今日まで!フラペチーノ1杯分(500円)無料!「スタバカード」をLINEで作れば「便利もお得も最強」

スタバでLINEPayが対応に。さらにカードも発行すればもっとお得に。(写真:つのだよしお/アフロ)

全米最強の電子マネーは実はスターバックスカード?

キャッシュレス決済は世界中のトレンドです。全米でもっとも利用されている電子マネーは何だと思いますか。eMarketerの調査によればなんと「スターバックスカード」のモバイルアプリなのだそうです。

GIZMODE 全米で最も人気のモバイル決済は、Apple PayでもGoogle Payでもなく、「スタバ」アプリでした

Restaurant Management Pro スターバックスのアプリがアメリカ最大のモバイル決済手段であるワケとは?

出典元はこちらと思われる 

日本ではスマホのキャッシュレス決済について、おサイフケータイ系の電子マネー(ICカードに由来する)とQRコード決済の電子マネーが混在していますが、アメリカではApplePayとGooglePayを上回るのがスタバアプリなのだそうです。

スターバックスは、会員登録をしたユーザーのスターバックスカード(ないしアプリ)の利用についてはポイント(スター)を貯め、スターが貯まるとドリンク等に交換できる「リワード」を得ることができます。

スタバの常連客は利用頻度が高いこともあり、また都会暮らしの可能性も高いことから、電子決済の利用率が高いのだろうと思われます。参照記事内では3カ月で入金されるチャージ額は日本円で1000億円以上とも指摘されています。

日本でもスターを集めるプログラムがあります。また、プラスチックカードからスタートし、おサイフケータイ機能のあるスマホで使えるアプリを提供、今はバーコード表示をするアプリ(つまりiPhone対応)に進化し、ほぼすべてのスマホで利用できるようになっています。

今ならLINEで今設定すれば500円で1000円チャージできる!(2019/5/26終了)

ところでこのスターバックスカード、実は単体アプリをインストールしなくても、LINEから発行することができます。

○LINEの「ウォレット」内「マイカード」というボタンを押した先

もしくは

○「ウォレット」画面をスクロールしたところにある「マイカード」

から、「LINE Starbucks Card」を追加することですぐに発行できるのです。

あなたがもし、このコラムを公開すぐにお読みになったのなら、冷やかしでもいいのでスタバカードを登録してみるべきです。なぜなら500円出せば1000円チャージできるプロモーションの実施中だからです。

期間は5/13~5/26という短期間なのですが、LINEPayからLINEマイカード内のスターバックスカードにチャージをすると500円のクーポンがもらえます。つまり実質500円で1000円チャージすることができ、フラペチーノほぼ1杯分が無料で手に入ることになります。

クーポンの取得方法など詳しくは下記リンク先を確認してください。 http://pay-blog.line.me/archives/17284154.html

注意点をできるだけシンプルに説明すると

すでにスタバカードがある場合、先にMyStarbcks会員登録をしておくこと(複数カードを一元管理できるようになるので。またスターは登録しないと貯まらない)

・入金する場合、LINEPayが設定されていること(クーポンはLINEPayからの入金に適用されるので)

は必要になります。

スタバカードのお得を得るためにLINEPayの設定をして、それ以降キャッシュレス決済ができるようになるなら、それもメリットかもしれません。

LINEPayからチャージするということは「スタバで割引」になるということ

スタバの割引を手にする方法はいくつかあります。ひとつは会員登録をしてスターを貯めることです。これはスターバックスカードを使わなければいけません。しかし上手に利用すれば9.3%オフくらいの価値がある、かなりお得なプログラムです。

→参考記事 スタバのポイントプログラム開始。お得かライバル店と徹底比較。10%超還元の「最強はU」?

また、オフィシャルアプリからオンラインでチャージをすればクレジットカード経由でチャージするため、クレカのポイントを手にすることができます。0.5%還元なら0.5%相当の割引が追加されたことになります。

金券ショップなどでは98%前後の値段でスターバックスカードが販売されていることがあり、こちらはチャージ時点で2%割引を得ることに相当します。購入後、自分のカードに残高を移行することもできますが、ただ作業はちょっと面倒です。

また、駅ビルなどの店舗などでは、当該ビルが発行しているポイントカードが付与されることもあります。たとえばJR東日本系駅ビルであるアトレ内のスタバはJREカードを提示すると1.0%がもらえます。

一方でJR系駅ビルの店舗で使えるSuicaなどの電子決済についてはスタバのスターをもらうことはできません。電子マネーのポイントしかもらえないことが注意点です。

こうした「安くコーヒーを飲む方法」の選択肢に、今回のLINEPayからスターバックスカードにチャージをする方法と、LINEPay支払いが加わることになります。

まず、LINEPay支払いについてはスタバとの提携強化により全店舗に順次拡大していくようです。LINEPay利用については0.5~2.0%の割引があります(利用額によって還元率がアップする)。コード払い(チャージ後の支払い)にすると期間限定で+3%されるので、3.5~5.5%となります。 →LINEPayのポイント還元率の公式解説はこちら 

ただ、LINEPayから支払うだけではスターがつかないことを考えると、「LINEPayにチャージ」→「LINEPayからLINEスターバックスカードにチャージ」の方法でスターも貯めるのが一番お得になりそうです。

筆者が試してみたところ、LINEPayにチャージされている残高をLINEスターバックスカードにチャージして0.5%が付与されたことを確認しました(私の場合、LINEPayの利用ステージがシルバーのため。ボーナス還元率は別途付与される)

あなたがもし、すでにスターバックスカードやスターバックスカードのアプリを持っていたとしても、500円のギフトをゲットする価値はあります。ちなみに端数が残った場合、スタバのWEBからすでに使っているカードに残高移行を行うこともできます。

LINEのポイントカードの囲い込みはスタバに限らず進んでいます。また機会があれば解説してみたいと思います。

今回のコラムの参考図書(拙著新刊) スマホ1台で1000万円得する! マネーアプリ超活用術