森保J。選手に求めるユーティリティ性が監督采配に欠けているという皮肉

(写真:ロイター/アフロ)

 E1選手権対韓国戦。スコアは0-1だったが、内容は惨敗だった。韓国に敗れ優勝を逃す。東京で開催された前回大会(2017年)とこれは同じパターンだ。日本代表(ハリルジャパン)は北朝鮮(第1戦)、中国(第2戦)に連勝したものの第3戦の韓国に敗戦。スコアは1-4で、ハリルホジッチはこの惨敗が引き金となり解任の憂き目にあった。

 日韓戦の熱はかつてほどではなくなっているとはいえ、日本の世論は韓国に敗れると動きやすい。今回もそうしたムードを若干感じる。「解任!」とまではいかないが、これまで出なかった(ように見えた)批判が、聞かれるようになっている。スコアがもし0-1ではなく、それ以上、開いていたらどうなっていただろうか。実際、その0-1は0-0より0-2、1-3に近い、最悪1-4もあったかもしれないという内容だった。森保監督は命拾いをしたという見方もできる。

 タラレバ話を続ければ2年前、韓国に敗れたスコアが1-4ではなく0-1だったら、ハリルホジッチは解任されていただろうか。西野ジャパンは誕生していただろうか。ロシアW杯のベスト16はあっただろうか。

 1-4という結果は分かりやすいが、0-1は分かりにくい。本質はスコアより内容にありーーと言いたくなる。現在の状況をもう少し深刻に捉えるべきではないだろうか。

 敗戦の中に大きな成果が見て取れたなら話は別だ。森保監督はやりたいことをどれほど実現できたのか、振り返りたくなるのは、今月4日に行われたそのメンバー発表記者会見だ。

 森保監督はそこでこう述べている。

「3バックも4バックもできるようにシミュレーションしています。ディフェンスと中盤、中盤とサイド、ディフェンスとサイドだったり、シャドーや攻撃的な中盤もできる1つのポジションだけではなく複数のポジションができる選手が揃っていると思いますので、そうした可能性を探りながら準備したいと思います」

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年12月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2019年12月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ダントツのシーズン防御率。「2位とほぼ1点差」の投手や「リーグで1人だけ防御率X点台」宇根夏樹6/1(月) 7:00
  2. 2
    落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」横尾弘一6/1(月) 12:00
  3. 3
    WBSS準優勝者が語るファイトマネーとの付き合い方「破産するボクサーにはならない」杉浦大介6/1(月) 9:00
  4. 4
    NBA3連覇を成し遂げたFWが語る「声なき黒人の死」林壮一6/1(月) 0:01
  5. 5
    四国からなでしこリーグ1部初参戦!「ボールを大切にする」サッカーで、“愛媛旋風”は巻き起こるか?松原渓6/1(月) 8:00
  6. 6
    ロナウド超えの移籍金で“損切り”…インテル、愛憎劇の末のイカルディ放出に「安堵のため息」中村大晃6/1(月) 17:33
  7. 7
    30球団で唯一ノーヒッター達成が一度もないのは◆兄弟最多勝の更新…【6月1日のMLB】宇根夏樹6/1(月) 6:30
  8. 8
    白人警官に殺された黒人ラッパーの親友、元NBA王者のスティーブン・ジャクソンが人種差別撤廃を訴える三尾圭5/29(金) 15:16
  9. 9
    「くノ一スタイル」が今年もなでしこリーグを盛り上げる。自粛下も“走力維持”でスタートダッシュを目指す松原渓5/31(日) 8:00
  10. 10
    日本バドミントン、ガイドライン策定で再始動へ 代表は19日から合宿平野貴也6/1(月) 7:00