音楽ファン達よ、君達にはまだ出来る事がある

(写真:アフロ)

現在、政府よりウィルス感染のリスクの高い施設として名指しをされた全国のライブハウスが経営危機に直面している。これらライブハウス等を救おうと、有志による「政府に休業補償を求める署名運動」なども行われているが、今後、彼らに対して救済措置が行われるかどうかは未だ不透明だ。

その様な中、東京・四谷の有名ライブハウス「アウトブレイク」から提案されたのが、全国のライブハウスを応援する新たな取り組みだ。現在、営業自粛、もしくは営業していても客が入るわけもない各ライブハウスがYouTube上でイベントの生配信をすることを支援する企画である。Youtubeは、投稿者が生配信する場合、チャンネル登録者数1000人以上などの幾つかの条件をクリアすれば、同サービスが提供する広告掲載機能や、視聴者からの「投げ銭」機能などの利用が可能となる。その為の条件を、全国の音楽ファン達で支援する為の企画だ。

現在、アウトブレイクが集めた全国のライブハウス約170軒のYouTubeチャンネルリストが以下のリンク先で公開されている。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1861jCpaUDUiCVpPWrpE8K_K4qo3ALikj52q5lEsk3IM/edit#gid=1578232298

音楽ファン達は、これらチャンネルを「お気に入り」登録することで各ライブハウスの生配信の収益化を助けることが出来る。リストは都道府県ごと、市町村ごとに纏められている為、ご近所のライブハウスを見つけることも容易だろう。全国の音楽ファン達よ、ぜひ各リンク先のライブハウスを「お気に入り」登録して支援しよう。そしてコロナ禍が明けた暁には、ぜひ各ライブハウスを訪れよう。君達にはライブハウスを護る為にまだ出来る事がある。