ソフトB本多、中日若松ら2軍戦の前に九州豪雨災害の募金活動

ソフトバンクと中日が協力し合い募金活動を行った。左が若松、右が本多

タマスタ筑後で試合前に実施

福岡ソフトバンクホークスと中日ドラゴンズの両チームの選手が協力し合い、福岡・大分の九州北部地区を襲った豪雨災害の支援を呼びかける募金活動を行った。

7月8日、タマホームスタジアム筑後(タマスタ筑後)で開催のウエスタン・リーグ公式戦の試合前に行われ、ソフトバンクからは水上善雄2軍監督、福岡出身の本多雄一と吉村裕基、大分出身の川瀬晃と笠谷俊介、また、寺原隼人、江川智晃、高橋純平が参加。中日の小笠原道大2軍監督、福岡出身の若松駿太も一緒に呼びかけを行った。

2軍戦のプレーボール2時間前だったが、多くのファンが募金に協力していた
2軍戦のプレーボール2時間前だったが、多くのファンが募金に協力していた

ホークス本多「被害を見ると心が痛む」

本多は「プロ野球選手である前に1人の人間として認識しないといけない。テレビで被害の状況を見るたびに心を痛めています。野球選手なので、野球を通じて出来ることもあるけど、このような形でも出来ることはあります」と神妙な表情で話した。

中日若松「朝倉はすぐ隣の街」

若松は久留米市出身で「朝倉はすぐ隣の街と言っていい場所。高校の先輩も住んでいて、連絡をとりました。このような活動を通じてでも力になれればとの思いで参加しました。たくさんのファンの方に協力していただき嬉しかったです」と思いを口にした。

9日も実施予定

タマスタ筑後での募金活動は9日(日)も、ソフトバンクの試合前練習後(正午前後めど)に行われる予定。また、ソフトバンク球団内ではその他の支援活動についても現在協議されている。