第2次補正予算で、またもや記録破りの・・・

5月27日に閣議決定された2020年度第2次補正予算の内容はどうなったか(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

5月27日に、2020年度第2次補正予算を閣議決定した。4月30日に第1次補正予算が成立したばかりだが、今後の国会運営をにらんでの予算編成だったと言ってよい。今年の通常国会は、6月17日に会期末を迎える。会期延長をしなければ、それまでに予算を成立させないと、しばらくは予算を国会で通すことができなくなる。

自然災害や大規模な経済的ショックが起きると、補正予算が早期に組まれる傾向にある。東日本大震災の時も、熊本地震の時もそうだった。

典型的には、東日本大震災の後の2011年度には、補正予算は4度組まれた。本予算が3月29日に参議院で否決されたのちに両院協議会が開催されて衆議院の議決を国会の議決とすることとなって成立し、第1次補正予算が5月2日、第2次補正予算が7月25日、第3次補正予算が11月21日、第4次補正予算が翌2012年2月8日に成立するという運びだった。この時の第1次補正予算が5月2日に成立したことは、当時として最速の記録だった。

2020年度の第1次補正予算が4月30日に成立したこと自体が、この2011年度の記録を破り最速成立の新記録となったが、今般の第2次補正予算も、2011年度の記録(7月25日)を破りそうな勢いである。

今般の第2次補正予算は、他にもいくつかの新記録を樹立している。

それは、

この記事は有料です。
慶大教授・土居ゼミ「税・社会保障の今さら聞けない基礎知識」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

慶大教授・土居ゼミ「税・社会保障の今さら聞けない基礎知識」のバックナンバー2020年5月サンプル記事

土居丈朗

価格

550(記事2本)

2020年5月号の有料記事一覧

すべて見る

日常生活で何かと関わりが深い税金の話や、医療、介護、年金などの社会保障の話は、仕組みが複雑な割に、誰に聞けばよいかわからないことがままあります。でも、知っていないと損をするような情報もたくさん。そこで本連載では、ニュース等の話題をきっかけに、税や社会保障について、その仕組みの経緯や込められた真意、政策決定の舞台裏を、新聞や公式見解では明らかにされない点も含め、平易に解説していきます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1970年生。大阪大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。慶應義塾大学准教授等を経て2009年4月から現職。主著に『地方債改革の経済学』日本経済新聞出版社(日経・経済図書文化賞とサントリー学芸賞受賞)、『入門財政学』日本評論社、『日本の財政をどう立て直すか』日本経済新聞出版社、『入門公共経済学』日本評論社。行政改革推進会議議員、政府税制調査会委員、社会保障制度改革推進会議委員、財政制度等審議会臨時委員、産業構造審議会臨時委員、中央環境審議会臨時委員も兼務。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。