開幕したJリーグ。サッカー競技の進歩発展に貢献するサッカーに期待する

(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 Jリーグが開幕した。川崎フロンターレの2連覇なるか。通常の2.5枠から4枠となった降格争いが大きな話題として取り上げられている。

 金曜日に行われた開幕ゲームでは、その川崎が横浜Fマリノスと対戦。2-0のスコアで勝利を収め、2連覇に向け幸先よいスタートを切った。

 昨年の開幕前は、横浜Fマリノスの2連覇なるかに関心が集まっていた。2019年シーズン。アンジェ・ポステコグルー監督率いる横浜FMは、夏場からぐんぐんと成績を上げ、Jリーグ覇者に輝いた。

 2017、2018シーズンに続き3連覇を狙った川崎は、その横浜FMに勝ち点10差をつけられ4位に沈んだ。

 パスワークに優れた攻撃的サッカー。Jリーグにあって最も魅力的と言われた川崎を、2019年の横浜FMは、成績の上でも、内容の上でも凌駕するサッカーを見せた。川崎から文字通り盟主の座を奪う格好になった。

 だが、横浜FMの栄華は、わずかその1年で終焉を迎えた。昨季の成績は9位。優勝した川崎との勝ち点差は36にまで開いた。

 川崎対横浜FM。言わずと知れた神奈川ダービーだが、現地が特段、盛り上がっているようには見えなかった。東京都在住者に、その熱気は伝わってこないのだ。両市の関係が歴史的に見てどうなのか定かではないが、たとえ憎み合う関係になかったとしても、両者は成績のみならず、サッカーの中身的にも、ライバル関係にある。ダービー色は、なぜもっと前面に出てこないのか。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2021年2月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2021年2月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    マスターズ制覇の松山英樹は、なぜ震える2度の瞬間を乗り切ることができたのか舩越園子4/12(月) 11:00
  2. 2
    初めて牽制でアウトになった試合で「連続盗塁の最長記録」を樹立する。デビューから失敗なしで28盗塁宇根夏樹4/12(月) 9:15
  3. 3
    開幕からソトとオースティンがいれば12得点増え、DeNA打線はセリーグ最強だった小中翔太4/12(月) 14:52
  4. 4
    通算131本塁打の吉村裕基は火の国サラマンダーズで今も現役!「選手兼任」でコーチを続ける理由田尻耕太郎4/12(月) 9:08
  5. 5
    大谷翔平の50本塁打は「日本人選手の最速」にとどまらず、他の選手と比べても速い!?宇根夏樹4/11(日) 11:06
  6. 6
    マスターズ3日目、2位に4打差の単独首位に立つまでに松山英樹が見事に使い分けたもの舩越園子4/11(日) 10:02
  7. 7
    NBAのアリーナと比べても遜色なし。足を運べばその良さを体感できる沖縄アリーナ青木崇4/11(日) 23:08
  8. 8
    「1試合3本塁打以上」を3度とも違うチームで記録は、かなり珍しい!?宇根夏樹4/12(月) 15:04
  9. 9
    「高校生からすでに世界クラスだった」 戦って感じた那須川天心のボクシングの実力とは木村悠4/11(日) 7:00
  10. 10
    全勝・神戸製鋼をあと一歩まで追い詰めたNTTドコモがプレーオフトーナメントでも台風の目になる菊地慶剛4/12(月) 16:17