スペイン2部リーグに日本代表3人。そしてチャンピオンズリーガーは1人(?)になった

CL予選3回戦で敗れ、チャンピオンズリーガーになれなかった中島翔哉(FCポルト)(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

 ハリルホジッチは4年前のちょうど今ごろ、シーズンが始まっても所属先が決まらずにいる川島永嗣を「ゲーム勘に乏しいから」と、W杯アジア2次予選に臨む日本代表に招集しなかった。GKというポジションの特殊性とも関連するが、日本代表選手の所属先が、新シーズンが開幕してもなお決まらない例は、川島が初めてだったと記憶する。

 それから4年。今回、危なそうに見えたのは香川真司だった。日本代表に継続して選ばれている選手の中で、その所属先は最後まで決まらなかった。

 昨季、ドルトムント(ドイツ)では事実上の戦力外。今年1月にレンタル移籍したベシクタシュ(トルコ)でも、リーグ戦のスタメン出場は4回に終わる。総出場時間は549時間。結局ベシクタシュは、ドルトムントが要求する金額で香川を買い取ることを嫌った。

 ドルトムント、あるいはかつて所属していたマンチェスター・ユナイテッドの現在を、チャンピオンズリーグ(CL)のベスト8~16級のチームとすれば、長友佑都が所属するガラタサライは16~24級で、ベシクタシュはよく言って24~32級となる。

 現在、香川は30歳。サッカー選手が最も脂の乗っているとされる年齢だ。クラブのレベルでもキャリアハイを迎えていても不思議はない。香川としては、何とかベシクタシュレベルのクラブに止まりたかったはずだ。

 ところが今回、合意に達したのは、昨季スペインリーグ2部で15位に終わったレアル・サラゴサで、優に「100」を超えてしまうクラブだった。今季、岡崎慎司が移籍したマラガ、柴崎岳が移籍したデポルティーボもスペイン2部ながら、昨季はともに昇格プレーオフを戦っている。スペイン2部と一口に言っても、こちらは1部に近いグループだ。

「スペインは子供の頃からプレーすることを夢見ていた場所」と、香川はサラゴサへの入団に満足するコメントを残したそうだが、サラゴサ移籍は急降下を意味する。居場所をここまでランクダウンさせた選手も珍しい。これが33歳の本田圭佑の移籍なら、すんなり受け入れられる話になるのだが。

 代表チームから引退を表明している本田と違い、香川は33歳で迎える2022年カタールW杯を目指すつもりでいるらしい。

 しかし、前回のロシア大会でさえメンバー入りは危うかったほどだ。代表監督がハリルホジッチから西野さんに交代しなければ、最終メンバーから落選していた可能性は高い。

 香川のピークはドルトムントに移籍した最初のシーズン(2010~11)だろう。マンUに移籍した2012-13シーズンには、すでにポテンシャル的に伸び悩んでいた。選手としての頂点が21~22歳の時に訪れた早熟型。日本代表選手としてのキャップは97試合あるが、これは凄い! と唸らせるようなプレーを見せた試合は記憶にない。日本代表への貢献度という点では、本田の方が断然上になる。

 嬉しい誤算はロシアW杯だった。香川はこちらの予想を上回るプレーを見せた。日本のベスト16入りを語ろうとした時、真っ先に挙げたくなる原因だ。しかし、香川はその流れで欧州の新シーズンを迎えることができなかった。ドルトムント内での優先順位は低いままだった。

 真ん中付近しか出来ないプレーの幅の狭さ。つまり多機能的ではないところ。フォワードなのか、中盤なのか。俊敏さ以外、具体的なセールスポイントが分かりにくいところ。背番号10。代表キャップも100に迫ろうというのに、中心選手らしい雰囲気がないところーー等々が、伸び悩んだ原因ではないかと思われる。

 対照的な特徴を備えていたのは本田だ。プレーの幅の狭い香川を、本田の多機能性が補っていたという構図だった。特にザックジャパン時代はそんな感じだった。

 つまり、欲しい人材は2人を足して2で割った「香川+本田÷2」的な選手だ。こじつけるわけではないが、久保建英はまさにそれだ。これに加えてドリブル力が盛り込まれている印象だ。成長の妨げになりそうな臭みが久保には見当たらない。将来有望。とはいえ、久保はまだ18歳だ。右肩上がりの世界が待ち構えているとは限らない。

 その久保は今季、レアル・マドリード・カスティージャ(スペイン3部)でプレーすることになった。昨年のビニシウスのようにシーズン途中、そこからトップチームに昇格した例もあるが、可能性はけっして高いとは言えない。

 バルセロナBに所属する安部裕葵しかり。香川が抱える問題がスッキリと整理されているようなプレーをするこの選手は現在20歳。久保より2歳年上だ。選手としての将来はその分だけ見えてきている。久保同様、近い将来トップチームでプレーして欲しいが、最低でもCL級のチームに止まり、チャンピオンズリーガーとして活躍してもらいたい。

 2019-20シーズンのCL予選3回戦で、中島翔哉が所属するFCポルトは、クラスノダール(ロシア)に敗退。中島はチャンピオンズリーガーになり損ねた。昨季はその数は3人だった。長友(ガラタサライ)、ドルトムントで1試合交代出場した香川、そしてCSKAモスクワの西村拓真も同様に1試合交代出場しているが、今季はどうやらその数が、長友1人に減りそうだ。

 欧州でプレーする選手の数は増加の一途を辿る。無数と言いたくなるほど膨れあがっているが、チャンピオンズリーガーの数は減るばかり。瀕死の状態にある。

 その数は、選手のキャリアを示すものとして代表チームのキャップ数より重い存在だ。香川の33試合を筆頭に、内田篤人の29試合、中村俊輔の17試合、長友佑都の15試合、本田圭佑の11試合、小野伸二の9試合、岡崎慎司、稲本潤一の7試合、長谷部誠の6試合と続くが、出場経験者は、現在の代表選手(6月に行われたトリニダード・トバゴ戦、エルサルバドル戦で招集された選手)の中では長友、香川に限られる。

 久保が一瞬、レアル・マドリードのトップチームでプレーしたことで、このプレシーズン、日本のサッカー界は大いに湧いた。しかし、チャンピオンズリーガーの数を見れば、低調であることは一目瞭然。トップのレベルは昔より落ちていると言わざるを得ない。

 その数をいかに増やすか。その国の代表チームの力はチャンピオンズリーガーの数に比例する。忘れてはいけない真実である。

 

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

有料ニュースの定期購読

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    なぜ男子バレーは8勝できたのか~ワールドカップバレー2019を終え~  市川忍10/16(水) 12:00
  2. 2
    【韓国W杯予選】平壌遠征から韓国選手団が帰国。異例の無観客試合に「まるで戦争」「韓国でやり返す」 吉崎エイジーニョ10/17(木) 9:17
  3. 3
    アルゼンチン人コーチが語る「日本代表は悪くない内容。でも、気になったのはピッチ」 林壮一10/17(木) 0:01
  4. 4
    4勝0敗でリーグ優勝すると、ワールドシリーズで勝てない!? ナショナルズには不吉なデータ 宇根夏樹10/17(木) 0:01
  5. 5
    タジキスタン戦で森保ジャパンが苦戦した根本的な原因【タジキスタン戦出場選手採点&寸評】 中山淳10/16(水) 21:00
  6. 6
    雨天順延により、田中将大の登板が第5戦から第4戦になるのは、ヤンキースにとって「天の恵み」なのか 宇根夏樹10/17(木) 11:37
  7. 7
    韓国でラグビーW杯日本代表・具智元の活躍はなぜ報じられないのか。韓国記者が語った衝撃の理由 金明昱10/13(日) 8:27
  8. 8
    徳島、栃木を下し3度目の日本独立リーグ制覇!エース竹内裕太『野球人生の行き先』 高田博史10/16(水) 20:30
  9. 9
    30年前の10月14日、近鉄優勝! その1年前のドラマを覚えていますか?【4】 楊順行10/17(木) 0:01
  10. 10
    コピーからホンモノへ!松岡洸希、林昌勇(イム・チャンヨン)超えを誓う《2019 ドラフト候補》 土井麻由実10/17(木) 11:30