会のあり方を説明するとき、「ひきこもり」は非常に便利な概念であることもその理由だと思っている。

流動化する日本社会とは少子高齢社会のことであるが、この「少子」の相当数がなかなか「社会化=就労」できない。

この「働けない若者たち」を説明するとき、「ひきこもり」は非常に便利な概念として使うことができる。

働けない若者は、小中の不登校を引きずる、高校中退になる、大学中退になる、就職後すぐに挫折する等のさまざまなルートで働けなくなる。その、さまざまなルートをたどっていくと、いちいち「ひきこもり」が現れる。どこかのステップで挫折し、しばらくひきくこもる。また何かにチャレンジするものの挫折し、ひきこもる。

このように、若者の社会化の裏側にある象徴的現象としてひきこもりは頻出する。

その時、この「ひきこもり」は上述の「3つの背景」的視点から細かく分析されることはなく、大雑把に「ひきこもり」としてくくられてしまう。

現実には、発達障がいや発達凸凹、何らかの精神障がいもあるかもしれないが、分析の道具が経済学や社会学のため、精神医学的な◯◯障がいは登場しない。

そして、いつまでも「ひきこもり」は残り、3つの背景に収斂され支援される動きは先延ばしになってしまう。

■格差社会の象徴~ひきこもりでい続けること

僕は実は、このようにして、はっきりとカテゴライズしないまま曖昧に「ひきこもり」であり続けるというのも、当事者やその親が選ぶのであれば悪くはない、と思ってきた。

だが、ふたつの理由から、だんだんそんなことを言えなくなってきたと思う。

1つめは、「ひきこもりの高齢化」。保護者が年金生活に突入することも珍しくなくなり、あと10年もたてば、両親とも鬼籍に入ることも珍しくなくなるだろう。その時、大量(数十万人単位?)の「生活保護受給者」が創出される。

2つめは、未分化なひきこもりでい続けるためには、保護者に経済的豊かさがなければ難しい、ということだ。当たり前だが、生活費に余裕がなければ、子どもがひきこもり続けることを支えることはできない。

ひきこもりではなく、ニートになって早く一般就労支援を受けてもらうか、発達障がいか精神障がいを受け入れて障害者自立支援を受けるかの選択をせざるを得なくなる。

つまり、本格的に格差社会となり、同時に少子高齢社会になったこの日本では、一部の富裕層しか曖昧な「ひきこもり」でい続けるとはできない。

言い換えると、富裕層はいつまでも自分の子どもを未分化なひきこもりのままでおくことはでき、料金の高低にかかわらず、そうした未分化なひきこもりの青少年を長期的に支援してくれる施設に預けておくことができる。

その逆に、格差社会の中の「真ん中から下」あたりは、そうした余裕はなく、状態に応じて一般・障がい就労支援を受けていくことだろう。

これからも「ひきこもり」でい続けられるということは、それは、格差社会の中の「上」のほうにそのご家庭が属しているということを証明するということにもなるだろう。★