カシミール:抗争から利益を得る輩

画像

警察官によるでっちあげ殺人の遺族を撮るために、カシミール地方の奥深くにあるドーダという村を訪れた。この地域は数年前まで武装勢力の抗争が激しく、カシミールのなかでももっとも危険な村のひとつともいわれていたところだ。

今年はじめ、警察官のシュリ・クマー・シャーマが逮捕された。武装兵に仕立て上げた若者をうまくまるめこんで、警察署への手榴弾投げ込みを画策した容疑だ。シャーマはこれまでも多くのでっちあげをおこなってきたようだが、手口はだいたいこんな具合。携帯電話と現金(時にはなんと8万円も)を与えて若者をうまくまるめこみ、なにがしらの理由をつけて山中に行かせる。その後若者を追いかけいって殺害し、遺体のそばに武器を置いて、若者を武装勢力の一員にみせかけるのだ。武装兵を殺したという手柄で、シャーマは階級昇進と特別ボーナスをものにすることができる。

画像

シャーマの犠牲者の一人と思われる、フセイン・マリックが殺されたのは2009年。仕事から家に戻る途中で襲われ、撃たれた。

細い山道と岩場を2時間かけて登り、フセインの弟バシアーが、未亡人であるシャナザと彼女の5人の子供と住む小さな家を訪ねた。殺されたあとフセインの遺体の横に、まるで彼が持っていたかのように銃が置かれてあったという。兄は銃など持っていなかったし、ただの貧しい労働者で、家族の誰もが武装勢力とはなんの関わりもなかったとバシアーは言った。シャーマが逮捕されたことで、ようやく彼は兄の死について語れるようになったのだ。

「それまでみなずっとシャーマを恐れながら暮らしてたんだ」

画像

警察官によるこんなでっちあげはこれまでも多く噂にはなっていたが、シャーマの件のように逮捕まで至ることはごく少ない。カシミールに限らず、武装抗争がなくならない理由のひとつに、シャーマのようにそこから利益を得る人間が後を絶たないから、というのは悲しい現実でもある。

(写真上から:殺されたフセインの弟バシアー、殺されたフセイン、山の斜面に広がる村ドータ)