崩れた熊本城から考える文化財の復原事情

熊本城の復原には20年かかるというが……。(写真:児玉千秋/アフロ)

昨年4月の熊本地震で熊本城は大きく傷ついた。天守・櫓の屋根瓦や鯱が落下したほか、重要文化財の長塀が長さ100メートルにわたって倒壊。石垣の約3割が崩落したという。

私が驚いたのは、その修復に約20年かかる、とされたことだ。

20年! 加藤清正が熊本城を築いたのは1591年からで、1600年頃には天守閣が完成したと聞く。9年間だ。すべてが完成するまではさらに数年かかったろうが、20年は越さないだろう。当時はすべて人力であることを考えると、今なら3分の1以下の工期で完成させられるのではないか?

もちろん、長引く理由はある。ゼロからの建築ではなくて修復・再建というのは、意外とやっかいなのだ。とくに歴史的な文化財であることから、文化庁の基準があり、熊本城を創建時となるべく同じようにしなくてはならない。建築様式はもちろん、崩れた石垣の石積み一つ一つも調査して、可能な限り同じ場所にもどす必要がある。まず調査に時間がかかるわけだ。加えて200億円を越えるとされる経費の財源や人材の確保も大変だろう。当時と同じ技術を得られるかどうか。

熊本城は、震災前の城郭観光者数が全国一であっただけに、歴史的・文化的価値を考えても元の通りにすべきという意見はわかる。しかし20年はいかにも長い……。

そこで、ほかの歴史的建造物の修復・復原や再建の状況が気になった。

まず東大寺の現在の大仏殿は、大仏の頭上にイギリス製の鉄骨が入っている。明治時代の大修理の際に、屋根の重みを支えるために鉄骨のトラス(西欧の建築構法による三角形の小屋組)が採用されたのだ。

ちなみに現在のものは江戸時代に再建された3代目。奈良時代と鎌倉時代に建てられたものは戦乱で焼け落ち、その都度建て直されたが、いずれも建築様式や規模は違う。常に、その時代の最新の技術を取り入れたからだ。また財源や必要な木材資源の調達も再建を左右した。

平城宮跡に2010年に復原された大極殿(天皇が国家行事を行った宮殿)も、構造内部には耐震用の合板壁が入り、基礎はコンクリートで合成ゴムなどによる免震装置が組み込まれている。

そもそも奈良時代の大極殿の設計図が残っているはずもなく、建物の姿形さえ想像だ。発掘資料や同時代の建築物や後の時代の大極殿を参照にしながら、だいたい、こんなものではなかったか、と推定しつつ建てられたものである。その意味では「復元」ではない。

それでも大極殿が完成したおかげで、草っぱらだった平城宮跡が、一気に奈良時代の情景を思い描ける空間となった。当時の建築や社会に関する研究も進み、観光的にも再建する意味はあっただろう。

そういえば、現在の大阪城も3代目だ。豊臣秀吉の建てた大坂城は完成から16年後の大阪夏の陣で焼け落ちた。徳川時代の大阪城も完成後40年足らずで落雷による火災で焼失した。現代の大阪城は、1931年に市民の寄付を集めて再建したが、その際に「最新の技術を取り入れる」という方針から鉄骨・鉄筋コンクリート造りとなった。

以来80年以上が経ち、もはや大阪城としてはもっとも長く建ち続けている。それもあって、現在は国の登録文化財となった。

鉄骨がむき出しの建築中の大阪城。(大阪城公園の展示パネルより)
鉄骨がむき出しの建築中の大阪城。(大阪城公園の展示パネルより)

熊本城も、大小天守閣などは1960年に復興された鉄筋コンクリートづくりだ。意外と復原は自由に行われ、「昔どおりの復原」は少ない。

今後、熊本城の復原計画も議論されると思うが、どんな形がよいのか悩ましい。昔の姿と同じにしたい市民の気持ちもくみ取りたいが、災害対策や入場者の利便も考えるべきだろう。全部清正時代と同じにするのか、いやできるのか。建材も無垢の木造を望めば、経費も工期も膨らむし、森林から大木を根こそぎ奪いかねない。時代に合わせた技術を活かすことも大切だろう。それらの折り合いをいかに付けるか……。

歴史的建造物の復原構想は各地に登場しているが、熊本城の復原方針はそれらの方向性にも影響を与える。そもそも失われたものを復原する意義はどこにあるのか。広く通用する復原の理念を打ち出してほしい。