【四国リーグCS第1戦】「こんなところで打たれちゃいけない」1点差を守り切った香川、CS初戦に先勝

握手を交わす愛媛・河原監督(左)と香川・西田監督(右)(写真/高田博史)

2018.9.22 四国アイランドリーグplus 2018 チャンピオンシップ 第1戦

香川オリーブガイナーズ(前期優勝) 2‐1 愛媛マンダリンパイレーツ(後期優勝)【高松・レクザムスタジアム】

愛媛 001 000 000|1 H4、E3

香川 000 200 00X|2 H7、E1

勝 石田 1勝

敗 樽見 1敗

バッテリー

愛媛 樽見、片山、クインティン ‐ 福田

香川 森崎、畝、石田、原田 ‐ 岡本、三好

本塁打

愛媛 岡村1号(3回、森崎)

香川 

 22日、四国リーグの年間優勝を決定するチャンピオンシップ(CS)が開幕した。前期優勝球団・香川オリーブガイナーズと、後期優勝球団・愛媛マンダリンパイレーツが対戦する。第1戦は、香川のホーム、レクザムスタジアムからのスタートとなる。

 3回表、愛媛の九番・岡村雄斗(皇學館大)は、香川先発・森崎友星(アークバリア)のスライダーをうまくすくい上げ、右翼スタンドに1号ソロをたたき込む。

 香川も4回裏、愛媛先発・樽見万寿樹(日本ウェルネス北九州校)を捉える。三番・笠原優弥(サラブレッドリーグ・ブレイザーズ)、四番・加藤次郎(カナフレックス)が連続安打で出塁すると、五番・クリス(稲垣将幸/中央学院大)は四球で歩き、満塁に。六番・岡村瑞希(クラーク記念国際高)の内野ゴロに、併殺を狙った二塁手から遊撃手へのバックパスが大きく逸れ、二者が生還。香川が2‐1と逆転に成功した。

 早めの継投で愛媛打線を無得点に封じ込める香川は9回表、二死満塁のピンチもクローザー・原田宥希(滋賀・高島ベースボールクラブ)が無失点でしのぎ切る。2‐1で愛媛を下し、CS第1戦は香川が勝利した。

 第2戦は23日、レクザムBP丸亀で行われる。

「こんなところで打たれちゃいけない」

 試合終了後、香川・西田真二監督(元広島)が取材陣に囲まれる。

「私も長年ね、こういう経験をさせていただいてますので。継投を早めに早めにということで。『初戦必勝』ということでね。とにかくホームですし。お客さんも入っていたし。そういうことも考えながら、予定通りの継投だったですね。その期待にピッチャーが応えてくれたということです」

 3戦先勝で年間優勝が決まるチャンピオンシップを勝ち上がるために、まず必要なことは、やはり初戦の勝利であることを西田監督は心得ている。

 先発の森崎友星(アークバリア)には、序盤から飛ばして行くよう指示していた。5回表、二死から四球と安打で一、二塁のピンチを迎えたところで、ためらうことなく畝章真(名古屋商科大)にスイッチしている。畝がこのピンチをしのぐと、6回から石田哲也(日大・準硬式)、8回からクローザー・原田宥希(滋賀・高島ベースボールクラブ)をマウンドに送り、1点差のまま逃げ切った。チーム防御率、唯一の2点台でシーズンを終えた香川の投手力を生かし、守り抜いての勝利だ。

 愛媛の得点源である三番・ヘイドーン(オランダ)と四番・ペレス(元阪神/ドミニカ共和国)を無安打に封じ込めた部分も大きい。ヘイドーンは2打席目の速い投手ゴロ、3打席目の右飛と、いずれもヒット性の当たりで出塁させてもらえなかった。

 ペレスは2度四球を選んだが、先頭打者として打席に立った9回表、センターに抜けるかという当たりを遊撃手・妹尾克哉(神戸国際大学附属)のダイビングキャッチに阻まれている。

9回表、二死満塁のピンチに西田監督がマウンドへと向かう(写真/高田博史)
9回表、二死満塁のピンチに西田監督がマウンドへと向かう(写真/高田博史)

 だが、そこから原田が二死満塁のピンチに陥った。三塁走者が還れば同点だが、まだ香川には9回裏の攻撃が残されている。

 三塁走者は還してもいい。しかし、原田にその選択肢はなかった。

「なかったですね、それは。やっぱり僕で点獲られるってことは、もうね。負けたと同然だと思ってるので。そこで『1点OK』なんて考えは、自分のなかではなかったですし」

 右越えソロで先制点を挙げ、きょう2安打と当たっている九番・岡村雄斗(皇學館大)をストレート1球で詰まらせ、投ゴロに打ち取っている。抑えには回っているが、エースとしてのプライドが垣間見えた。

「きょう勝てたのはすごく大きかったですし、チームで見るとね。勝つっていうのは内容はどうあれ、勝てたのは良かったです。もうね。打たれてたらシャレにならないので。当り前に抑える。偉そうに聞こえるかもしれないですけど、ここで打たれるようじゃダメなので」

 こんなところで打たれてちゃいけない。自分は上の世界で、NPBの舞台で投げるのだ。そんな思いを抱えて、自身3度目となるチャンピオンシップのマウンドに登っている。