上林だ、リチャードだ! 若鷹5発でウエスタン・リーグ連覇へマジック「9」が点灯

夕暮れ時のタマスタ筑後。秋の深まりを感じる(筆者撮影)

上林2発、リチャード3ラン、野村、佐藤も快音

 若鷹が連覇へまい進している。

 福岡ソフトバンクホークス二軍が10月17日、ウエスタン・リーグ2連覇へのマジックナンバー「9」を点灯させた。

 同日、ホームのタマホームスタジアム筑後で行われたリーグ2位の中日ドラゴンズ戦に9対8で勝利した。

 若鷹が一発攻勢で打ち勝った。2点を先制された直後の二回裏、先頭の4番・上林誠知が右翼へ4号ソロを放ってまず反撃。さらに走者を2人置いて8番・リチャードが豪快に引っ張って逆転7号3ランを叩き込んだ。

 その後4対5とひっくり返されたが、四回裏に6番・野村大樹が左越え3号ソロで同点に。そして五回裏には上林がこの日2発目となる5号3ランで3点の勝ち越しに成功した。右翼ポールの先端に当たるという珍しい打球だった。

 六回には9番・佐藤直樹がセンター右へ2号ソロを運んで追加点で、9対6とリードを広げた。終盤に中日の反撃にあい、1点差まで詰め寄られるが、最後はルーキー右腕の津森宥紀が踏ん張って何とか逃げ切った。

 計8点を失った投手陣だったが、3番手の武田翔太は2回無安打無失点で勝利投手となり3勝目。4番手の川原弘之も1回を3者凡退に抑えた。

同率決定戦の可能性も?

 

 この日終了時点での戦績は以下の通り。

1位ソフトバンク  64試合36勝22敗6分(残り13試合)

2位中日      68試合34勝27敗7分(残り10試合)

 直接対決が18日のタマスタ筑後も含めて計4試合残っている。

 仮に中日がソフトバンク戦を含めた残り10試合を全勝しても、ソフトバンクがその他の9試合を全勝すればソフトバンクが勝率で上回ることになる。

 また、これも仮定の話だが、中日が残り10戦を全勝。そして、ソフトバンクが中日戦のほかに1敗して残り8勝5敗でシーズンを終えた場合は完全に勝敗が並び同率となる。リーグ規定では優勝チーム決定戦を行うことになっているが、方式などは現在のところ未定のようだ。