日本代表監督。過去の解任騒動に見る傾向と森保Jの関係

(写真:ロイター/アフロ)

 森保監督への逆風。引き金になったのは、昨年12月に行われたE1選手権対韓国戦の敗戦だった。この段階では「このままでは4年持たないのではないか。心配だ」と述べるに止めたのは筆者だが、巷にはそれ以上に敏感な反応を示した人も多くいた。解任の声は湧き始めていた。グループリーグ最下位に終わったU-23アジア選手権を経て強まることになった解任論だが、この時すでに抑えは効かない状態になっていた。

 歴代の監督も韓国戦を鬼門にしていた。古くは加茂周監督だ。98年フランスW杯最終予選。韓国とのホーム戦(第1戦)は全8戦中3戦目で、加茂監督は1勝1分けで迎えたその一戦に敗れると危うい立場に追い込まれた。続くカザフスタンとのアウェー戦で引き分けると、即座に解任劇へと発展した。

 2010年南アW杯を目指した岡田武史監督も、その出発直前に行われた韓国戦に敗れるとドタバタ劇に発展した。その試合後、岡田監督は犬飼会長に進退伺いを出した。会見で辞任をほのめかしたが、翌日それを撤回。岡田ジャパンは混乱渦巻く中、南アW杯に向け旅立って行った。

 2018年ロシアW杯を目指したハリルホジッチも、その半年前に行われたE1選手権で韓国に大敗(1-4)。その3か月後に解任されたことは記憶に新しい。

 加茂、岡田、ハリルホジッチ、そして森保監督。98年以降、W杯を目指す戦いは2020年カタールW杯で7度目になるが、韓国戦で躓き、解任論に発展したケースは4度を数える。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2020年1月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    命日に:8年前に永眠したスター王者の「狂った人生」林壮一5/27(水) 0:01
  2. 2
    まったく同じ日に生まれた2人がどちらも400本塁打以上&殿堂入り…【5月27日のMLB】宇根夏樹5/27(水) 6:30
  3. 3
    高校野球黄金時代を振り返る!   第4章  旋風を巻き起こしたチーム(その2)森本栄浩5/27(水) 13:45
  4. 4
    侍・稲葉監督も注視した新エース左腕が3勝目 0点台防御率をキープ<韓国KBOリーグ>室井昌也5/26(火) 22:14
  5. 5
    「いまKリーグで最も危険なFW」は元Jリーガー。北朝鮮代表FW安柄俊、3試合連続ゴールの衝撃金明昱5/27(水) 16:30
  6. 6
    井上尚弥戦で番狂わせを狙うカシメロ陣営のプロモーターはパッキアオで成り上がった?三浦勝夫5/27(水) 11:08
  7. 7
    ウオッカの日本ダービーは本当に牝馬による64年ぶりの優勝劇だったのか?!平松さとし5/27(水) 6:30
  8. 8
    ヒクソン・グレイシーvs.船木誠勝、20年目の真実。両者の証言から考察する世紀の一戦の勝敗の分かれ目近藤隆夫5/26(火) 9:38
  9. 9
    伊達公子に錦織圭――歴代テニス選手が足を運んだ、マンハッタン島の中の温かく優しい『日本』内田暁5/26(火) 23:11
  10. 10
    Bリーグの大河正明チェアマン辞任。その理由と野宮拓弁護士が説明した後任選考のプロセスとは?青木崇5/26(火) 23:46