【ホークス2軍】新本拠初戦は「3・19」! タマスタ筑後

こけら落としはウエスタン公式戦

タマスタ筑後の外観
タマスタ筑後の外観

約2ヶ月後、ホークスファームの新本拠地球場「タマスタ筑後」に初めての球音が響く。

1月18日、福岡ソフトバンクホークスと福岡県筑後市との包括連携協定が締結され、その締結式が筑後市で行われた。

その会見の中で太田宏昭・球団代表取締役専務が「今後の予定ですが、3月19日にウエスタン・リーグの試合でこけら落としになるよう調整しています」と明かした。2016年度のウエスタン・リーグの日程がNPBから正式に発表されるのは今月下旬の見込みだ。

HAWKS ベースボールパーク筑後は9割方完成

バックネット裏のスタンド
バックネット裏のスタンド

ファーム新本拠地「HAWKS ベースボールパーク筑後」については、「現段階で全体の9割が完成している」とのこと。スタンドには座席が設置され、室内練習場にはすでに人工芝も完備されている。

選手寮は春季キャンプ後から使用される。ホークスが福岡移転した1989年から使用されてきた福岡市東区の西戸崎合宿所ならびに室内練習場を若鷹たちが使用するのは今月末まで。

球場から徒歩3分ほど。九州新幹線の筑後船小屋駅
球場から徒歩3分ほど。九州新幹線の筑後船小屋駅