なでしこジャパンと森保U-21。最大の違いはクロスを折り返す角度にあり

アジア大会決勝。中島(写真奥)のクロスを頭で押し込む菅沢(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 アジア大会女子サッカー決勝。中国に押されながらも1-0で勝利したなでしこジャパンと、1日の夜に韓国と決勝を戦う日本男子U-21。男子と女子を同じテーブルの上で語るのはやや気が引けるが、単純に見ていて面白そうに映るのはなでしこの方だ。きつい表現をすれば、男子の方が汚いサッカーをする。好みの問題とは思わない。究極の平衡感覚を駆使した上でそう思う。

 ボールの繋ぎ方、運び方に安定感がある。ボールを経由していくルートがいい。完璧とは言えないが、日本人選手の持ち味が発揮されやすい理に適ったサッカーだと思う。なでしこの方が。

 中国との決勝戦。その終了間際、右のタッチライン際を走る右サイドハーフ中島は、岩淵から縦パスを受けると、中央にゴールラインにややマイナス気味のセンタリングを送り込んだ。中央を走る菅沢がこれを頭で押し込み決勝ゴールは生まれたが、男子チームでは望みにくいゴールだと言える。そうしたチャンスが少なそうなサッカーだ。

 それはサイドハーフ不在と大きな関係にある。岩淵がボールを持った時、日本男子の3-4-2-1の右ウイングバックは、中島の高さを維持することができないのだ。スタート位置はもっと低くなる。おそらくその15~20mほど。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2018年9月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事5本)

2018年9月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ