<ガンバ大阪U-23>首位・沼津から3得点を奪って完封勝利。

3戦白星がない状況で迎えた首位・アスルクラロ沼津とのホーム戦。今季初の万博記念競技場での一戦となる中で、前半は風も強く、しかも風下にたたされたこともあり苦しい時間帯が続く。それでも無失点で折り返すと、後半はうまくカウンターから相手の裏のスペースを攻略して先制点、追加点を奪い、さらに試合終盤にも1点を加えて3-0。今季ここまでわずか3失点しかしていない沼津から3ゴールを奪い、かつ今季初の完封勝利で4試合ぶりの白星を手にした。試合後のガンバU-23監督、選手のコメントをお届けする。

●ガンバ大阪U-23/宮本恒靖監督

前半から狙いとしていたサッカーができそうで、できなかった。それは風下だったり、ボールを奪った時の距離感のまずさであったり、ビルドアップのお互いの距離、プラス相手のプレッシャーをもろに受けたことで、うまく進まなかった前半でしたが、そこで失点しなかったと。今日は失点しないようにということでスタートした試合で、それがうまく後半につながったと思います。後半は風上になるのでボールをうまく動かしてということを伝えながら、前半から狙いとしていたカウンターの精度をあげていこうと。選手も、いいタイミングで出ていったと思いますし、最後のクロスボールへの入り方もよくて、1、2点目の得点につながった。3点目の一美のゴールに関しても、チャレンジする姿勢を見せてくれて、右足を振り抜いて素晴らしいゴールだったと思います。本当に選手がハードワークをした結果だと思います。

●GK谷晃生

待望の白星だったので…良かったです。(自分が出場して勝てていないことは重く感じていましたか?)やっぱり…ずっとありましたね。でも、自分の結果というより、自分のパフォーマンス次第だと思っていたので、ここ何試合かは結果というより自分のパフォーマンスに集中してやっていました。(それが終盤のビッグセーブにもつながった)そうですね。やっぱり我慢しきれずに失点してしまって負けているという試合が多かったので、今日はしっかり耐えてやれば、いまのガンバU-23はしっかり点が取れるので、実際に取ってくれましたし、しっかり我慢できてよかったです。(最少失点のチームで手堅さもある相手。前半はしんどい試合になりましたがそこをゼロで耐えれたことも大きなポイントでした)そうですね。前半も慌てずにしっかりやれたというところが、3−0という結果にもつながったと思います。後ろから見ていても慌てる感じもなく…いつも立ち上がりとか、後半の立ち上がりとか嫌な時間帯で失点することが多かったけど、今日はそれもなく…これまでの試合を通して僕自身も学んだことが今回の試合につながりました。

●DF松田陸

(得点シーンの一つ前に浮き玉のクロスを入れて、そのあと得点シーンではグラウンダーのクロスを入れた。そこを変化させた理由は?)ちょっとピッチの水が多くて滑っていたので…彰人くんと相手の間に速いボールをいれようかなと思ったらうまくいきました。(明確なアシストを数字でようやく残せた)やっぱり結果というのが欲しかったので、初めてアシストがついたのは良かったんですけど、これからもっとどんどんできるようになりたいし、得点もとっていけるようにもっと頑張りたい。(相手最少失点の沼津。しんどい前半を無失点で耐えられたのも大きかった)そうですね。前半しっかり耐えられて後半、攻撃陣が決めるべきところを決めてくれたので勝てたのかなって思います。前半は風が不利だったので後半は逆に生かして、っていう風に思いました。(この万博でプレーするのは初めてだったと思いますが)初めてです。水がめっちゃ撒いてあって…めちゃ滑りました。でもアシストはそこを活かせたので良かったです。

●MF妹尾直哉

クロスに対して入っていくワンタッチゴールというか…あの入っていくことは常に意識していて、ああいうゴール、1タッチでのゴールがないと得点を重ねることができないので、練習から入り方というのは意識していて、それを試合で出せて良かったです。今日は前半のしんどい時間帯を無失点で耐えられたことが一番大きかったと思いますし、ああいうサッカーを相手がしてくるのはわかっていたので、そこで耐えて、今日のような展開にもっていけたのが良かったと思います。(ここまで3失点の沼津。どうこじ開けるプランを持っていた?)サイドで2:1を作れれば…ポジショニングなどで…っていうことは前半、試合中に思ったので、サイドバックとセンターバックとボランチの左の選手と話し合いながら、言っていたので…そこまで守備が強いっていうイメージはなかったですね。(それでも最少失点の相手から3得点奪えて、ましてや無失点で締めくくれた)そうですね。そこはいい試合運びができたと思うので。ここまで怪我もあってあまりコンディションも上がりきっていなくて…前節の前の練習くらいからだんだんあがってきて、前節も途中からでしたけどそんなに悪くなかった中で迎えた今節だったので。だいぶコンディション的にはいい感じになってきたなと思っています。

●MF矢島慎也

(いい縦パスでゴールを演出しました。ボランチを預かった中で狙っていたプレーだったのかなと思いますが)はい。前半は結構相手が勢いをもってきていて、なかなか前を向けるシーンが少なかったので。でも後半は相手が落ちてきたのかわからないけど、若干、時間もできてきたので、自分たちが後ろで3枚ぎみで回す時に、相手のサイドハーフが出てきて、サイドバックがさらに前に出てくるというのは見えていたので。そこは狙っていました。(前半を我慢して失点せずにいけたことが後半につながった)その通りで、あまりよくはなかったですけど、あそこで無失点で耐えられたのと、相手が前からシンプルに放り込んできたり、裏に簡単に抜けてくるのを自分たちが裏返したり、きれいではないですけど我慢してやれていたので。風下の時間帯のキツさはこれまでも経験してきたし…特に岡山時代はそういうシーンが多かったというか、J2は割とああいうサッカーをしてくるチームも多かったし、スタジアムも風が吹き荒れているピッチとかもあったので、そういう経験から近くにいる選手には「前半はしっかり我慢しよう」ということは言っていました。このチームはまだ若いので、勝つためにはそういうところを伝えていかなくちゃいけないと思っていました。(本来、このステージでプレーする選手ではないと思うので当然かも知れませんが、得点場面みてもらしさが出ました)久しぶりに90分を通して、ボランチを預かったので、自分の良さが出せる部分もあったしもっとやらなくちゃいけないなっていうところも…J3の舞台でも感じるくらいなので、無駄ではないと思うのでしっかりやることを心がけていました。