サッカー界。今夏の注目は五輪より断然ユーロ。日本はいま欧州を席巻する小国3チームに学べ

(写真:ロイター/アフロ)

 現在F I F A ランキングで首位に立っているのはベルギーだ。2018年9月に首位の座に就いて以来、その座を3年半、守り続けている。ユーロ2016ベスト8。2018年ロシアW杯3位。世界的な大会を制したことはまだないが、平素、コンスタントにポイントを稼いる。ベルギーサッカー史上、最も華々しい時代を迎えていると言っていいだろう。

 とは言っても、昨年6月に開催されるはずだったユーロ2020は1年延期された。対戦データの絶対量は、乏しい状態にある。暫定首位と言ったところか。

 2020年夏に開催される予定が、1年延期された状態にあるのは東京五輪も同じだ。ユーロと東京五輪。ユーロの総チケット枚数が約250万枚強と言われるのに対し、東京五輪は少なくとも780万枚以上。東京五輪のスケールはユーロの3倍以上に及ぶ。

 世界的な視点で言うならば、ユーロが無観客で行われれば、その3倍以上のスケールで行われる東京五輪を有人で行うという選択肢は、必然的に低下する。さらに、もしユーロ2020が中止になれば、東京2020が中止となることの妥当性は増す。今年開催予定のこの2つのビッグイベントは、少なからず影響を及ぼしあう関係にある。

 ユーロ2020は、通常の1ヶ国開催とは異なり、欧州各都市(12ヶ国12会場)が舞台になる。次回ユーロ2024は再び1ヶ国開催(ドイツ)に戻る。ユーロが国単位で行われてきたイベントであるのに対し、五輪は都市開催を貫いている。サッカーはW杯も国単位だ。五輪だけがなぜ都市単位なのか。五輪が1都市の開催能力を超えるスケールに肥大している点は、見逃すことができない問題になる。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2021年2月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2021年2月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    大谷翔平の50本塁打は「日本人選手の最速」にとどまらず、他の選手と比べても速い!?宇根夏樹4/11(日) 11:06
  2. 2
    「高校生からすでに世界クラスだった」 戦って感じた那須川天心のボクシングの実力とは木村悠4/11(日) 7:00
  3. 3
    間も無くゴング! 26戦全勝24KOのウエルター級vs.元IBFスーパーライト級王者林壮一4/11(日) 0:01
  4. 4
    【桜花賞展望】白毛ソダシの完成度、横山典vs武の親子対決、血統馬の伸びしろに注目花岡貴子4/11(日) 10:52
  5. 5
    ここ2度のノーヒッターは、どちらも同じ捕手がマスクをかぶっていた。これは「偶然じゃない」!?宇根夏樹4/11(日) 8:00
  6. 6
    マスターズ3日目、2位に4打差の単独首位に立つまでに松山英樹が見事に使い分けたもの舩越園子4/11(日) 10:02
  7. 7
    ボクシング界の新星ジャパニーズタイソン佐々木尽「これからスターになる俺をみとけ」木村悠4/9(金) 7:00
  8. 8
    大谷翔平の「100-100」は、他に誰が記録している!? 同じ試合で投球も打球も100マイル以上宇根夏樹4/6(火) 8:12
  9. 9
    九州独立・火の国と、将来のNPB参入目指す琉球が交流戦。9回2死無走者から3点差追いつく大接戦田尻耕太郎4/11(日) 7:45
  10. 10
    「打順1~4番でホームランを打った先発投手」は、ベーブ・ルースと大谷翔平と…日本でも知られるあの選手宇根夏樹4/6(火) 11:02