スマート家電が実現する素敵なディス☆トピア

本記事は、fladdict.netに掲載された「スマート家電が実現する素敵なディス☆トピア」の転載となる

スマート家電とIoT(インターネット・オブ・シングス)について、仕事の相談がくるようになり色々と基礎リサーチをした。しかしながら家電メーカーが好き勝手にやるとディストピアが到来する・・・という脳内シミュレーション結果が出た。以下はストーリー仕立てでまとめたプレゼン資料。

こんな未来は嫌なので、是非ともこの危機を回避していただきたく。解決編はまた別の機会に書く。

fladdictさんの新居事情

fladdict(仮)さんは、UIUX系の会社に勤務するギリギリ富裕層のデザイナー。念願のマンション購入にあたり、家をまとめてスマート家電化することにした。

意識高い系であるfladdictさんは、未来の生活を調査すべく自ら人柱となったのである!

新居は、大手建設会社と大手家電メーカーが共同開発したスマートマンション「スマートピア南平台」。具体的に何がスマートなのかサッパリ不明だが、特注家電とセンサーが躯体に埋め込まれた、とにかく超凄い感じにスマートなマンションらしい。

時代はIoT、なんでもかんでもスマートと言っておけば売れる・・・そんな時代もあったのである(ちなみに3年後にGoogleの新規格が標準となりサポートが打切られる。管理組合もシステム移行を諦めた。まだ彼はその運命を知らない)。

登録、登録、登録

引っ越しに合わせてfladdictさんは、様々なスマート家電をAmazonでまとめて購入。その時のことを振り返って、fladdictさんはこう語る

何が大変だったって、ユーザー登録ですよ。どのデバイスも、自社アカウントの作成を要求するんですもの。歯ブラシ1つ、コップ1つごとに、別個のユーザーアカウント作って、ログインして、ペアリング(接続)して・・・リフィル(消耗品の補充)とかある製品は、クレカ登録もしないといけないんですよね。18回ぐらいクレカ登録しました。

パスワードも覚えられないから、全部”aaaa”にしようとしたんですよ。そしたら大文字と小文字混ぜろとか、こっちは記号いれろとか、入れるなとかサービス毎にグチャグチャ・・・結局、メモ帳に40個近くアカウントとパスワードメモることになりました。

接続設定もデバイスでタッチするだけのものから、長押ししろとか、蓋の裏のID入力とか、SMSで4桁認証番号きたりとか・・・もう全部違うんでうすね。デバイスによっては更にWifiとの接続設定もあったり。いやぁ、セットアップは1日じゃ全然無理ですね。覚えきれないので説明書も全部捨てられません。

1回こっきりと思って息を止めて頑張ったfladdictさんだったが、更なる予想外のトラブルも。なんと端末の機種変更をしたとたんに、動かなくなるデバイスが大量に出現したのだ。毎年スマホの機種変更をするたびにペアリングでトラブルが起こる。携帯を変更するたびに、fladdictさんは休日を返上して数十台の家電との設定をやりなおすそうだ。

そして分断化

当初の予定ではfladdictさんは、家中の家電を一社のブランドでそろえて、効率よく制御するはずだった。だが結局のところ1メーカーで、すべての家電をそろえるには無理があった。音響はS○NYが欲しいし、炊飯器はPANAS○NICがいい。そして掃除機は「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」が欲しいのだ。

こうしてfladdictさんの家には、複数メーカーのスマート家電が共存することになる。

最終的にfladdictさんのiPhoneにインストールされているアプリは下記となる。これら50個のアプリを駆使して、意識高い系のスマート生活を実現されているのだ!(ちなみにアプリを探すのに毎回30秒-1分ほどかかる)。

鍵アプリ

照明(LED)アプリ

照明(蛍光灯)アプリ

コーヒーメーカーアプリ

電子レンジアプリ

湯沸かし機アプリ

C○○kpad対応の冷蔵庫アプリ

C○○kpad対応のオーブンアプリ

C○○kpad対応の電気コンロアプリ

C○○kpad対応の皿洗い機アプリ

C○○kpad対応のミキサーアプリ

炊飯器アプリ

ポットアプリ

洗濯機アプリ

C○○kpad純正のキッチンセントラル

お風呂アプリ

体重計アプリ

フォトフレームのアプリ

スマート絵画サイネージのアプリ

スマート・スピーカーのアプリ

オーディオ制御アプリ

トイレの糖尿病と癌マーカーのチェックアプリ

電動歯ブラシの健康トラックアプリ

洗面所ミラーの健康トラックアプリ

空気清浄機と空気汚染度トラックアプリ

加湿器と温度湿度アプリ

エアコンのリモコンアプリ

お風呂沸かすアプリ

床暖房アプリ

マッサージマシンのリモコンアプリ

車の倉庫あけるアプリ

安眠用スマートまくらアプリ

ベッドランプ用アプリ

スマートチェア用アプリ

SEC○M用アプリ

掃除機のフィルター交換通知アプリ

スマート・サーキュレーターのアプリ

スマート・アロマのアプリ

Buffal○の赤外線リモコン統括アプリ

H○meKitのセントラルアプリ

G○○gleのWeaverのセントラルアプリ

PANAS○NICのTVリモコンアプリ

サムソンのTVリモコンアプリ

HD レコーダーアプリ

BD プレイヤーアプリ

オーディオアプリ

PANAS○NIC製品しか動かないホームセントラルアプリ

S○NY製品しか動かないホームセントラルアプリ

T○SHIBAしか動かないホームセントラルアプリ

S○NYとPANAS○NICとT○SHIBAが共同開発した微妙なホームセントラルアプリ

ネットワークは有限の資源です

現在fladdictさんの抱える最大の問題はなんだろうか? それは50個のデバイスが、電波混線によってほとんど動かないことである。

iBeaconっていうんですか。あれ実は部屋に10個もあるとまともに動かないんですよね。検知できなくなる。そういうこと誰も教えてくれないんですよね。家電の説明書とかみても「部屋にスマート家電が5個以上あると動かなくなります」みたいの書いてないんですよ。

いっぽう、奥さんはアナログ運用で問題をスマートに解決した。

そして5年後

このエアコンと電灯ね。専用のアプリを立ち上げると・・・ね?「ネットワークに繋がりません」ってでるでしょう? サービス終わっちゃったんですよ。メーカーが撤退して。もちろん取り替えようとしましたよ。でもね、見積もりとったら交換に600万円もかかるって言うんですよ・・・たかがエアコンと電灯ですよ。それが600万。

なんでも躯体のコンクリートの中に専用のセンサーやら、チップやらが入ってるらしいんですよね。まずこれを外そうとすると、コンクリ躯体に手をいれなきゃなんない。このセンサー系外して別のに交換しないと、新しいのは動かないらしいんですよね。しかもマンションの中央管理システムにも影響があるので、管理組合に申請も必要だっていうんです。

もちろん組合でも賛否両論です。だから管理費から出せないんですよね。結局、各家庭の自主対応。エアコンと電灯がロクに動かないわけだから、中古でも売れません。評価額なんて数年であっとうまに急降下ですよ。

紙のIT化を思い出しましたよ。ディスクにしたら5年しかもたないし、専用アプリなら2年とか・・・コンテンツの電子化も蓋を開けてみれば、耐用年数最強メディアはロゼッタストーンだったわけじゃないですか・・・石ですよ。家電のIT化の場合は、さらに本とは値段が違いますからね・・・ましてや不動産なんて・・・。昔は家電なんて10年たっても使えたんですけどねぇ。もちろん家だって買っておけば50年は保つわけじゃないですか・・・それが5年で買い替えです。やってられませんよ。

今おもえば、Internet of the Things(モノのネット化)ブームってなんだったんでしょうね?蓋を開けてみればInactivation of Things(モノが動かない)ですよ。初期の家電は全滅。高価格で高付加価値と、賞味期限の短いITのミックスは最悪ですね。こんなことなら中華の安い家電を定期的に買い換えるほうが、最新環境をキープするにはベターですよ。

そういってfladdictさんは暖炉の前で自嘲した。今や彼はアナログ派である。

幾つかの技術的課題を無視してIoT家電を各社が自由に作りまくると、そこそこの確率でこうなる・・・と思う。