海上自衛隊の新型3900トン型護衛艦(FFM)である「もがみ型」3番艦の命名・進水式が6月22日、三菱重工業長崎造船所(長崎市)で行われた。「のしろ」と名付けられた。同造船所での海上自衛隊艦艇の進水式は今年3月の「もがみ」以来。

海上幕僚監部広報室によると、艦名は秋田県を流れる「能代川」に由来する。能代川では、古くから舟運(しゅううん)が盛んであり、地域の人々の暮らしを支えてきた。艦名は海上自衛隊内での募集検討を経て、岸信夫防衛相が決定した。

この名を受け継いだ日本の艦艇としては、旧海軍の阿賀野型軽巡洋艦2番艦「能代」、海自のちくご型護衛艦11番艦「のしろ」(2003年除籍)に続き、3代目となる。

防衛省・海上自衛隊では、FFMを年2隻建造するペースで調達を進めている。主事業会社である三菱重工業長崎造船所と下請負者の三井E&S造船玉野艦船工場でそれぞれ1番艦「もがみ」と2番艦「くまの」を建造してきた。また、2021(令和3)年度予算では7番艦と8番艦の建造費として944億円が確保された。なお、三菱重工業と三井E&Sホールディングスは今年3月末、防衛省向け護衛艦や官公庁船などをつくる艦艇事業について、三菱重工業側が買いとることで最終合意したと発表した。

「もがみ」は今年3月、「くまの」は昨年11月にそれぞれ進水した。新型1番艦でネームシップとなる「もがみ」の命名・進水式は当初、2番艦「くまの」と同時期の昨年11月に行う予定だった。しかし、「もがみ」は主機関であるガスタービン機関の作動試験中の故障でガスタービンエンジンの納期に遅れが生じ、命名・進水式は後ろ倒しになっていた。「もがみ」も「くまの」も2022年3月に海上自衛隊に引き渡され、就役する予定。一方、3番艦「のしろ」は今後、内装工事や性能試験を実施し、2022年度中に海自に引き渡される予定。

●ステルス護衛艦

「のしろ」は「もがみ」「くまの」同様、多様な任務への対応能力を向上させた新型護衛艦(FFM=多機能護衛艦)となる。海上幕僚監部広報室によると、FFMは日本周辺で増大する平時の警戒監視活動のほか、有事には対潜戦、対空戦、対水上戦などにも活用できる。さらには、従来は掃海艦艇が担っていた対機雷戦機能も備える。東シナ海や日本海などで警戒監視活動に当たる予定で、海賊対処活動など海外派遣任務も期待されている。

FFMは対艦ミサイルなどに探知されにくいステルス性の形状を備え、魚雷発射管やミサイルなどの電波を受けやすい機器を艦内に格納する。船体もロービジビリティ(低視認性)を重視した灰色と化しており、「ステルス護衛艦」とも称されている。

海上自衛隊のもがみ型護衛艦3番艦「のしろ」(三菱重工業提供)
海上自衛隊のもがみ型護衛艦3番艦「のしろ」(三菱重工業提供)

●海自の人員不足を踏まえて省人化

FFMは基準排水量3900トン、全長133メートル、全幅16.3メートルで、船体がコンパクト化されている。海自の人員不足を踏まえた省人化と船価を抑えて実現した初の護衛艦となった。なお、参考情報だが、同じ三菱重工業長崎造船所で建造された海上保安庁保有の最大級の新型ヘリコプター搭載型巡視船「れいめい」は総トン数6500トン、全長150メートル、最大幅17メートルに及んでいる。一方、同造船所で建造された海自のあさひ型護衛艦「しらぬい」は基準排水量5100トン、全長151メートル、最大幅18.3メートルとなっており、FFMの船体がいかにコンパクト化されているかがよくわかる。

海上幕僚監部広報室によると、FFMの速力は約30ノット。ガスタービンエンジンはイギリスのロールス・ロイス社から川崎重工業がライセンスを得て製造したMT30を1基搭載する。ディーゼルエンジンは2基を搭載し、ドイツのMAN社製の12V28/33D STCとなっている。軸出力は7万馬力。

主要装備品としては、62口径5インチ砲を1基、近接防空用艦対空ミサイルであるRAMブロックIIA(RIM-116C)ミサイルのSeaRAMを1基、垂直発射装置(VLS)を1基、艦対艦ミサイル(SSM)装置を左右両舷に1式、対潜システムを1式、対機雷戦システムを1式、無人水中航走体(UUV)を1機、無人水上航走体(USV)を1艇それぞれ搭載する。VLSとUSVは後日装備となる。

海上幕僚監部広報室によると、「もがみ型」の乗組員は「あさひ型」といった通常型の汎用護衛艦の半分程度の約90人。建造費も令和元年度予算で3番艦と4番艦合わせて951億円と、1隻当たりでは700億円を超える「あさひ型」の3分の2程度にとどまっている。なお、乗組員約90人のうち、約10人は女性自衛官になる予定。

岸防衛相は昨年11月の記者会見で、FFMについて複数クルーでの交代勤務の導入などによって稼働日数を増やす方針を明らかにした。

海幕広報室によると、2018年12月に閣議決定された2019年度から23年度の「中期防衛力整備計画」(中期防)に基づき、10隻の3900トン型FFMを建造する。将来的にはFFMを合計で22隻建造する計画となっている。

防衛省は護衛艦54隻、潜水艦22隻体制を目指している。現有の隻数は2020年3月末時点で、護衛艦48隻、潜水艦20隻となっている。

(関連記事)

中国は日本の安全保障上の脅威か懸念か――防衛白書はどう分析したか

海上自衛隊の新型3900トン型護衛艦(FFM)1番艦「もがみ」が進水――艦名は最上川に由来

最新鋭掃海艦「えたじま」が就役――海自最大のFRP船

海上自衛隊の最新鋭3900トン型護衛艦「くまの」が進水――艦名は「熊野川」に由来

海上自衛隊の最新鋭3000トン型潜水艦「たいげい」が進水――旧日本海軍の潜水母艦「大鯨」が艦名の由来

護衛艦「かが」、「いずも」に続き空母へ F35B搭載の改修費231億円要求――スキージャンプ設置せず