【要注意】悪意ある買い手はこうしてやってくる!商品の売買のネットトラブルはこうして起きた! (上)

(写真:PantherMedia/イメージマート)

新型コロナの影響もあり、副業として在宅で自身のネットショップを立ち上げたり、フリーマーケットを利用して、商品の売買をする人たちも増えてきています。その際、キャッシュレス決済を利用することもあり、トラブルは多様化してきています。

気をつけなくてはならないのが、常に取引をする相手が善良な人ではないということです。相手が詐欺師とまではいかなくても、ルールの抜け穴につけ入り、暴利をむさぼるような人もいます。

「これまで多少のもめごとはあったものの、今回のような大きなトラブルに発展したことはありませんでした」

そう話すのは、10年来、商品の買い付けを個人事業主として仕事をしてきた40代女性です。

それは、洋服3着の購入依頼から始まった!

トラブルのきっかけは、10月初めにカナダ在住の男性から、日本のお店で洋服3着(1着約4万円)を買ってほしいとの依頼を受けたことでした。

彼女はペイパルを通じて依頼人から入金してもらってから、買い付けをするスタイルをとっていました。ペイパルは、アカウントID(メールアドレス)を使って簡単に支払いができる決済サービスで、全世界で普及しているために、今回のような海外のお客ともスムーズにお金のやりとりができます。

男性からは、その日のうちに3着分の約12万円が入金されましたので、彼女は、指定された店に買い付けにいきます。そして「無事に買えました」と連絡をすると、喜んだ様子で再び追加注文が10着入りました。

その内訳は「ホワイトの洋服(M)2点、同色の洋服(L)3点、グレー(M)2点、同色(L)3点」です。

そして10着の商品代金約40万円も入金されます。

再び、指示されたお店で洋服を購入して、最寄りの郵便局から3つの箱(5着、5着、3着)に分けて、1日1箱ずつ3日かけて航空便で送りました。

しかし、ここでトラブルが起きました。

買い手の男から「洋服が7着しか届いていない」という連絡が入ったのです。

「6着も足りない!どういうわけだ!」

彼の話を聞くと、箱は3つ届いているものの、それぞれに教えられた通りの個数が入っていないというクレームです。しかも、男は「届いた7着のうち2着は指定した商品と違う色だ」と主張して、返品対応と返金を求めてきたのです。しかし彼女は、注文通りの品と数を郵便局から間違いなく送っています。

「これまでの経験ではありえないことでしたが、海外での荷物の紛失も“ない”とはいい切れません。ですが、中身の商品をわざわざ色違いのものにすり替えることだけは、ちょっとありえないな」と彼女は男性の言動に疑問を覚えたといいます。

それから2日間にわたり男は「お前が詐欺を働いたんだろう。警察に言うぞ」と脅し続けます。

売買の経験の少ない人であれば、「詐欺」「警察」という言葉を浴びせかけられると動揺して、相手の要求を飲んでしまうかもしれません。

しかし長年、この仕事をしてきた彼女は「郵便局から送っている証拠はこちらにありますから。カナダの郵便局か、税関に問い合わせてください」ときっぱりと返答します。しかし、相手は「箱を開けた形跡がないんだから、そんなことをする必要はない」と、問い合わせを拒否します。

その後、彼女が調べると「チャージバック(不正利用の被害に遭ったなどの理由で、返金やクレジットカードの支払いを取り消せる)制度を悪用し、商品が違うとクレームをつけて、偽物を返品し、返金までさせて、一銭も払わずに、商品をだまし取る手口がある」ことを知りました。

「もしかすると、これがその手口かもしれない」

そう思い、彼女はすぐに日本の郵便局に調査依頼を出して、警察にも相談しました。

警察からは「郵便局のレシートや配送の控えがあり、送った証拠があるのであれば問題ない」と言われています。

郵便局からは「買い手の男のメールアドレスを教えてほしい」と言われて、伝えます。

するとカナダの郵便局から男性に連絡がいったようで、男から「郵便局から連絡がきましたので、調査を受け入れます」との返事がきました。

男はたびたび「警察への通報」を口にしますが、彼女も「お好きにどうぞ」と強気の返事を続けると、ついには男からの返信がなくなりました。

脅しは効かないと思ったのでしょう。荷物を正当に送ったという、こちらの主張をしっかりと伝えたことで、相手はぐうの音も出なくなったと思われます。

しかし悪意ある者は、これだけでは諦めるはずがありません。

再びクレーム。そしていきなり、お金が引き落とされる。

2週間たち、再び男から「グレー以外の4着は偽物だから、返品対応と返金をしろ」という新たなメールが届きます。偽物が2着増えています。しかし彼女が「偽物は送っていません」と言うも、男は「すでに警察に通報して、捜査を始めているんだから、返品対応と返金をしろ」と執拗に迫ります。

再び、「警察」の言葉を持ち出します。

そこで彼女は「どちらの警察に行ったのでしょうか?警察署名と部署、担当者名を教えてください。こちらから連絡します」と尋ねますが、男はこの質問をスルーします。

この時、彼女は思ったそうです。

「本当に警察が捜査をしていたら、偽物の証拠をおさえるはずで、大事な証拠品を送り返して(返品して)良いなどということを了承するはずがない」

そこで「捜査上の重要な証拠品を、なぜ警察は保管しないんですか?それに、偽物だという根拠はなんですか?購入したお店に聞きますので、どなたが偽物とおっしゃっているのか、お聞かせください」と単刀直入に聞きました。

男はこれに対する明確な回答は避けて「このブランドについて知識のある銀行の代表者に聞いたら、偽物だと言っていた」といった、しどろもどろの返答をしてきます。

彼女は、ますます怪しさを感じて、返品対応も返金もしないと毅然とした態度をとり続けます。

しかし状況は一変します。

買い手が「商品が説明と異なる」との異議を、決済したクレジット会社に申し立てたことで、彼女のペイパルの口座から40万円がいきなり差し引かれてしまったのです。

さすがの彼女もこれには、慌てました。

もしこのまま、お金が戻らなければ、数十万円の商品の購入代金は回収できなくなります。商品はこちらの手元にない状況ですので、このままでは、相手は商品をただで手に入れることに成功してしまうわけです。

「やはり詐欺行為なのではないか」という思いが強くなりました。

それとともに、焦りが募ります。

ちょうどこの時に、彼女は、私のもとに被害情報の連絡をしてくれたのです。(続く)

【要注意】悪意ある買い手はこうしてやってきた!トラブルを解決したはずなのに…(下)追記:係争中事案