RIRI,KEIJU,Julia Wu、注目の3アーティストが、日本、台湾を横断し、共演

9月7日 シェアグリーン南青山

配信シングル「Summertime」
配信シングル「Summertime」

今年の夏を彩ったサマーチューンのひとつが、資生堂「アネッサ」のCMソングにも起用された「Summertime」だ。プロデュースは小袋成彬。19歳のR&B/POPシンガー・RIRIと、ヒップホップ・クルーKANDYTOWNから人気ラッパーKEIJUが共演し、エレガントかつポップでスタイリッシュなナンバーに仕上げた。その2組に、「Summertime」のカバーを配信した(6月26日)、台湾発オーストラリア出身の中国系シンガー・Julia Wu(ジュリア・ウー)を加えた3組が、9月1日、東京・シェアグリーン南青山で行われたイベント「PARA-」に出演。その圧巻のパフォーマンスで集まったファンを魅了した。

画像

「PARA-」は今年3月にPredawn、Kick a Showらが出演し第1回目が行われ、今回はその2回目。“パラダイム・シフト”をキーワードに、時代の転換点に立ち、既存のルールに囚われることなく、ルーツ・国籍・男女・ジャンル・メジャー/アンダーグラウンドをボーダレスに活躍するアーティスト、クリエイティブ集団が、南青山に集結した。さらに「Summertime」のアジアプロジェクトとコラボレートし、9月7日には、台湾でも「ANESSA Presents “Summertime” LIVE」が開催され、「PARA-」がサポートした。

KEIJU
KEIJU

9月1日。橋本翼(cero)率いる、SOM TAM CLUBによるDJで会場内は、クールかつ居心地のいい空気が流れる。ライブパートのトップバッターはKEIJU。昨年ソニー・ミュージックレーベルズ内から配信した1stシングル「Let Me Know」を始め、今年5月にリリースしたEP「heartbreak e.p.」から、「run away 」などを披露。印象的なリリックとサウンド、クールでシリアスな楽曲と自由度が高い、踊れる日本語ラップの二軸とも進化させ続けている。そんなKEIJUが作り出す極上の時間に、客席は思い思いの感じ方、楽しみかたで、KEIJUの音楽に身を委ね、言葉を受け取っていた。KEIJUは「普段ライブをしたことがない素敵な環境だったので、すごく新鮮な感覚でパフォーマンスが出来ました。Juliaとも日本でパフォーマンスが出来て、とても楽しかったです!」とライブ後に語っていた。

Julia Wu
Julia Wu

続いて登場したのは、向井太一とのコラボでも話題の、この日が日本初ライブとなるJulia Wuだ。170センチを超えるスタイル抜群の彼女が登場すると、歓声が沸き、「Need You Now」「台北夜空下」などを次々と投下すると、その圧倒的かつ表現力豊かな歌に、全員が引き込まれる。Julia Wuは「日本でライブをやるのは今日が初めてでした。最初は不安で、とても緊張しましたが、東京の皆さんが温かく迎えてくれて、真剣に私の曲を聞いてくれたので、緊張も和らぎました。私が音楽で伝えたいこともちゃんと皆さんに届いたと思います。また日本に来て、皆さんに新しい作品を届けたいです。本当にありがとうございました」と語っていた。

RIRI
RIRI
画像

ラストは19歳オルタナティブR&B/POPシンガー・RIRIのステージだ。オープニングナンバーは「That’s My Baby」。コール&レスポンスで早くも場内の温度が上昇。そして「Maybe One Day」、「HONEY」を披露すると、その圧巻の歌声がグルーヴを作り出し、感動が広がっていくのが伝わってくる。そして、現在公開中の映画『ライオンキング』の日本版オフィシャルソング「Circle Of Life」を力強く歌い上げる。最後は、KEIJUとJulia Wuも呼び込み、「Summertime」を3人でセッション。会場が一体となり大団円。このイベントのテーマでもある、ボーダレスを象徴する瞬間だった。RIRIは「シェアグリーン青山でライブをするのは初めてでしたが、オシャレで緑に溢れた会場がとても気持ちよかったし、沢山のお客様が煽りに合わせてノってくれて、私自身も楽しませてもらいました!!」と充実した表情で語っていた。

9月7日 台湾・The Wall
9月7日 台湾・The Wall

9月7日(土)には、RIRI、KEIJUにとって初の台湾ライブ『ANESSA Presents ”Summertime Live 2019”』が、台北市内のライブハウス”The Wall“で行われ、スペシャルゲストとして Julia Wuも参加し、「Summertime」を披露した。

RIRI オフィシャルサイト

KEIJU オフィシャルサイト

Julia Wu オフィシャルFacebookページ