鮮明になってきた川崎Fのアキレス腱

(写真:松尾/アフロスポーツ)

 3戦して3分け。J1リーグで3連覇を狙う川崎フロンターレの勝ち点は現在3で、13位と出遅れている。開幕直前に行われたゼロックス・スーパーカップで浦和レッズに勝利した試合も、相手の低調なプレーに救われた結果と言えた。順位は徐々に上がっていくだろう。早晩、上位に名を連ねると思うが、3連覇となるとどうだろうか。

 昨年、一昨年との違いは右サイドバック(SB)にある。2年連続Jリーグベスト11に輝いたエウシーニョを放出したことが痛手になっている。

 川崎Fといえば、注目されるのはまず中盤だ。中村憲剛、家長昭博、大島僚太が川崎Fを象徴する選手になるが、チームで最も欠けては困る選手はエウシーニョだった。一見、中盤が充実したサッカーに見えたが、それは、エウシーニョと左SB車屋紳太郎の両SBが存在感を示したことで、よりよいものとして映っていた。両SBあっての中盤だった。

 今季、エウシーニョに代わって獲得した選手は2人。マギーニョと馬渡和彰だ。前者は173センチの小柄なブラジル人選手で、後者はサンフレッチェ広島から獲得した27歳の中堅選手。

 最初にスタメンを飾ったのはマギーニョ。ゼロックス・スーパーカップと開幕初戦のFC東京戦に2試合続けて先発した。しかし、いずれもプレーを90分間全うすることはなかった。途中で馬渡にポジションを譲った。そして翌、開幕第2週の鹿島アントラーズ戦から、スタメンは馬渡に変わった。マギーニョに今後、スタメンを飾る機会が頻繁に訪れるとは思えない。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年3月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2019年3月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    「プレミア12」日韓戦でもお目見えした“旭日旗”問題…韓国メディア「憂慮していた事態が起こった」 金明昱11/17(日) 15:02
  2. 2
    世界一の座をかけて今晩決勝戦のプレミア12。アメリカでの報道は? 三尾圭11/17(日) 11:16
  3. 3
    【新体操】新体操はこんなに素敵! こんなに凄い!~国士舘大学女子新体操部、多摩祭での演技を公開! 椎名桂子11/17(日) 6:24
  4. 4
    「プレミア12」日韓2連戦!今日の韓国は侍ジャパンを相手にエース温存で“消化試合”か?それとも…… 金明昱11/16(土) 15:36
  5. 5
    中村剛也は史上9人目の「500本塁打」達成者になれるのか 宇根夏樹11/16(土) 0:01
  6. 6
    ブレイクした若手をセンターに擁する球団が、秋山翔吾に興味を示しているのはなぜ? 宇根夏樹11/17(日) 16:01
  7. 7
    【プレミア12】韓国監督が故・加藤博一さん(元大洋)との写真を財布に忍ばせる理由 室井昌也11/12(火) 11:28
  8. 8
    本塁打王が二刀流に挑戦。ベーブ・ルースとは逆パターン!? 宇根夏樹11/17(日) 17:31
  9. 9
    長友佑都はキルギス戦で本当に低調だったのか?厳しく評価する前に認識したい戦術メカニズムの本質 河治良幸11/16(土) 11:57
  10. 10
    【プレミア12】韓国、点の取り合いの末、日本に敗戦 17日に決勝戦で再度激突 室井昌也11/17(日) 7:30