田中輝美

ローカルジャーナリスト
島根県浜田市生まれ。地方紙・山陰中央新報社で記者をしながら、ふるさとで働く喜びに目覚める。「環りの海−竹島と尖閣」で2013年日本新聞協会賞受賞。2014年秋に退社し、独立。島根に暮らしながら発信している。共著に『未来を変えた島の学校—隠岐島前発ふるさと再興への挑戦』(岩波書店)『環りの海』(同)。クラウドファンディングで資金を募り、8月に『地域ではたらく 「風の人」という新しい選択』を出版。プライベートでは乗り鉄で、JRはほぼ全線乗車。日経グローカルでローカル鉄道をテーマにした「鉄路と地域のハッピー作戦」を連載中。一般社団法人・日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)運営委員も務める。