マンU監督を解任されたモウリーニョと森保ジャパンの接点とは

(写真:ロイター/アフロ)

 先日行われたリバプール戦に敗れると、ジョゼ・モウリーニョはマンチェスター・ユナイテッドの監督職を解かれた。前回、チェルシー監督を解任されたのも、3年前(15-16シーズン)のこの時期だった。

 任期途中の解任劇は、これを含めて過去3度。もう一回は、07~08シーズンで、第1次のチェルシー監督時代になるが、この時はシーズン早々の出来事で、成績不振が原因ではない。実際、その直後、モウリーニョは引く手あまたの状態になった。そして、その中からインテルを選択すると、09-10シーズンにはポルト時代(03-04シーズン)に続く2度目のチャンピオンズリーグ(CL)優勝監督の座に就いた。

 ポルトを欧州一に導き名を売ると、イングランドに渡り、チェルシー監督に就任。CL制覇こそならなかったが、一流監督に仲間入りを果たす。そして、インテルで2度目のCL優勝監督の座に就くと、10-11シーズン、レアル・マドリーの監督に招かれた。振り返れば、彼のこれまでのキャリアの中で、この辺りが絶頂期に相当する。

 ポルトガルのある評論家は、レアル・マドリーの監督の座に就くモウリーニョについてこう述べた。「歴史的にポルトガルを長年にわたり支配しようとしてきた敵国スペインの、その城のまさにド真ん中に入り込み、そこで采配を振るう姿は、ポルトガル人にとってこの上なく痛快な話である」と。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2018年12月サンプル記事

杉山茂樹

価格

540(記事4本)

2018年12月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    最後もやはり履正社と星稜の対決!  夏の甲子園決勝へ 森本栄浩8/21(水) 1:54
  2. 2
    レジェンド朴セリの目に映る女子ゴルフ最前線「大事なのは夢と情熱とリスペクト」 慎武宏8/21(水) 11:35
  3. 3
    コウチーニョがバイエルンに移籍。 バルサの「第三のFW」をめぐる混沌を経て輝きを取り戻す旅路へ。 森田泰史8/21(水) 6:11
  4. 4
    日本プロ野球で1球団に200勝投手が2人揃ったのは…。MLBのアストロズには現在2人 宇根夏樹8/21(水) 9:35
  5. 5
    渋野日向子への過熱報道でマネジメント会社が帰郷時の取材自粛を各メディアに通達。その背景とは 金明昱8/19(月) 12:21
  6. 6
    「日本女子ツアーでプレーする韓国人は確実に減っていく」 イ・ボミら韓国選手の勢いがなくなったワケ 金明昱5/13(月) 11:45
  7. 7
    ネット甲子園 第13日 中京学院大中京・森昌彦コーチが説く投手に大切な球種とは 楊順行8/20(火) 19:05
  8. 8
    先頭打者本塁打の球団記録を更新したスプリンガー そこで知っておきたいMLBの先頭打者本塁打記録雑学 菊地慶剛8/21(水) 13:33
  9. 9
    ラグビー日本代表 新ジャージを作った71歳の名工 若林朋子8/21(水) 6:00
  10. 10
    3月以来の4連勝!2位に戻った阪神ファームの“新潟遠征こぼれ話” 岡本育子8/21(水) 23:00