プロ野球独立リーグ「ヤマエ久野 九州アジアリーグ」の2年目が3月20日、北九州市民球場で開幕した。

 昨季優勝の火の国サラマンダーズは、新規参入の福岡北九州フェニックスとのビジター戦。王者の貫禄を見せつけて白星スタートを切った。

【3月20日 ヤマエ久野 九州アジアリーグ 北九州市民球場 1248人】

火の国 `201000220 7

北九州 `001000001 2

<バッテリー>

【火】◯宮澤、石本、橋詰、水野――深草

【北】●本野、櫻井、本村、力丸、松本――ラモン、武蔵

<本塁打>

【北】宮本

<スタメン>

【火】4高山 6中村 7小林 9水本 5高橋 D植月 3佐藤 2深草 8柏木

【北】D西岡 4大河 6妹尾 2ラモン 3宮本 7吉岡 9古賀 5中村 8宇土

初回にタイムリーを放った高橋
初回にタイムリーを放った高橋

3安打3打点と活躍した佐藤
3安打3打点と活躍した佐藤

<戦評>

 初回、火の国は先頭から4連続四死球を得て先制すると、なお満塁の好機で高橋が左前適時打を放ち2点目を挙げた。三回も押し出し四球から追加点を奪うと、七回には佐藤が左翼へ2点二塁打を放って突き放した。佐藤は3安打3打点の活躍だった。八回には中村の適時三塁打と小林の犠飛でダメ押し。今季加入の新戦力コンビも存在感を示した。

 先発した宮澤は6回1失点で白星。石本、橋詰、水野のリレーで逃げ切った。(了)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

身長166cmの小さなエース宮澤怜士「自信になる」

2年連続開幕投手を務めた
2年連続開幕投手を務めた

 火の国サラマンダーズの小さなエース、宮澤怜士投手がリーグ初年度の昨季から2年連続で開幕投手を務めた。

 6回を投げて4安打3三振4四球で1失点。「味方の好守に助けてもらった。四球でピンチを作ったのが反省」と振り返ったが、粘って最少失点にとどめた部分を収穫とした。

 身長166センチと小柄だが、力のある球を投げる。昨年はソフトバンク三軍を相手に150キロ台を連発し、最速152キロで7回無失点に封じる快投を見せた試合もあった。

 昨季は防御率2.27、8勝、92奪三振で、リーグの投手タイトル三冠に輝いた。

運命のドラフトの日、あの表情を忘れない

 そして迎えた秋のドラフト。

「選択終了」――すべての球団の指名が終わったアナウンスを流れた瞬間、会場でただただ悔しそうな表情を浮かべていたのが忘れられない。

「もっとレベルアップしないといけない」

 今までの自分では通用しないという現実を突きつけられた。オフの間、まずは球種を増やした。ツーシームを習得し、スライダーをナックルカーブに変えた。さらにカットボールを改良して縦に鋭く変化する軌道に修正した。

「投げる以外も、牽制やフィールディング、打者との間を変えるとか。投手はただ投げるだけじゃない。そういった部分も追求しました」

 この試合では3つの牽制アウトを記録した。

敵将は元ハム武田久を連想

 敵将の西岡剛スキッパーは火の国投手陣を絶賛し、その中でも宮澤については「元日本ハムの武田久さんのような投手。早くNPBに行くべきだと思います」と言及した。

「素直に嬉しいです。自信になります」

 昨年、火の国サラマンダーズからは石森大誠投手が中日ドラフト3位でNPB入りを果たした。宮澤も夢のトビラに、もう手はかけている。それを力強く開けるか。人生をかけた2022シーズンが始まった。

宮澤怜士(みやざわ・れいじ)

1997年11月11日生まれ、24歳。北海道出身。身長166cm、体重68kg。右投左打。背番号57。遠軽高校から東海大学札幌キャンパスを経て、熊本ゴールデンラークスへ。昨年から火の国サラマンダーズでプレー。座右の銘は「現状維持は退化と一緒」。

※写真はすべて筆者撮影