「ハリルジャパン史上、最高のゲーム」~4-3-3の呪縛が解けた夜

(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

本当に勝てたと思ったのか・・・。

オーストラリアとの一戦後のインタビューで、勝てた試合だった・・・、と勝てなかった悔しさを滲ませた、ハリルホジッチ監督、長谷部選手、本田選手、そして原口選手。選手交代のタイミングさえ見つけられない、それほどの圧倒的な力の差を見せつけられたこの試合で、本当に勝てたと思ったのか、始めは4人のコメントに眉をひそめました。

しかし、確かにチームが一体感を得て、自分の役割を知り、きちんと仕事ができた試合では、ある種の充実感が相まって、外から見えるよりも体感温度が高くなるものなのです。

ハリルホジッチ監督の今までの采配は極端に言えば「何がしたいのかわからない」の一言でした。4-3-3の形ばかりの戦術は、選手を縛ってしまった上、勝ちの絵図を見せることができず、ピッチの上で選手はいつも迷子でした。

しかしながら、今試合でハリルジャパン誕生以来初めて、勝ち姿をチームが共有し、戦術が隅々まで浸透されていました。本田香川を前線に残し、あとは全員守備で引いて守る。アタッカーの原口、小林悠も例外なく守りに徹し、戦術を全うしました。守る時間が長く、本当に本当に苦しい戦いだったはず。それでも彼らの心はピッチの上空を舞うカモメのように自由だったに違いありません。そして彼らの「悔しい」も紛れもない本心だったことでしょう。

この「悔しい」こそ、勝ち点1点よりも大きな収穫です。次に日本の地で、この強豪オーストラリアを迎え撃つその時までに、どれほどの成長を遂げることができるか。時間の猶予はそれほど長いとは言えません。