U-22に招集された久保、堂安とシドニー五輪に出場した中田英寿との関係性

シドニー五輪準々決勝対アメリカ(写真:青木紘二/アフロスポーツ)

 ブラジルで開催されているU-17W杯。グループリーグを首位で通過した日本U-17は、決勝トーナメント1回戦でメキシコに0-2で敗れ、ベスト8入りを逃した。

 この結果について語ろうとした際に必要なのは、このU-17W杯の主旨や概念だ。W杯。世界一決定戦とはいえ、言わずと知れたアンダーカテゴリー(年齢別)の大会である。

 大会の最大の目的は、サッカーの普及発展だ。当初はU-◯世界選手権と呼ばれていたが、その後、W杯=ワールドカップに名称が変更されたことで大会の格式もグレードアップ。結果に重みが増すことになった。しかしレギュレーションに目を通せば、世界一決定戦に相応しい仕組みになっていないことが判る。

 A代表のW杯=ワールドカップと出場枠を比較すれば、一目瞭然だ。世界で最もレベルの高い欧州地区の本大会出場枠は24枠中5枠。対してW杯、たとえばロシア大会における欧州の出場枠は32枠中13枠(+開催国ロシア)だった。一方、アジア地区はロシアW杯が4.5枠でU-17W杯が4。オセアニアに至っては、ロシアW杯が0.5枠でU-17は2枠と逆に大きく増大している。

 欧州が枠を極端に減らされ、その分を後進地域が分け合っている格好だ。サッカーの普及発展というコンセプトは、この出場枠に如実に反映されているのである。クラブサッカーが発達し、選手が育つ環境が整っている先進地域の欧州に、無言で遠慮を求めている大会。一言でいえばそうなる。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーの定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

商品名

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事

杉山茂樹

価格

月額550円(初月無料)

月4回程度

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    新庄剛志の「もう一回、プロ野球選手になる」は無謀な挑戦か? 三尾圭11/15(金) 11:18
  2. 2
    それぞれのプロ野球トライアウト―横山貴明(元楽天)、長谷川潤(元巨人)、寺田光輝(横浜DeNA) 土井麻由実11/15(金) 11:30
  3. 3
    なぜ日本は「格下」のキルギスに苦戦したのか? ピッチの問題では済まされないアジアの環境変化 宇都宮徹壱11/15(金) 12:05
  4. 4
    2度目のトライアウトを終え「中日にも感謝、阪神にも感謝」と森越祐人選手 岡本育子11/14(木) 20:45
  5. 5
    これぞ“最終戦男”の面目躍如! フェデラー、男子テニス・ATPファイナルズで16回目のベスト4進出! 神仁司11/15(金) 11:42
  6. 6
    「2010年代最高の打者」はトラウトで決まりだが、彼に次ぐ2番目は誰? 宇根夏樹11/14(木) 0:01
  7. 7
    【プレミア12】日韓戦を前に、韓国代表28選手にキャッチコピーをつけてみた 室井昌也11/15(金) 18:07
  8. 8
    「2010年代最高の投手」はシャーザー? カーショウ? どちらもサイ・ヤング賞は3度 宇根夏樹11/14(木) 15:58
  9. 9
    苦戦の原因はアジアカップ決勝の敗因を忘れた森保監督の采配にあり【キルギス戦出場選手採点&寸評】 中山淳11/15(金) 20:30
  10. 10
    国内リーグ、インフラ、そして育成 未知の国・キルギスのサッカー事情 宇都宮徹壱11/14(木) 15:00