拍手と手拍子しか聞こえてこないJリーグのスタンド風景に違和感を覚えるわけ

(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 ガンバ大阪の宮本恒靖監督が解任された。電撃解任という言い方もされているほどなので、突然の出来事と言えるだろう。自動降格圏内の18位。G大阪は新型コロナの感染者を出した影響で、消化試合数が他のクラブより数試合少ない。この低位置はある程度、やむを得ない気がする。

 とはいえ、昨季の成績(2位)との落差はあまりにも大きい。高まった期待値を裏切ったことは確かだ。宮本監督には評価が他の監督より厳しくなる、不運と言いたくなる巡り合わせがあった。

 下平隆宏(横浜FC)、ザーゴ(鹿島アントラーズ)に続く、今季3人目の解任劇だ。今季は4チームが自動降格する。降格率20%という厳しい設定だ。クラブ首脳は、問題があれば通常のシーズンより早く手を打とうと考える。全日程のおよそ3分の1を消化した段階で20チーム中3人の監督の首が飛ぶ現在の姿は、その緊張感、切迫感の表れに他ならない。

 だが、試合の現場は静かだ。舞台となるスタジアムは、無観客あるいは、人数制限が敷かれた中で行われているので、緊張感、切迫感、さらに言うならば殺気を発露させることがない。

 そもそも声を出した応援が禁じられている。応援の手段はもっぱら拍手。観客は満足度をその強弱で表現しているが、その一方で不満足度を表現する術がない。ブーイングは声を出す行為に値するので禁止行為となる。スタンドにこだまするのは拍手のみ。スタジアムは常にニコニコ、微笑んだ状態にある。試合現場にいると、降格率20%、いつ新たに監督の首が飛んでもおかしくない今季の厳しさを、思わず失念しそうな甘いムードに包まれている。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2021年5月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2021年5月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    本物か?ボクシング転向の那須川天心の実力とは木村悠6/15(火) 7:05
  2. 2
    韓国が困る イランの”ドタバタ予選突破” 最終予選で「日韓同組」の可能性も吉崎エイジーニョ6/16(水) 13:46
  3. 3
    大谷翔平はこれからますます勝負を避けられる!? トラウトに続いてレンドーンもいなくなれば…宇根夏樹6/16(水) 17:00
  4. 4
    明らかに投手の負担が増すMLBの新ガイドラインは故障者続出のリスクも菊地慶剛6/16(水) 15:41
  5. 5
    再結集したサンウルブズファンの声。ラグビー日本代表戦で、チームもファンも存在感多羅正崇6/16(水) 12:33
  6. 6
    東京五輪の野球韓国代表が決定 呉昇桓、秋信守は選出されず室井昌也6/16(水) 11:35
  7. 7
    日本一はどこか、ドラフト候補の活躍は――第46回社会人野球日本選手権大会の組み合わせが決まる横尾弘一6/16(水) 0:44
  8. 8
    ホークス三軍戦で東浜巨、武田翔太の豪華リレー! 牧原大成は復帰戦でいきなり本塁打田尻耕太郎6/16(水) 16:10
  9. 9
    オールスター・ゲームのファン投票・中間発表。大谷翔平はDHトップだが、意外(?)にも全選手の9位宇根夏樹6/15(火) 5:23
  10. 10
    佐野慈紀氏が侍ジャパンに“リリーフ”藤浪晋太郎を推す理由とは?菊地慶剛6/15(火) 17:54