『シュート』『エリアの騎士』の生みの親、樹林伸氏。「7つの名を持つ」ヒットメーカーが明かした半生。

『金田一少年の事件簿』の原作者・天樹征丸、『Get Backers』の青樹佑夜、『エリアの騎士』の伊賀大晃、『ブラッディ・マンデイ』の龍門諒、『探偵犬シャードック』の安童夕馬、『神の雫』の亜樹直。

本名は知らなくても、これらの作品やペンネームはみなさんご存知でしょう。今回のスペシャルゲストは「7つの名を持つ原作者」こと、樹林伸(きばやし・しん)氏です。

上記はすべて樹林氏の作品で、他にもサッカー漫画の『シュート』や『GTO』などにも深く関わっていたことでその名が知られていらっしゃいます。

普段、取材や顔出しはNGとのことですが、今回に限り特別にご登場いただくこととなりました。貴重な対談をどうぞご覧ください。奇才ともいわれる稀代の名作家の歩みに熱いメッセージを感じられるはずです。

玉乃 樹林さん、まさか取材を承諾いただけるとは思ってもいませんでした。多くの連載に加え、樹林さんが脚本を手掛けられるテレビドラマ(石川五右衛門)も今年10月からスタートしますし。「超」ご多忙のなか、本当にありがとうございます。空気を読まずに生きてきて良かったです。遂にここまで辿り着きました(笑)。

樹林 ホント忙しいよぉ(笑)。

玉乃 すみません(笑)。

ですが、いま僕の頭は「神の雫」一色です。日常で何かありがたいことがあるたびに、「これは神の雫や!」と言うのが口癖になっています(笑)。

それで早速質問攻めしたいのですが、よろしいですか?

あの飲んだあとの「一言感想」(登場人物がワインを口にした後に様々な比喩を用い独特な言葉で表現すること)って、全部ご自身で考えられているのですか?

樹林 あれね…最初は遊びでやっていたの。普段、ワイン口にしながら「あれじゃない!!」とかやっていたの。随分前から姉貴とやっていたんだよね。夜中にね、仕事中「うわぁ…これは!」とか言って。それで…こんなことやっているんだったら、「これ漫画でできんじゃね!?」みたいな話になったのよ。オレたち、ものづくりの人間じゃない。だからドラマのシーンや色んな光景なんか思い浮かべながらこの遊びをやっていたんだよね…「湖のような」とか「泉のような」とか…ポンポンポンって。そうするとね、思い出しやすいわけ、あとあとね。イメージを表現しておくと記憶にとどめやすいんだよね。あのときのあのワインって、あんな味わいだったな、だからこんな表現したんだなって。表現から記憶をたどっていけるので、便利で…で、この遊びやっていたの。

玉乃 遊びですか…うーん、凡人の僕にはその感覚が分からないのですが。元カノの香水と同じ匂いの女の子とすれ違ったら、楽しかった日々の思い出が走馬灯のように…そんな原理ですかね?いつ頃からそのようなことを?

樹林 講談社を辞めた直後くらいからかな。1999年に辞めたんだけれど、その頃には結構ワインにはまっていてね。あるときスゴイ出会いがあってね。DRC(Domaine de la Romanee-Conti頭文字をとったもの=『ロマネコンティ』で有名な生産者の名前)を飲んだときに、「わっ、これはちょっとすごいな!」と。姉貴も一緒に飲んでいたんだけれど、「これ、只者じゃないよね?」って…そこからコレクションが始まったのよ。ドはまりしていっちゃったんだよね。ちょうどこの頃だよね、その表現云々っていうのを始めたのは。いまは全部で3,000本くらいかな。どんどん買っていたら冷蔵庫に入らなくなっちゃったのよ。「じゃあ部屋借りよう!」となり、ワインのために部屋を借りて…いまは、この家に集約している。

玉乃 すごっ(笑)!

あとで是非見せて下さい。僕のウチより大きそうなワインの部屋(笑)。

ところで、樹林さんの作品の中で、趣味が高じて作品になったのは「神の雫」だけですか?

(中編に続く)

樹林伸(きばやし・しん)プロフィール

漫画原作者・脚本家・小説家。早稲田大学政治経済学部卒業後、1987年講談社に入社し、「週刊少年マガジン」編集部で漫画編集に携わる。その後、漫画原作者として数々のヒット作を世に出し、1999年に講談社を退社、独立。現在「7つの名をもつ原作者」として引き続きヒットメーカーとして大活躍中。

この10月(2016年)から、市川海老蔵主演で放送予定の「石川五右衛門」などの脚本も手掛ける。