『エール』から始まる二階堂ふみ最強伝説~周囲を引き立てる演技力~

朝ドラ『エール』ホームページから

朝ドラ『エール』が好調だ。

そもそもは出だしで躓いた。

初回冒頭4分ほどの奇想天外な演出が裏目に出て、初回の視聴率は右肩下がりとなってしまった。その後3週は平均視聴率が20%を割った。コロナ禍で在宅者が増え、テレビのHUT(総世帯視聴率)が上がっている中での大台切れは、例年と比べ低調な序盤と言わざるを得ない。

ところが4~6週は平均を20%台に戻し、第7週で21%を超え、今週(第8週)は22%に迫る勢いだ。

二階堂ふみの存在感が増すと共に数字が上向いた感じだ。「春ドラマ出演者の中で、演技がうまいと思う若手女優」というアンケートで、断トツ首位に立った通りの展開となっている。

後々に同ドラマが名作と称えられ、二階堂ふみ最強伝説が定着しそうな予感がある。

演技がうまい若手女優1位

アンケートはパイルアップ社がこの春実施したもの。

テレビを一定以上見る1200人に、春ドラマ出演を前提に、20代以下の若手女優の中から選んでもらった。

画像

結果は、5位門脇麦・4位川口春奈は、大河ドラマ『麒麟がくる』のメイン。3位波瑠も、始まったばかりの土曜ドラマ『路~台湾エクスプレス~』で主人公。

NHKドラマが上位を輩出しているが、両ドラマとも数字も評価もまずまずだ。

そして1位には、朝ドラ『エール』ヒロイン・二階堂ふみが選ばれた。

テレビドラマでは、17年『フランケンシュタインの恋』ヒロイン・18年大河ドラマ『西郷どん』愛加那役・19年『ストロベリーナイト・サーガ』主役、映画でも18年『リバーズ・エッジ』主演・19年『飛んで埼玉』主演と着実にキャリアを積んで来た。

アンケートでの「うまい若手女優」の複数回答では、半分近くの人が彼女に入れた。

さらに「最も演技がうまい」と一人だけを選ぶ質問でも、四分の一を超える支持が集まり、2位以下に大差をつけた。

しかも男女年層別の大半の世代でトップという圧倒ぶりだった。

調査を実施した同社の高木章圭メディア研究員は、この結果は二階堂ふみの魅力の表れだという。

「二階堂さん演ずる音は、一見頼りない裕一(窪田正孝)を陰で支えるどころか、裕一のためにズバズバ動く強さが印象的です。調査では男性より女性の方が好意的でした。男性票が強いのは、可愛らしい雰囲気の方やアイドル的イメージのある方。ところが二階堂ふみさんは、そんな男性のどの世代にも支持されると共に、女性の全世代でトップでした。可愛らしさと強さを併せ持つイメージが、女性にも憧れや好感を抱かせたのだと思います」

名作の予感

冒頭で紹介したように、『エール』は出だしで躓いた。ところが4週以降、徐々に視聴率を挙げている。

画像

女性65歳以上では、初回の途中で脱落者が続出した。

ところが、その後は徐々に戻って来て、4週以降は右肩上りとなっている。視聴者の中の最大ボリュームゆえ、全体の数字を押し上げるのに貢献している。

他の世代でも、F2(女性35~49歳)も4週から上向いた。

F3-(女性50~64歳)は、6週以降で急伸している。

世帯視聴率を20%台に戻した第4週は「君はるか」。裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の付き合いが始まった週だ。

「国際作曲コンクール」で入賞したのを、我がことのように喜ぶ音。さっそくファンレターを出すも(第18回)、返事がなかなか来ないことにやきもきする(第19回)。

一途で感情をはっきり出す、内部エネルギーの強い女性を好演していた。

第5週「愛の狂騒曲」で、二階堂ふみのアクセルが全開となる。

豊橋の音の家に裕一が訪れる。豊橋の街や祭りで可愛い表情を見せる音に、裕一は次第に惹かれていく(第21~22回)。しかし音の母・光子(薬師丸ひろ子)は、身を引くように忠告。そこに裕一の父・三郎(唐沢寿明)が連れ戻しに来る。

そこで4人がちゃぶ台を挟み、1話まるまる1場面の会話劇が展開された(第23回)。三郎の意見に真っ向から反論する音の強烈な意志。笑い、純真さ、強い女と、異なる側面を変幻自在に演ずる姿は、大いに楽しませてもらえた。

第6週は「ふたりの決意」。

裕一の失意を知った音が、川俣銀行に単身乗り込む(第28回)。レコード会社に裕一との契約をさせる(第29回)。愛のために前に出続ける女を演じ、遂に裕一を上京させることに成功する(第30回)。「どんどん動く強さ」で彼女の魅力が際立った一週間だった。

視聴率が21%を突破した第7週は「夢の新婚生活」。

二人の甘い生活(第31回)、初めての夫婦喧嘩(第33回)、裕一の契約金減額を撤回させるレコード会社への直談判(第34回)。

才能があるのに気弱で優柔不断な裕一を好演する窪田正孝も魅力的だが、主役を奪ってしまうような多彩な演技を見せる二階堂ふみ。「感性のオバケ」と評される彼女の名場面を一気見したくなるような展開だった。

そして第8週は、早大の応援歌が登場する「紺碧の空」。

作曲が出来ない裕一と口をきかなくなった音(第37回)。実家に帰りヒントを得た音は(第38話)、早大応援部団長(三浦貴大)に働きかけ裕一に曲を書かせることに成功する(第39~40回)。

負のスパイラルに陥った時のイライラをため込んだ演技と、それでも陰で支えようとする健気さ。そして、ようやく曲が出来た時の喜びの発露。ストーリー展開を彩る二階堂の演技の幅は、見る者をじゅうぶん楽しませてくれる。

幅広い演技力が多様な視聴者を魅了

SNSでも、二階堂ふみの存在を称えるつぶやきがたくさん見られる。

「顔芸が楽しいw。可愛いのに演技力がしっかりしてる」

「今まで良さが分からなかったけど、このドラマでその魅力が分かった!」

「“表情芝居の巨匠”と呼ぶに値します」

「15分で終わっちゃうのツライ。早く続きが見たくてウズウズしちゃうよ」

「後々名作と讃えられる予感」

「二階堂ふみさんの代表作となるな」

二階堂は同ドラマの台本を高く評価している。

「(演技の)余白を鉾してくださっている台本なので、俳優陣の中から生まれた新鮮なものを、ちゃんとカメラに収められている気がします」

つまり台本を超えた表現が、役者の演技力で出来ているということだろう。

自分だけでなく、周りの役者たちも引き立てる二階堂ふみの存在感は特筆に値する。

それにしても、6月に一時休止となってしまうのは残念でならない。

「早く続きが見たい」というウズウズ症候群が感染拡大するのは間違いないだろう。

それでも再開して全話が無事終了した後に、『エール』が名作と称えられ、二階堂ふみ最強伝説が定着しそうな予感が確かにある。