10月13日、福岡ソフトバンクホークスは秋季教育リーグの「みやざきフェニックスリーグ」で、読売ジャイアンツと宮崎市清武のSOKKENスタジアムで対戦した。

奥村が7回無失点

先発で好投を続ける奥村(筆者撮影)
先発で好投を続ける奥村(筆者撮影)

【10月13日 ウエスタン・リーグ公式戦 SOKKEN 無観客】

巨人     000000000 0

ソフトバンク 11000000× 2

<バッテリー>

【G】直江、鍬原、沼田、横川、古川――喜多

【H】奥村、泉、岩嵜――九鬼

<本塁打>

なし

<スタメン>

【G】6中山 4湯浅、5北村 8秋広 D石川 7ウレーニャ 3増田陸 9山下 2喜多

【H】7佐藤直 6川原田 8上林 Dアルバレス 9中谷 4野村 3井上 5小林 2九鬼

3打数3安打の野村(筆者撮影)
3打数3安打の野村(筆者撮影)

<戦評>

 ソフトバンクが初回にアルバレスの適時打で先制。二回には先頭で二塁打を放った野村を塁に置いて、続く井上が左中間へ適時二塁打を放った。

 序盤でリードした2点を、3人の完封リレーで守り切った。先発の奥村は7回4安打無四球8奪三振での無失点投球だった。プロ入り以来リリーフだったが、今季途中から先発に転向して以降は好投を続けている。奥村も「力み過ぎずに投げられるのが先発に合っていると思う」と手応えを口にしていた。

 2番手の泉、3番手の岩嵜はそれぞれ1回を零封した。

 打線は2得点のみだったが、野村は3打数3安打の活躍。さらに佐藤直、川原田の1、2番コンビも2安打ずつを放った。(了)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

復調目指す岩嵜翔「感覚悪くない」

復調への手応えを口にした岩嵜翔(筆者撮影)
復調への手応えを口にした岩嵜翔(筆者撮影)

 岩嵜翔投手が2-0の九回表から3番手で登板した。今月6日に出場選手登録を抹消されてから初めてのマウンドを1回無安打無失点に抑え、3つのアウトのうち2つは三振で奪った。

 先頭の秋広に対しては3球フォークを続けて3球三振。続く代打・陽にはストレートを軸に追い込み、最後も直球を打たせて内野ゴロに打ち取った。しかし、これをショートの小林が失策して出塁を許した。

 1アウト一塁から対戦したウレーニャには直球とフォークでカウントを整え、7球目の153キロ直球で空振り三振を奪った。最後の打者となった増田陸に対しては直球とフォークに加えてスライダーやカーブも交えて追い込み、最後はナックルカーブで左飛に仕留めた。

 岩嵜は1回無失点の再出発に「感覚もそれほど悪くなかったし、力の抜きどころ、逆に力を入れるところがしっかり出来たと思います」と納得の表情を浮かべた。

コーチから「打者目線」の助言

 今月5日、楽天戦で1点リードの七回から登板したが、1死しか奪えずに3失点して降板して翌日に出場選手登録を抹消されていた。さらに今月1日のオリックス戦でも1回1失点で黒星を喫しリリーフに失敗。前半戦は35試合登板で防御率2.38と安定していたが、五輪中断明けの後半戦は10.45と苦しい投球が続いていた。

 工藤公康監督は「彼の顔を見ていても、どこか自信がない。ボールを見ても、(捕手の甲斐)拓也の配球もそう。フォークばかりになって、いつか打たれる。僕らが見ていて『ん?』というのがある。その辺も含めて彼と話をしたい」と苦しむ岩嵜を心配していた。

 ただこの日、岩嵜は「自信を失くしていたわけではない」とはっきり口にした。

「自分は真っ直ぐとフォークのピッチャー。その2種類に頼る中で、打者に待たれている感じできつくなっていたのはあった。ただ、ファーム残留練習の時に関川コーチに打者目線で話しをしてもらって、こう攻められたら嫌だとか、2種類しかないけどそれを悪く捉えるのではなくどう考えるかという話をしてもらった。前半戦の良かったときに比べれば、まだまだです。だけど前には進めている」

 一軍がペナントレースの佳境を戦う中で戦列を離れた悔しさはもちろんある。「まだ一軍が戦っている。自分としても戦えるものをつかんで、戻る場所があれば戻りたい。そのための準備をしたい」と表情を引き締めた。