<ガンバ大阪>コンサドーレ札幌戦は、今季最多の5得点を奪い、完勝。

前節の『大阪ダービー』で完敗を喫したガンバは、システムを3バックに変更して札幌戦に臨む。序盤から主導権を握ったのはガンバ。7分のPKのチャンスこそ逃したものの、気落ちする様子はなく狙い通りの戦いで前半を折り返す。後半も主導権を離さず、攻勢に試合を進めると、57分にMF倉田秋がゴールを決めて先制点。さらに、その4分後にはFW宇佐美貴史が決めて2-0と突き放す。その後も、70分にFWアデミウソンがヘディングでゴールを捉えると、途中出場組も攻撃を活性化。88分にはDF藤春廣輝が自身のJ1通算200試合を飾るゴールを、アディショナルタイムにはFW渡邉千真が右足でゴールを決めて5-0の圧勝。今季最多得点で無失点、という理想的な形で勝利を掴んだ。試合後のガンバ大阪監督、選手のコメントをお届けする。

●宮本恒靖監督

ー後半5得点入りましたが、前半は難しいどちらに転ぶか分からない、という展開に見えました。後半に向けてどういう修正を図って、どういう狙いが出たのでしょうか。

前半も、狙いは取れていたところもたくさん出ていて、PKにつながるシーンもそうでしたし、ただ、相手もパワーを持って取りに来た中で拮抗した試合になったと思います。後半に入るにあたっては、少し前半の途中から貴史(宇佐美貴史)やアデ(アデミウソン)が降りてきていたので、もう少しフィニッシュに参加してほしいということを伝えました。前半から言っていた、ボールを奪ってから早くスペースをつくというところが出たゲームだったと思いますし、それに対して倉田も、前への意識を持って走っていけたことも大きかったし、そこから2点目、3点目、というところで特に3点目が大きかったと思います。今日はみんなが最後までゴールに向かう気持ちを最後まで持っていたことがたくさんの得点につながったと思います。このチームに関わる全員がダービーに負けたことに対するリアクションをみせなきゃという気持ちが強かったので、それが出た試合だったと思います。

ー今、話に出た宇佐美選手ですが、監督の狙いが後半に出たと思いますが、シュートが決まった後も、サイドまで戻って守備をしたり今日はコンディションがよかったように見えましたが、監督はいかがですか?

コンディションは鳥栖戦の前から上がってきているようなところが見受けられましたし、鳥栖戦でも6本、セレッソでも5本シュートを打ち、今日も得点が生まれる前のシュートも相手のGKの正面でしたがボールはヒットしていると。もう少しというところまで来ていたし、本人ともそういう話をする中で、もっとフィニッシュに力を注いでほしいとも伝えていました。今日はああいった形で点が取れて本人も肩の荷が下りたと思いますし、それが守備面での動きにつながるところもあったと思います。またガンバに帰ってきてパナソニックスタジアム吹田で取れたというのは彼にとって大きかったんじゃないかと思います。

ー3バックにシステムを変更して臨んだ試合でした。システム変更の狙いを教えてください。このあと2試合、再び札幌戦が続きますが、それを踏まえてのことだったのでしょうか。

札幌の特徴としては長身の選手がゴール前にいることもあり、少し中を厚くしたいという思いもあって、3バックにしました。4バックで、マリノス戦の途中からプレーしていましたが、いいところもあるんですが、例えば、井手口(陽介)のコンディションがそれによって上がってくるとか…でも、少し攻撃が停滞するところも見受けられたりもしたので、もう少し早い攻撃をしたいという考えからそこに人を置けるように、今日は縦に推進力のある選手を置けるような布陣にしました。連戦が続くとか、先のリーグ戦を見据えてなど、いろんなバリエーションをもって戦いたいという思いは常にありますし今日はボランチの右で井手口を起用しましたが、彼がガンバに戻ってきて最初に途中で使った時よりも、コンディションも上がって、もっとできることも増えているなと、そういうところも出た試合だったと思います。

●FW宇佐美貴史

チームを勢いづけるゴールが決められてよかったです。結果的に5−0でしたが、1−0だと難しい展開になると思っていたので、そこでうまく自分が2点目を取れてよかったです。1点目、2点目もアデ(アデミウソン)のいいアイデアがあって、そこにいい形で乗っかっていくというか、便乗するという感じで取れた。今週はアデもずっと動きがキレていましたし、僕からというよりアデから何か起きると思っていたのでいい距離感で話そうということを試合前にも話していました。いい形で二人でプレーできて、パス交換できてチャンスを作っていく部分もあったのでよかったです。(監督も、ホームで取ったゴールは宇佐美選手にとっても大きいとおっしゃっていました)そうですね。長らく取れていなかったし、チームに迷惑をかけていましたし、それでも我慢強く使ってもらえたことになんとか報いたいと思っていたので、ずっとサポートを続けてくれる人たちにも勝利という結果を出せてよかったし、ダービーで負けて次の試合だからこそ勝利をプレゼントしたかった。今日はいいスコアで、無失点で終えられたので今日に関してはいうことはないと思います。(ダービーの敗戦を受けて精神的な奮起もあったのでしょうか)悔しかったのもありますし、下位チームとの差がグッと縮んだということもすごく影響したと思います。気持ちを切り替えるのは難しかったですけど、いいリアクションができたかなって思います。(前線に足元のうまい選手が多かった中で、単純にクロスボールを放り込むことはせず崩しの部分が多く見られました。手応えは?)前半からボールを良い形で保持できていましたし、得点の匂いはセレッソの時より全然あったとは思います。もちろん相手のクオリティなどにもよりますけど。セレッソ戦でなかなか前への迫力が出なかったということは監督からも言われていましたし、選手全員がボールを持ったらまず前に、前に、ゴールに向かってということは選手全員が意識してやれたのはよかったなと思います。(ニアは狙ったコース通り?)はい。ニアしかなかったので、アデからいい落しがきて蹴り込むだけだったので。(その前の倉田選手のゴールと似たコース。イメージになったとかは?)いや、全く。前半からアデと秋くん(倉田秋)とああいう形で絡むシーンが多かったのでいい意味で免疫がついていたというか、ああいうときに、誰か一人が絡んでもう一人が絡んでいくか、自分がフィニッシュに絡んでいくポジションに走るか、っていうイメージはありましたし、ハーフタイムが始まる前も自分たちの流れであることは間違いない、って話をみんなでしていたし、スコアレスでいって後半1−0で勝つってパターンは自分たちの勝ちパターンになっているからこそ、0−0で折り返している=優位な状況に立てている、ということを全員が理解してやれていたのかなと思います。(ホームで取れた初めてのゴールでしたが、宇佐美コールはどんな風に聞きましたか?)いやもう、試合の要所要所で、ダービーの時もそうだし、ハーフタイムの前だったり「早く取れ」っていうような、叱咤ともとれるような声援も感じていましたし、自分も取らないといけない、って思っていたので、そこをなんとか今日は応えることができてよかったです。今日は自分らしく取れたので、良いリズムになっていくことを自分自身も望んでいますし、何よりチームとして勝ち続けることができれば良いなと思います。

●DFキム・ヨングォン

(スタートから主導権を握った展開でしたがスコアレスで折り返しました。その中で後半はリズムよく加点できましたが、どう振り返りますか?)スタートから守備陣は無失点で今日は終えるっていう気持ちがあったので、それを攻撃陣に示すためにもプレーで魅せようと話していました。それに応えるような形で攻撃陣もたくさんゴールを決めてくれてとてもいい試合展開だったと思います。3バックは安定した守備ができるのが利点ですが、無失点で終えられたのもよかったです。5−0というのは、あまりないスコアなので、すごく嬉しいです。(今日は状況に応じてヨングォン選手が攻撃に上がっていくことも多かった。センターバックやアンカーの矢島選手がしっかりカバーをしてくれている安心感もあったのでしょうか)自分の前に上がれるスペースがあるなら自分もどんどん攻撃を狙っていきたいと思っていますし、自分が前に出た時には周りの選手がカバーしてくれるという信頼ができあがっているので前にあがれるんじゃないかと思います。(前半早い段階でイエローをもらっていましたが、特に影響はなくプレーで臆することもないように見えました)2枚目をもらったら退場だという状況ではありましたが、2枚目を恐れて自分のプレーを出さないと、周りの選手、チームにもっと大きな影響を与えると思っていたので、それなら恐れずにプレーしようと思っていました。前にも一度早い時間帯にイエローをもらったことがあったのですが、そのときも今回も「自分のプレーを最大限に出す」っていう思いが良いプレーに繋がったんじゃないかと思います。

●MF井手口陽介

(3バックでしたが、8月にやっていた時よりもスムーズさが出たように思います)でも、守備のところでコミュニケーションが足りていないところもあったし、逆サイドにふられたときに、絞りきれていなくて間を突かれるシーンもあったので、そういうところはまだまだ改善の余地があるかなって思いました。(攻撃のところでは井手口選手も倉田選手も、エリア内に飛び出すシーンも多かったように見えました。攻撃の手応えはつかめましたか?)そうですね。攻撃もよかったシーンもあったけどまだボールロストするところがあったり、ボールが来る前に考えていなかったりっていうシーンはあったので、そこも改善していかないといけないと思います。(3ボランチの右で、前にやった時よりスムーズにやれたのでは?)前目で受けるのはイメージできないだろうから、ボールを奪ったあとの、守備から攻撃への切り替えで前の選手にあてて出ていけっていうことはツネさん(宮本恒靖監督)から言われていて、それを意識してやれたのはよかったのかなと思います。

●DF藤春廣輝

点差が開いていたタイミングでの投入だったので気持ちよくプレーができました。(注意したことは?)白井選手はスピードがありますし、そこはやらせないようにっていう思いで入りましたが、相手もそんなに仕掛けてこなかったので、どちらかというと結構サイドはいけていたので、3点も点差があれば気持ち的な余裕もありました。(ゴールは倉田選手のアシストでした)そうですね。結構「出せよ!」って叫びましたし、200試合目、っていう節目の試合でもあったので取れたのはよかったです。開幕以来のゴールだったので、そういう意味ではもっているなって思います。(右足で?)バースデーゴールも右足で、今日はドクターにも「右足で決めるんちゃうか」って言っていたので…そのまま決められてよかった。ほんまに嬉しいですし、秋(倉田)にも感謝したいですし、何より勝てたのはよかったです。