誤審問題より憂いたくなる浦和レッズの寂しすぎるサッカー

横浜Fマリノスのアンジェ・ポステコグルー監督(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 いま話題の誤審問題。去る土曜日、横浜国際日産スタジアムで行われた横浜Fマリノス対浦和レッズ戦で起きた横浜の2点目にまつわる問題だが、こう言ってはなんだが、これはありがちな誤審だ。他の原稿でも触れたが、かつてならばさほど大きな問題になっていなかったと思われる。

 VARという新しい判定システムの登場で、選手はもちろんメディアやファンまで、いまやすっかり判定にうるさくなった。検証したがり屋が増えている。「これはVARでしょ」的なノリで審判に迫ろうとする。だが、審判が頼るのは肉眼のみ。確認する武器がない。見逃しや錯覚はつきものだ。

 スタジアムには、メディア関係者を含めて、スマホやタブレットを持ち込んでいる人も多くいるので、誤審や見逃しがあれば、それはその場で即、表面化する。審判だけが素手で戦っているという印象だ。審判受難の時代と言っていい。VARが実施されるのは2021シーズンからだと聞くが、この手のトラブルはそれまでつきものと考えるべき。後を絶たないだろう。

 この試合で誤審問題についてあまり大騒ぎしたくない理由は、この件について騒ぎ過ぎると本来、それ以上に触れなければならない案件が、隅に追いやられかねないからだ。横浜対浦和戦で最初に触れなければならない点は誤審ではない。浦和が必要以上に弱いことの方がよっぽど大きな問題だ。

 予算規模でナンバーワンの座を長年にわたり維持してきたチームだ。昨年こそヴィッセル神戸に首位の座を譲ったが、Jリーグで一番のビッグクラブであることに変わりはない。しかしJ1で覇者に輝いたのは過去わずかに1度。優勝争いに加わる頻度もそう高くない。7位(2017年)、5位(2018年)と来て、さあ今年はと思いきやさっそく監督が更迭。成績も現在まで10位で、上位をうかがう勢いもない。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年7月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2019年7月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    独自の視点で選定したJ1リーグ18チームのスタジアムランキング<前編>1位に輝くスタジアムはどこだ? 杉山茂樹2/27(木) 5:59
  2. 2
    デオンテイ・ワイルダーよ、これ以上醜態を晒すな 林壮一2/27(木) 0:01
  3. 3
    「韓国には入国したくない」新型コロナでACLの日程にも影響か 慎武宏2/27(木) 10:38
  4. 4
    独自の視点で選定したJ1リーグ18チームのスタジアムランキング<後編>1位に輝いたスタジアムはここだ 杉山茂樹2/27(木) 5:59
  5. 5
    アストロズの打者がぶつけられるのは5試合で7人目。サイン盗みに対する怒りの死球!? 宇根夏樹2/27(木) 15:37
  6. 6
    早産児で生まれたヘビー級王者の劇的な半生。タイソン・フューリーが赤裸々告白 三浦勝夫2/27(木) 12:07
  7. 7
    大相撲春場所は中止か無観客開催か? 力士にとって「本場所」が持つ意味とは 飯塚さき2/27(木) 9:00
  8. 8
    「準備」を強調する藤田一也(東北楽天ゴールデンイーグルス)の確かな存在意義 土井麻由実2/27(木) 11:30
  9. 9
    【スピードスケート】史上2人目の偉業に挑む高木美帆vs V2狙う小平奈緒 ~28日、世界選手権開幕 矢内由美子2/27(木) 7:30
  10. 10
    山口俊がブルペンに回れば、いずれも日本プロ野球経験者のセットアップ・トリオが誕生する!? 宇根夏樹2/26(水) 18:18