日本代表のサイドバックとウイングの定型のない関係

伊東純也(写真:岸本勉/PICSPORT)

 サイドバック(SB)とウイング。4-2-3-1あるいは4-3-3を敷く現在の日本代表には一応、サイドアタッカーが両サイド各2人存在するが、この2人の関係にチームとしての定型はない。選手任せになっている。

 2人の関係と言っても、SBは一定だ。酒井宏樹、室屋成、山根視来(右)、長友佑都、小川諒也、佐々木翔(左)のいずれかが出場しても、差は僅か。ポジショニングに大きな違いはない。

 関係を左右するのはウイング(4-2-3-1なら3の左右)だ。内に閉じて構えるか、開いて構えるか。この差は大きい。

 伊東純也、南野拓実、原口元気、浅野拓磨、坂元達裕、古橋亨梧、川辺駿。先のミャンマー戦(千葉)、U-24日本代表戦(札幌)、そしてタジキスタン戦(吹田)では、そこで上記の7選手が起用された。この中で開いて構えたのは伊東、坂元、原口。閉じて構えたのは南野、古橋、川辺だった。浅野は中庸と言ったところか。

 攻撃を組み立てるとき、ボールが渡りやすいのがSBだ。最終ラインで構えるCBが、次に出す相手は主に守備的MFかSBかになる。日本代表の場合は、両CBが間隔をあまり空けずに構える。その間に、守備的MFが意図的に降りて来る機会が少ないので、割合的にはSBがボールを受けるケースが勝る。

 SBは相手のウイングからプレッシャーを浴びても、真ん中の選手と違い、その方向が180度に限られているので、技量がよほど低くない限り、ボールを失う心配はない。SBが攻撃の起点になりやすい理由だが、問題はその次だ。ハーフウェイを越え、相手ゴールラインまで3分の1の地点に迫ると、SBは自らドリブルで前進を図ることが難しくなる。それは大きなリスクを伴う行為になる。選択は自ずとパスになるが、ここで問題になるのが、その方向だ。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーの定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事

杉山茂樹

価格

月額550円(初月無料)

月4回程度

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    年間本塁打記録だけじゃない!大谷翔平に更新を期待したい松井秀喜氏が持つもう1つの日本人最多本塁打記録菊地慶剛6/22(火) 9:36
  2. 2
    200年に一人の天才ボクサーが語る「井上尚弥はシュガー・レイ・レナードに匹敵するレベル」林壮一6/22(火) 0:01
  3. 3
    大谷翔平はここ6試合で6本塁打、この選手はここ8試合で8本塁打。ともに週間最優秀選手に選ばれる宇根夏樹6/22(火) 6:09
  4. 4
    大谷翔平の「6試合で6本塁打」は日本人選手の最多だが、アジア出身選手にはさらに上がいて…宇根夏樹6/21(月) 14:29
  5. 5
    オールスター・ゲームのファン投票・中間発表その2。DH1位の大谷翔平は、全選手の9位から7位へ浮上宇根夏樹6/22(火) 10:21
  6. 6
    久保、堂安、三笘ら東京五輪18人メンバー発表!メダルを狙える四つの理由小宮良之6/22(火) 14:39
  7. 7
    「東京五輪で侍ジャパンにリベンジを」名古屋生まれの野球韓国代表イ・ジョンフとは慎武宏6/22(火) 7:10
  8. 8
    ダルビッシュが達成した「史上最速の1500奪三振」は、あのデグロームも塗り替えられない!?宇根夏樹6/22(火) 16:31
  9. 9
    宿敵ノニト・ドネア、井上尚弥のKOに「あの日のパンチと同じです」 独占インタビュー杉浦大介6/20(日) 20:53
  10. 10
    本物か?ボクシング転向の那須川天心の実力とは木村悠6/15(火) 7:05