平成サッカー負の遺産。川崎対湘南戦で見た日本の特殊性とは

(写真:松尾/アフロスポーツ)

昭和から平成へ。世界との距離は急速に接近した

 平成から令和に移ろうとしているいま、特別な感情がこみ上げているわけではないが「この30年間のサッカー」という視点に立てば、触れずにはいられない事例が多々ある。

 昭和の時代はいま振り返れば冬だった。冬であるとの認識すら持てない、閉ざされた世界の中に身を委ねていた。

 常に世界との関わりを余儀なくされているスポーツの世界では、元号を用いる機会はただでさえ少ないが、昭和から平成に入るとその傾向はさらに加速した。

 サッカーは特にそうだった。平成元年は1989年と言った方が、その背景ははるかに鮮明になる。

 西ドイツが優勝したイタリアW杯の1年前であり、オランダが優勝した欧州選手権(現ユーロ)西ドイツ大会の1年後だ。さらに個人的な取材歴を基に語れば、この1989年には、コパ・アメリカ(ブラジル大会)も開催されている。20万人近い観衆で埋め尽くされた旧マラカナスタジアムの光景は、いまだ記憶に新しい。

 当時、そこは遠い世界だった。実際の距離はいまも変わらないし、所要時間にも大きな変化がない。いま本場が近く感じられる原因は、情報を得やすくなったことと関係がある。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年4月サンプル記事

杉山茂樹

価格

540(記事4本)

2019年4月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    王者・伊藤雅雪は“厄介な挑戦者”を圧倒できるか WBO世界スーパーフェザー級タイトル戦直前プレヴュー 杉浦大介5/26(日) 6:09
  2. 2
    福岡ソフトバンクに入団するスチュワートの「計画」。ドラフト全体8位→進学→日本球界ときて、そこから… 宇根夏樹5/26(日) 17:59
  3. 3
    泥だらけの夏の甲子園8強から15年 海を渡り手にした日本人初の2軍マネージャーへの道のり 室井昌也5/26(日) 8:44
  4. 4
    世界最大級のバイク「ROCKET 3」が最高峰ファクトリーカスタムとして復活! 佐川健太郎5/25(土) 21:16
  5. 5
    錦織圭、ローランギャロス(全仏テニス)で、V字回復へのきっかけをつかむことができるか!? 神仁司5/26(日) 6:00
  6. 6
    悔しい、悔しい、サンウルブズ 松瀬学5/26(日) 10:53
  7. 7
    中量級期待の伊藤雅雪が挑戦者ヘリングに完敗 難敵だった長身のサウスポー 木村悠5/26(日) 18:44
  8. 8
    憧れを現実へと近づけたミドルクラスの冒険マシンが熱い! 佐川健太郎5/25(土) 16:47
  9. 9
    【新体操】山田愛乃、東本侑也が予選を首位通過!~第17回全日本ユースチャンピオンシップ 椎名桂子5/26(日) 6:57
  10. 10
    名選手のDNAを持つチームメイト。「殿堂選手の息子たち」に続き、こちらは「殿堂選手の孫と息子」 宇根夏樹5/26(日) 11:03