2022年を見据えた川島、吉田、大迫、長友と森保監督の戦い(?)が面白い

2022年カタールW杯を32歳で迎えるエースの大迫(写真:アフロ)

 先日発表された日本代表の新メンバーを眺めたとき、気になる存在として挙げたくなるのは次の4人だ。

 川島永嗣(ストラスブール)、吉田麻也(サウサンプトン)、大迫勇也(ブレーメン)、長友佑都(ガラタサライ)。

 サッカーをするのに年齢は関係ない。これは事実。選手の寿命も年々延びる一方だ。しかし代表チームは、4年に1度のW杯を節目に動いていているので、ベテラン選手には、次回のW杯までやれそうなのかどうか、現状とは別の視点を向けられることになる。年齢はそうしたときのひとつの物差しになる。

 節目は30歳という年齢だ。それを超えるほど危険値は高まっていく。選手の寿命は延びているので、30歳を過ぎたばかりの選手に、急な落ち込みは見られにくいが、32、33となるとだいぶ怪しくなる。

 35でもなお大丈夫そうな選手は、確率的にチームに1人いるかどうかだ。そのあたりが代表級の選手のおおよその限界値になる。

 そうした中で少し別次元にいるのはGKだ。フィールドプレーヤーの30歳は、GKに置き換えると33、34に見える。現在36歳の川島永嗣はどうなのか。3年後のカタールW杯開催時は39歳。一般論で言えば限界値に近い年齢を迎えている選手を、森保監督はいまあえて選出している。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年8月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2019年8月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    WBA/IBFスーパーウエルター級新チャンピオン誕生 林壮一1/20(月) 0:01
  2. 2
    配球チャートや投手の映像の分析を間違っていないか【落合博満の視点vol.10】 横尾弘一1/20(月) 0:30
  3. 3
    ワイルダーvsフューリー再戦に不穏な予感…。「英国誌のフューリー勝利」予想を紐解く 三浦勝夫1/20(月) 10:03
  4. 4
    「金メダル!」に重みなし。五輪男子サッカー。優先権が海外組より国内組にある本来の理由 杉山茂樹1/20(月) 17:40
  5. 5
    【今年達成されそうな記録/投手編】藤川球児は250セーブと800登板へ。どちらも達成すると史上2人目 宇根夏樹1/20(月) 10:56
  6. 6
    今年こそ1軍の舞台へ―片山雄哉(阪神タイガース)がルーキーイヤーにつかんだもの 土井麻由実1/20(月) 11:30
  7. 7
    38歳トンプソン ルーク日本最後の試合。「言葉にならない」言葉とは。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也1/20(月) 6:00
  8. 8
    さて問題です。メジャーリーグ球場が人工芝の手入れに使う市販の生活用品は何でしょうか? 谷口輝世子1/20(月) 11:57
  9. 9
    ジーターの殿堂入りは間違いないが、それを祝福しない殿堂選手もいる!? 宇根夏樹1/19(日) 16:36
  10. 10
    物理マニアのバウアーも信奉、米で話題の本『The MVP Machine』で知る科学的育成 豊浦彰太郎1/20(月) 8:00