【気になる新人】16歳のシンガー・ソングライター坂口有望「私は音楽しかできない 他は考えられない」

「自分を曝け出してそれが誰かの一部になるということが嬉しい」

画像

8月10日、渋谷WWWには、7月26日にデビューしたばかりの注目の新人シンガー・ソングライター、坂口有望のワンマンライヴ「サマーセンチガール ~初のバンド編成ワンマンライブ~」を観に、多くの人が集まっていた。キュートさの中にエモーショナルさを感じる声で歌う等身大のポップスに、客席は盛り上がっていた。しかし途中のMCで突然彼女は、この日のライヴのチケットがソールドアウトにならなかった事を語り始めた。悔しさを滲ませながらも「私はマジでここからやと思ってるから!ここに来たみんなが100人に自慢できるくらいビッグになるからな」と、前向きにメッセージ。彼女はなぜ、あえて満員にならなかった事を、記念すべき初のバンド編成で行った、ワンマンライヴの晴れの舞台で口にしたのだろうか。ライヴから数日後に行ったインタビューは、この話題からスタートした。

「言うことで自分を奮い立たせようと思って。なんか隠すのも自分の中でカッコ悪いなと思って、見せるつもりはないけれど隠すつもりもなく、サラッと言いました」と悔しそうに、でも笑顔で語ってくれた。

画像

坂口有望(あみ)、大阪の女子校に通う16歳のシンガー・ソングライターだ。身長148cmと小柄だが、可愛さと「ビッグになりたい!」という強い思いからくる、負けず嫌いで肝が据わっている強さが、言葉の端々から伝わってきて、どこか大きく見える。それはステージでも同じだった。ドラム、ベース、ギターを率いての、バンド編成での初ライヴだが緊張している様子はなく、終始楽しそうに歌っていた。「弾き語りだと盛り上がりっていっても限界があるし、それをバンドサウンドでお客さんに初めて届けられて、こんなに自分のライヴで人がノってくれんのやっていう新鮮な感じでした。めっちゃ楽しかったです。みんな味方だし私のことを知ってくれているから、その安心感から緊張はあまりしなかったです」。自己採点は「90点いかん位。あまり高得点付けたら恥ずかしい(笑)」と、手応えを感じたようだ。

「絶対歌手になると決めて、でも友達から「無理」と言われ、悔しくてそれを原動力にした」

中1でギターを弾き始めたことがきっかけで、将来は“絶対”歌手になると決めた。それより前、小学校4年生の時に、クラスメイトの前でAKB48「ヘビーローテーション」を踊りながら歌い、初めてみんなに褒められ、歌手になりたいというスイッチが入ったという。「みんなに「私歌手になる」って言ったら、男子は「そんなん無理やろ」って言うんですけど、私、本当に負けず嫌いなのでそれが悔しくて、その悔しさを原動力にして、小6のときにボイストレーニングに通い始めました」。そのボイトレのスクールには今も通っている。

中2でライヴハウスのステージに立ち、関係者の目に留まる

画像

きっかけは中学2年生の時、大阪のライヴハウス、三国ヶ丘FUZZの企画ライヴに遊びに行き、アコギでカバーを歌って楽しんでいるところを、ブッキングマネージャーに「音楽やっているんだったら出てみる?」と声をかけられた事だった。そのライヴハウスの新年会ライヴで、サザンオールスターズの「TSUNAMI」他をカバーして、それが評判になり、同ライヴハウスや他のライヴハウス、ストリートを中心にライヴ活動を行うようになった。ステージに立ち始めた頃彼女は曲を作っていなかった。まだシンガー・ソングライター坂口有望は誕生していなかった。「ライヴハウスに出始めて、しばらく経った時、店長さんに「曲を作ってみたら?」って言われて、初めて曲を作りました。もちろん作りたいという気持ちは前々からあって、でも歌詞は書けるけど、メロディは自分では作れないと勝手に思い込んでいました。それで手探りで作り始めたのですが、本当に曲の作り方がわからなくて(笑)。小学生の時から自分が気に入ったり思いついたフレーズは、ノートにメモしてあって、そこから言葉を引っ張り出してきて歌詞を書きましたが、メロディのつけ方がわからなくて。ギターのコードを鳴らしながら、鼻歌で地道に作っていきました。それも褒めてくれはって、嬉しくなって作り続けていきました」。そして2016年に関西地区のライヴハウスがプロデュースする大会「十代白書 2016」に出場し、準グランプリを獲得し注目を集める。同年9月にタワーレコード限定でリリースしたシングルが、初めて書いた曲が収録されている「おはなし/地球-まる-」だ。

「歌詞カードを読んで、初めて「こんな事歌っていたんや」って気づいて、鳥肌が立つような歌詞、歌を目指している」

画像

彼女が影響を受けているというテイラー・スウィフトも、ティーンの毎日とその心情を描いた曲、実体験を歌にして世界的な人気になったが、坂口が書く曲も、瑞々しさの中に捻りを加えた視線、言葉にできないホンネを言葉にしたものが多い。「私はストレートに誰でもわかるように言葉を紡ぐというよりは、歌詞カードを読んで、初めて「こんなことを歌っていたんや」って発見できて、鳥肌が立つみたいな方が好き。だからど直球じゃなくてカーブで描くことが多いです」。しかし人前で歌うにあたっては「自分の曲を歌うことは、歌詞や言葉そのものが自分を表しているので、それが人に伝わって、私っていう人間が全部見えてしまう怖さもありました」と、複雑な想いを抱えて、シンガー・ソングライターとしての道をスタートさせたが、今は「自分を曝け出してそれが誰かの一部になるということが嬉しくて」と、表現者としての喜びを感じている。

デビューシングルの「好-じょし-」は、友達の経験談を元に作った失恋ソング

デビューシングル「好-じょし-」(7月26日発売)
デビューシングル「好-じょし-」(7月26日発売)

彼女が「ビッグになるための通り道がメジャーデビュー」という、そのメジャーデビューシングル「好-じょし-」にも、一筋縄ではいかない坂口ワールド全開のポップスが3曲パッケージされている。表題曲の「好-じょし-」は、<君がいなくなったって ご飯はおいしい ちゃんと味もする>という歌詞が印象的なポップな失恋ソングで、女子高に通う彼女の友人の話が元になっているという。「失恋して、本当は悲しくて絶望しているけど、強がっている歌です。強いけど弱いというか、負けないって自分に言い聞かせますよね、女子は」と、友達のホンネを歌にしている。ちなみに坂口本人はまだ恋愛経験ゼロだという。実体験の失恋ソングがどんな仕上がりになるのかが、楽しみになる曲でもある。

一転マイナー調の「紺色の主張」は、「中3の時に作った曲で、クラスみんなで先生に怒られて、その時にみんな責任を押し付けあって、それを見ていてイライラが爆発して書いた曲なので、結構尖っていますね」というように、怒りともどかしさを吐露するリアルな歌詞は、ヒリヒリした空気が漂う。「紺色」は、どんより曇っている心模様と制服を象徴する色だ。

「今の自分にしか書けない詞にこだわりたい」

画像

<夢にまでみた16歳の夏>という歌い出しで始まるその名も「16さいのうた」。彼女にとって16歳という年齢、現在地点はどう映っていたのだろうか?「そんなに夢みていたわけではないのですが、Sixteenという響きも良いし16歳って、映画の主人公やドラマの主人公の年齢に多いんです。貴重な多感な年でもあるから、16歳という言葉に憧れみたいなのがありました」。わずかな期間の貴重な一瞬を見事に捉え、鮮やかに描いている。「中途半端な、揺れている感じが自分の中で気持ち悪いというか、モヤモヤしていて、その気持ちをそのまま書きました」。彼女には「15歳の詩」という曲もある。「今の自分にしか書かれへん詞を書こうっていうのはあって。15歳のときは「15歳の詩」、たぶん「16さいのうた」で終わると思うんですけど(笑)、15歳、16歳って短い時間で、自分でもすごく変化したなと思って、だからこそ曲に書き留めておきたくて。でも年齢の歌に限らず、今思っていることを描くことが、私が曲を作る土台になっているので、ちゃんと形にして、それを歌うことによって同世代の女の子が共感してくれて、一緒に成長していけたら一番嬉しい。私の曲も一緒に大人になっていきます」。

「日本語にこだわりたい。でも英語の良さを引き出せる能力を身に付けたら、英語の曲も作りたい」

画像

16歳の彼女が“今”を描く歌の歌詞には、英語詞がほとんど使われていない。そこにも彼女のこだわりがある。「昔から言葉が好きだったんですけど、日本語の良さってあると思うので、日本語で書く事にこだわっているところもあります。でも私は英語も好きなので、英語の言葉の良さも引き出せるくらいの能力を身につけたら、ちゃんと英語の曲を作りたいです」。

中学生で歌手になると決め、その目標に向かって突き進み、まずその決断と実行力に驚かされるが、さらに16歳でメジャーデビューを果たし、夢をつかみ取った。「クラスのみんなにも、「有望はやりたいことが決まっていて良いね」みたいなことを言われますが、私は音楽しかできひんから、音楽という道を選んだだけで、他の道が私には考えられなかった。そんな感じですね」。そう明るく笑顔で語ってくれた坂口のもうひとつの夢は、東京の大学に進学する事だ。“居場所”がどこであろうと等身大の歌にこだわり、それをライヴで歌い、ファンに喜んでもらう事こそが、彼女の生きがいでもある。「ビッグになりたい」――そう語る16歳の高校生の決意は多くの人を巻き込み、そこに向かうための道ができていく。大きな可能性を感じさせてくれるシンガー・ソングライターが走り始めた。

坂口有望オフィシャルサイト