4-3-3化が進むJリーグ。気になるピッチの4箇所で発生するウイング対SBの関係

期待感を抱かせるピーター・クラモフスキー(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 FC東京、川崎フロンターレ、サガン鳥栖は、今季布陣を4-3-3に代えてJリーグの戦いに臨んでいる。3-2-2-2が予想されたヴィッセル神戸もACLに続きJ1の初戦でも4-3-3を使用した。さらに、横浜F・マリノス、清水エスパルス、横浜FCも、ウイングプレーヤーをフィーチャーした4-2-3-1を使用する。

 昨季、横浜FMがJ1を制し、そこで右ウイングとしてプレーした仲川輝人がMVPに輝いた。その波及効果だと思われるが、遅まきながらと言うべきか、それまでけっして攻撃的ではなかったJリーグのサッカーに、潮目の変化が訪れているように見える。

 ウイングをフィーチャーすれば、サイドアタッカーは明確に2人となる。同じスタイルのチーム同士が戦えば、ウイング対サイドバック(SB)の構図が、片側2箇所、両サイドで計4箇所発生する。サッカーを観戦する上でこれは肝になる点だ。

 4-3-3はその昔、オランダサッカーやその流れを汲むバルセロナの定番だった。攻撃的サッカーを代表する布陣とされたが、全世界的な流れとはならなかった。当時のサッカーの傾向が守備的だったこともあるが、4-3-3はよく言えばカリスマ性のある奇特な、悪く言えば能天気で非現実的なサッカーとされていた。

 そうした中でSBは年々攻撃的になっていった。専守防衛が主な任務で、マイボールに転じてもセンターバックと共に最終ラインを形成したこれまでから、立ち位置を上げ、攻め上がりの回数を増やしていった。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2020年2月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    間もなくに迫った4月8日が調教師・鹿戸雄一にとって特別な日である理由とは 平松さとし4/2(木) 6:30
  2. 2
    バルサはラウタロを獲得するのか?メッシとスアレスが求めるラストピース。 森田泰史4/2(木) 7:32
  3. 3
    各球団の最年長と最年少。NPB最年長は福留孝介だが、チームメイトのなかで突出しているのは… 宇根夏樹4/2(木) 7:54
  4. 4
    「もう1周!」 あの距離錯誤を犯した若手騎手の現在と当時の真相を明らかにする 平松さとし4/1(水) 6:30
  5. 5
    【4月2日のMLB】1097試合目の初盗塁、最年少で300本塁打、ダルビッシュがあわや完全試合 宇根夏樹4/2(木) 7:00
  6. 6
    米ツアー再開されたなら「出場者数アップ」「1週間2試合」「仮払い金」という選手救済策がすばらしい 舩越園子4/2(木) 14:05
  7. 7
    東京五輪延期。ツール・ド・フランスはどうなる? 宮本あさか4/2(木) 0:53
  8. 8
    “3密”は回避不可能? 不測の事態を迎えているからこそ真剣に考えるべき取材体制のあり方 菊地慶剛4/1(水) 12:04
  9. 9
    ゴルフ界とNFLが夢の最強タッグを結成!タイガー、ミケルソン、ブレイディ、ペイトンがゴルフで対決 三尾圭4/2(木) 10:46
  10. 10
    大阪エヴェッサでBリーグ選手初の感染者が! チーム内でクラスター発生の疑いも明らかに 菊地慶剛4/2(木) 16:43