【四国リーグ/徳島】「そろそろ出るかなと思ってました」最終回3点差をひっくり返す徳島の大逆転劇

サヨナラ打を放った瀬口(中央)がチームメートから祝福を受ける(写真/高田博史)

2019.5.5 四国アイランドリーグplus前期公式戦

徳島インディゴソックス 4x‐3 愛媛マンダリンパイレーツ前期4回戦(JAバンク徳島スタジアム)

愛媛 010 000 110|3 H5、E0

徳島 000 000 004x|4 H6、E2

勝 新田 1勝

敗 萩原 2勝2敗1セーブ

バッテリー

愛媛 萩原、片山 ‐ 藤澤

徳島 安丸、伊藤、箭内、新田 ‐ 川端

本塁打

愛媛

徳島

 5日、2連勝と勢いに乗る愛媛マンダリンパイレーツを徳島インディゴソックスが迎え撃つ。試合は徳島・安丸友耶(鳴門教育大)、愛媛・萩原拓光(順天堂大)両左腕の投げ合いとなった。

 2回に七番・真山勝範(大阪教育大)のスクイズで先制した愛媛は、7回に一番・高松真之(京都学園大)の適時三塁打、8回に四番・ヘイドーン(オランダ)の適時左前打で1点ずつを奪い、3点をリードして最終回を迎えた。

 だが9回裏、ここまで萩原の好投の前に散発2安打に抑えられてきた徳島打線が火を噴く。一死から四番・球斗(森田球斗/白山高)の三塁線を抜く二塁打などで一三塁のチャンスをつかむと、六番・川端晃希(JFE東日本)が左翼線に2点適時二塁打を放ち1点差に。さらに満塁としたところで愛媛ベンチは萩原に代え、マウンドに片山悠(横浜ベイブルース)を送る。片山は二死満塁としながらも、一番・岸潤一郎(拓殖大中退)に押し出し四球を与え同点に。続く二番・瀬口拓也(日本経済大中退)が初球を右前に運び、4対3のサヨナラ勝ちで愛媛を下した。

 9回表を三者凡退にまとめた徳島の四番手、新田大輔(徳島北高)が今季初登板で初勝利を手にしている。徳島は首位・高知ファイティングドッグスとの差を0・5ゲームに縮めた。愛媛は借金が7と厳しい戦いが続いている。

「そろそろ出るかなと思いながらやってました」

 9回裏、二死満塁。一番・岸潤一郎(拓殖大中退)が四球を選び、3対3の同点に追い着いた。二番・瀬口拓也(日本経済大中退)はセオリーとも言える『押し出し四球後の初球』に狙いを絞る。

「初球、ストライク欲しいと思うんで、とりあえず。あれ、カット(ボール)ですかね?」

 1球で仕留めた一二塁間を破る瀬口のサヨナラ安打により、徳島が3点のビハインドをひっくり返す、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めている。

 試合前の打率は・162、開幕前の好調さがウソのように影を潜めたまま4月を終えていた。だが、3日に行われた対高知ファイティングドッグス前期6回戦(吉野川総合運動公園)で、左中間を破る適時二塁打など2安打を放つ。守備でも左中間への大きな打球をダイビングキャッチしてピンチをしのぐなど、完全復活のきざしを見せつつあった。

 しかし、ここまで2三振を喫し、4打席とも出塁できずに終わっている。8回裏、右中間へ抜けるか? と思われたライナー性の当たりも二塁手・新井勝也(新波)の美技に阻まれた。

 試合中、牧野塁監督(元オリックスほか)は普段と違う瀬口の姿に気付いている。

「瀬口というのは“感情を押し殺す”じゃないけど、スマートになるところがある。三振して帰って来るときに、いつもよりこう(拳を振り上げて)いきそうなぐらいの……。どちらかというと、あいつ優等生なので」

 三振して感情が高ぶったのは、1回目、2回目と同じ内容を繰り返してしまったからだ。分かっていて同じ失敗をしたことが許せなかった。8回表の守備で目測を誤り、頭上を越されて三塁打にしてしまったことも自分のミスだと感じていた。

 最後に試合を決める場面でチャンスが回ってきた。ベンチからの声もよく出ている。最近の徳島は終盤に得点を奪う流れがある。その安心感が心強かった。

「うまくいかないことばっかりなので。毎日『どうしよう?』と考えながらやってて。最初の開幕したときよりはバッティング練習でもいい感じしてたので。『そろそろ出るかな』と思いながらやってました。最近は打席で結構、余裕もあるので。感じ的にはいいかな」

「この試合をひっくり返したのはデカい」と話す。前期も折り返し地点を過ぎ、7日からの対ソフトバンク三軍2連戦を見据える。

「チーム的にはいい流れで終われた。その流れのまま、しっかり2勝して。2勝したら優勝も見えてくると思う。チャンスで回って来ることが多いので、打てるようにやっていきたいと思います」

 3年目、瀬口はまだまだこんなもんじゃない。

四国アイランドリーグplus 前期リーグ戦順位(5月5日終了時)

1.高知 16試合9勝5敗2分け、勝率.643

2.徳島 19試合11勝8敗0分け、勝率.579、0.5差

3.香川 15試合5勝9敗1分け、勝率.357、3.5差

4.愛媛 18試合5勝12敗1分け、勝率.294、1.5差