“ファイナリスト”への道険し。欧州組増加も喜べぬ、日本サッカー界が憂慮すべき誤算

11-12CL決勝。ウェンブリーのスタンドに設置された表彰台に向かう宇佐美貴史

 リバプール対アトレティコ・マドリー戦が劇的な展開だっただけにチャンピオンズリーグ(CL)の中断は惜しまれる。しかし、アンフィールドで行われたその第2戦を振り返るならば、こちらの観戦モードは、延長後半8分、南野拓実が出場したことにより一転することになった。

 瞬間、日本人であることを意識してしまった。大舞台に日本人選手が立つ姿を見て、誇らしい気持ちになったものだが、複雑な思いも去来した。

 近年、日本人の海外組は急増。日本代表の7~8割を占めるに至っているが、一方でチャンピオンズリーガーの数は伸び悩んでいる。片手で数えられる範囲からこぼれることがない状態だ。

 今季も南野(ザルツブルク、リバプール)、奥川雅也(ザルツブルグ)、長友佑都(ガラタサライ)、伊東純也(ゲンク)の4人に終わった。しかもリバプールに移籍した南野以外は、すべてグループリーグで終わっている。日本人選手のほとんどは、欧州サッカーの中心から離れた位置でプレーしていることになる。

 そうした現実が浮き彫りになった瞬間でもあった。日本人選手のレベルは本当に上がっているのか。南野が登場する姿を見ると、むしろ懐疑的になるのだった。CLを、国別対抗戦で争われるW杯の組替え戦と位置づけるならば、日本は、その決勝トーナメント1回戦に、もう何人か送り込んでいなくてはバランスが取れない。

 延長後半8分と言えば、先発選手の多くに疲れが見えている状態だ。南野の動きはその分もあったのか、際立って軽快に見えた。2つほど惜しいシーンも作り出したが、それをもって活躍したと評価することはできない。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2020年3月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2020年3月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    「人とすれ違うのも怖かった」南アW杯の“戦犯”と呼ばれた駒野友一が明かす10年前の真実元川悦子6/5(金) 10:00
  2. 2
    アーモンドアイの父・ロードカナロアの安田記念が1分31秒5の苦痛だった理由平松さとし6/5(金) 6:30
  3. 3
    クライフの「ドリームチーム2」はなぜ破綻した?伝説の終焉に見えるバルサの本質小宮良之6/5(金) 12:00
  4. 4
    「ボクシングが戻ってくる」米大手プロモーターが仕掛ける無観客興行シリーズの内幕杉浦大介6/5(金) 9:00
  5. 5
    ウッズ悲痛「一線を越えてしまった、、、」。人種差別問題に声を上げた米ゴルフ界の反応舩越園子6/5(金) 15:18
  6. 6
    NBAがシーズン再開案を承認した日に発表したMLB選手会声明の悲しすぎる中身菊地慶剛6/5(金) 12:26
  7. 7
    LGの30歳右腕、7回無失点11Kの快投/安田権守(トゥサン)はファームへ<韓国KBOリーグ>室井昌也6/4(木) 22:42
  8. 8
    落合博満のホームラン論その2「三冠王獲りに駆り立てたのはブーマー・ウェルズの存在」横尾弘一6/2(火) 12:00
  9. 9
    落合博満のホームラン論その3「もっと頭を使い切れば、60~70本は打てた」横尾弘一6/3(水) 12:00
  10. 10
    ギャルファー金田久美子が現役を続ける理由 ウッズの記録に並んだ「天才少女」の今金明昱6/3(水) 10:00