内向き思考の排他的なJリーグベスト11は日本の恥部だ

(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 Jリーグアウォーズで発表されるベスト11。幾つか発表されるベスト11の中のひとつなら納得できる。ある見方にとどまるなら、意見する気は起きないが、現実はそうではない。その他のベスト11はほぼ無に等しい。王道を行く評価の物差しとして、まかり通っている。

 選者は基本的に各チームの選手監督だ。そこで挙がった11人に偏りがないか、1チームから極端に多くの選手が選ばれていないかなど、選考委員会のフィルターを経て発表に至るわけだが、ほぼ現場の当時者の目線に限られたものだ。例えば、フランスフットボール誌が主催し、投票権を持つ記者の投票によって決定するバロンドールとは、主旨が全く違う。

 GK中村航輔(柏)、DF昌子源(鹿島)、西大伍(鹿島)、エウシーニョ(川崎)、車屋紳太郎(川崎)MF中村憲剛(川崎)、井手口陽介(G大阪)、山口蛍(C大阪)FW興梠慎三(浦和)、小林悠(川崎)、杉本健勇(C大阪)

 ベスト11の顔ぶれを見て、まず思うことは、外国人選手の名前がエウシーニョ1人しか存在しないことだ。最大3人用意されている枠の2人を満たしていない。一時に比べ、確かに外国人選手の質は低下している。中東や中国によい選手は流れる傾向にある。素人にも違いが一目で分かる大物選手は少なくなったとはいえ、わずか1人はいただけない。正当な評価とは言えないのだ。

 セレッソ大阪の守備的MF、山口蛍とソウザを比較すれば、軍配が後者に挙がることは明らかだ。守備的MFで言えば、鹿島のレオ・シルバも忘れてはない。ソウザにしても、レオ・シルバにしても、もし国籍が日本なら、山口蛍、井手口陽介を押しのけて、代表のスタメンを飾ることが確実な、日本代表超級の実力者であることは疑う余地がないのだ。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年12月サンプル記事

杉山茂樹

価格

540(記事4本)

2017年12月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える