高畑充希が新垣結衣を超える!?~『逃げ恥』を凌駕する『同期のサクラ』の可能性~

(写真:つのだよしお/アフロ)

高畑充希主演『同期のサクラ』が好調だ。

今クールでは、木村拓哉主演『グランメゾン東京』の視聴率がほぼ横ばい。他大半が回を追うごとに下落しているが、『同期のサクラ』だけが唯一上昇を続けている。

好調の要因は何か。後半で視聴率を上げた新垣結衣主演『逃げるは恥だが役に立つ』などと比べ、強さの秘密に迫ってみた。

唯一の上昇パターン

今クールの連続ドラマの大半は、ビデオリサーチが計測する視聴率が、回を追うごとに下がっている。

『グランメゾン東京』こそ4話までで、12.4%→13.2%→11.8%→13.3%とほぼ横ばいだが、他は大半が下落傾向にある。

画像

視聴率好調と言われる米倉涼子主演『ドクターX』も、初回20.3%から4話17.8%と下がり続けた。

このところ好調なフジ月9も、ディーン・フジオカ主演『シャーロック』は、初回12.8%から6話8.3%と4割弱数字を失った。

中には、新木優子と高良健吾のダブル主演『モトカレマニア』のように、4話までで約半減となってしまったドラマもある。

木枯しが吹き始めた今クールのドラマ界にあって、唯一好調なのが『同期のサクラ』だ。

5話までが8.1%→9.5%→9.3%→11.5%→11.8%。3話で0.2%下げたのは、『日本シリーズ・第4戦』が延長し、放送が大幅に遅れた影響だ。この回を除けば、上昇が続いている。

では後半はどうなるのか。過去の後半高視聴率ドラマとの比較で、今後の可能性を占ってみよう。

“あり得ない主人公”パターン

『同期のサクラ』は、遊川和彦描く“あり得ない主人公”を、高畑充希が好演する作品。

同氏が書くドラマには、こうした名作が幾つかある。

1998年放送の『GTO』(反町隆史主演)は、暴走族の元リーダーが教師となって学校を立て直す物語。振る舞いは無茶苦茶だが、目先の理屈よりも“ものの道理”を通そうとする姿勢で、次第に周囲を納得させる“あり得なさ”が秀逸だった。

2005年『教室の女王』(天海祐希主演)は、一見強権的で“悪魔のような鬼”教師。ところが自らが「壁」となることで、児童の成長を促す感動的なドラマだった。

他にも10年『曲げられない女』(菅野美穂主演)、11年『家政婦のミタ』(松嶋菜々子主演)、15年『〇〇妻』(柴咲コウ主演)、18年『過保護のカホコ』(高畑充希主演)、19年『ハケン占い師アタル』(杉咲花)等。

“あり得ない”キャラクターなのに、言動が視聴者の心を動かす主人公を遊川和彦は描いて来た。

高畑充希の“あり得なさ”

北の小さな離島から、一人上京した主人公のサクラ(高畑充希)。

大手ゼネコンの入社式で、「私の夢は、故郷と本土を結ぶ橋を架けること」と宣言。ところが「忖度できない」性格から、さまざまな軋轢・トラブルを巻き起こす。

それでも周囲の態度は次第に変化する。

“あり得ない”性格のサクラに、最初は冷めていた同期も次第に巻き込まれる。どんな逆境になろうと「自分にしかできないこと」に拘り、自分を貫き続けるサクラに、5話までで同期たちが一人ずつ脱皮を遂げてきた。

初回でまず度肝を抜かれたのは、入社式の社長の挨拶に手を挙げてズバズバ感想を述べた点。

「良いことを言っているのに長すぎる」とした上で、データや言葉使いの間違いを指摘した。現実ではこんな新人を見聞きしたことはないが、もし「やってみろ」と言われても、とても出来ることではない。

これからの長い会社人生を考えたら、絶対黙ってしまうだろう。「敢えて指摘するほどではない」と目を瞑るのが常識的な反応だ。

入社5年目までの変化

同ドラマは1話1年で展開する。

そして2話から5話までで、サクラの同期たちが順番に感化されて成長する。

2話では菊夫(竜星涼)。

部長(丸山智己)による理不尽な命令で残業が続いた菊夫は、サクラに言われた「自分の弱さを認め」、最後は部長に「俺はもう部長の言うとおりにはできません」「やらされるんじゃなく、自分がやるべき仕事をやる」と宣言した。

3話では百合(橋本愛)。

女だから責任ある仕事をやらせてもらえず、得意先のセクハラも卒なくこなす百合。しかし「もう疲れた」と退社することに。ところがサクラは、「現実から逃げている」「種をまかねば一生花は咲かない」と、百合を責め、二人は言い合いになる。こうした本音のぶつけ合いを経て、二人は互いを呼び捨てにし合う仲になる。

4話では蓮太郎(岡山天音)。

設計の仕事がうまく行かず、閉じこもってしまった蓮太郎。サクラは彼の上司に「色々なアイデアを引き出す力がある。粘り強さがある」と長所を指摘する。それを目の当たりにし、周りのせいにしていたこと、一人よがりで閉じこもっていたことなどを反省し、蓮太郎は再び立ち上がる。

そして5話が葵(新田真剣佑)。

社長賞をとった葵は、実は高級官僚の父のコネ入社で、実力を認められてはいなかったことが判明する。自暴自棄になってしまったが、サクラはじいちゃんに教えられ、「勝ち負けにこだわらず、自分の価値を知ることが大切」、「素晴らしい才能がある。たくさんの人を動かす力がある」と励ます。それまでものが言えなかった父に、葵は初めて自分の考えを主張できるようになる。

後半高視聴率ドラマとの比較

ここまで1話1年で、サクラと同期は一人ずつ関係が深まって行った。

毎話の各同期の葛藤と、サクラとの関わりを経ての再起が、多くの視聴者の感動を呼んだ。その巧みな展開の結果、視聴率は初回を100とすると、5話で146にまで上昇していた。

画像

クール後半で視聴率が急上昇した過去の作品と比較してみよう。

実は最終回で高視聴率を誇った名作も、中盤では必ずしも上昇していない作品が少なくない。最終回で25.3%に跳ね上がった『女王の教室』は、5話では初回を下回っていた。最終回で40%の金字塔を打ち立てた『家政婦のミタ』も、5話では初回100に対して115とそれほどでもない。

最終回42.2%とドラマの歴代2位を誇る堺雅人主演『半沢直樹』(2013年夏)は、5話で149とやはり途中でも凄かった。

ところが近年で最も話題となった『逃げ恥』は、最終回こそ204と画期的な数字だが、5話では130で必ずしも華々しくはない。

『同期のサクラ』は2話以降順調に指数を高め、5話で146となっている。

『半沢直樹』にはわずかに及ばないものの、『逃げ恥』を大きく上回り、遊川和彦の“あり得ない主人公”ドラマの中では、断トツの上昇カーブを描いている。

強さの秘密は脱落者の少なさ

では、『同期のサクラ』成功の秘密は何か。

実は番組途中で見るのを辞める人が少なく、見た人の口コミで次第に視聴者が増えている点にあるようだ。

画像

インテージ「Media Gauge」関東地区の接触率データで分析してみよう。

例えば『4分間のマリーゴールド』や『シャーロック』は、番組冒頭よりラストが低いことが多い。それでも前の週のラストより、翌週の冒頭が上がっているため、回を追うごとの平均接触率はゆるやかな下落で済んでいる。

逆のパターンが『相棒』や『ドクターX』。

番組冒頭はあまり高くないが、途中から見始める人が多く、ラストは必ず高くなっている。長寿シリーズのためか、視聴者は初めから見なくても良いと、ゆったり構えているようだ。

16年秋放送で、最終回が20.8%、初回より指数で204となった『逃げ恥』も、実は初回から4話までは毎回冒頭よりラストが低かった。

5話で初めて尻上がり型となり、以降はそのパターンを維持して最終回で大台突破を果たした。

その意味で『同期のサクラ』は、序盤から視聴者の心をガッチリつかみ、脱落者をあまり出していない。

序盤から『逃げ恥』を超える、求心力の強いドラマと言えそうだ。

後半の大ブレークは?

サクラ(高畑充希)は、初回ラストでこう主張した。

「私には夢があります。ふるさとの島に橋を架けることです」

「私には夢があります。一生信じ合える仲間をつくることです」

「私には夢があります。その仲間と、たくさんの人を幸せにする建物を造ることです」

「それだけは諦められないので、私は自分にしか出来ないことをやります」

5話までで“自分にしか出来ないこと”をやり続け、“一生信じ合える仲間”をつくることに成功した。

ところが子会社への出向を命じられ、“ふるさとの島に橋を架ける”ことも、“仲間とたくさんの人を幸せにする建物を造る”夢も遠ざかってしまった。

これから後半。

同期の次に会社のキーマンたちを動かし、夢を実現させていけるのか。それとも抵抗勢力の岩盤は、簡単には崩せるようなものではないのか。

ドラマの醍醐味は、視聴者の予想を裏切る展開だ。

普通の言動から外れた“あり得ない”サクラが、凡人の弱さや安きに流れる安直な考えを砕き、毎話一人ずつ“勝ち負け”ではなく、“自分の価値”と向き合わせられれば、前半と同様に後半も視聴者は増えていくだろう。

遊川和彦がこれまで書いた数々の名作を、『同期のサクラ』がどう超えていくのか、後半を楽しみにしたい。