日本代表監督。過去の解任騒動に見る傾向と森保Jの関係

(写真:ロイター/アフロ)

 森保監督への逆風。引き金になったのは、昨年12月に行われたE1選手権対韓国戦の敗戦だった。この段階では「このままでは4年持たないのではないか。心配だ」と述べるに止めたのは筆者だが、巷にはそれ以上に敏感な反応を示した人も多くいた。解任の声は湧き始めていた。グループリーグ最下位に終わったU-23アジア選手権を経て強まることになった解任論だが、この時すでに抑えは効かない状態になっていた。

 歴代の監督も韓国戦を鬼門にしていた。古くは加茂周監督だ。98年フランスW杯最終予選。韓国とのホーム戦(第1戦)は全8戦中3戦目で、加茂監督は1勝1分けで迎えたその一戦に敗れると危うい立場に追い込まれた。続くカザフスタンとのアウェー戦で引き分けると、即座に解任劇へと発展した。

 2010年南アW杯を目指した岡田武史監督も、その出発直前に行われた韓国戦に敗れるとドタバタ劇に発展した。その試合後、岡田監督は犬飼会長に進退伺いを出した。会見で辞任をほのめかしたが、翌日それを撤回。岡田ジャパンは混乱渦巻く中、南アW杯に向け旅立って行った。

 2018年ロシアW杯を目指したハリルホジッチも、その半年前に行われたE1選手権で韓国に大敗(1-4)。その3か月後に解任されたことは記憶に新しい。

 加茂、岡田、ハリルホジッチ、そして森保監督。98年以降、W杯を目指す戦いは2020年カタールW杯で7度目になるが、韓国戦で躓き、解任論に発展したケースは4度を数える。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2020年1月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    愛妻を亡くしながらも息子の騎手デビューを前に懸命に立ち直ろうとする元騎手の話 平松さとし2/19(水) 6:30
  2. 2
    日本人メジャーリーガーの背番号は、前田健太と菊池雄星も背負う「18」が歴代最多。「4」は秋山翔吾が初 宇根夏樹2/19(水) 8:57
  3. 3
    続編 NBA選手が射殺されて間もなく10年…… 林壮一2/19(水) 0:01
  4. 4
    早くも韓国女子ゴルファーたちの競争が激化…東京五輪に最も近いのは誰か 慎武宏2/19(水) 7:16
  5. 5
    大物と抱き合わせて「契約が残るベテラン」を放出したのに、今度は別の「契約が残るベテラン」を獲得!? 宇根夏樹2/19(水) 17:22
  6. 6
    「飛ばないボール」で本塁打42%減の韓国 東京オリンピック4番候補の対策とは? 室井昌也2/19(水) 11:28
  7. 7
    男子バレー日本代表登録27人を発表。石川祐希「覚悟を持って、最高のパフォーマンスを」 田中夕子2/19(水) 18:43
  8. 8
    プロゴルフ界も「産休」「育休」の時代!?マタニティ、パタニティで出場資格を1年先延ばし! 舩越園子2/19(水) 15:22
  9. 9
    新型コロナウイルスでも東京オリンピック・パラリンピックは開催できるのか。ジカ熱とリオ大会から。 谷口輝世子2/18(火) 7:19
  10. 10
    サイン盗み問題に納得できていない選手たちを更に憤慨させたコミッショナーの問題発言とは 菊地慶剛2/19(水) 12:05