炸裂する攻撃的サッカー。エスナイデル率いるジェフ千葉のミラクル昇格なるか。

大逆転で昇格プレーオフに進出したジェフ千葉。(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 11月19日、J2最終節。J1昇格プレーオフ進出を懸けた争いは熾烈を極めていた。名古屋グランパスとアビスパ福岡はすでに4位以内を確定させ、プレーオフ出場資格を得ていたが、5位、6位は僅差の争いで、徳島ヴォルティス(5位・勝点67)、東京ヴェルディ(6位・67)、松本山雅(7位・66)、ジェフ千葉(8位・65)の4チームが2枠を争う構図だった。

 東京V対徳島、松本対京都サンガ、千葉対横浜FC。最終節で5位、6位争いに関わったのはこの3試合だった。勝てば自動的にプレーオフ進出が決まる徳島、東京V、松本の3チームに対し、千葉だけは「他力」。勝利を収めても、この3チームのうち2チームが勝利すれば、あるいは、東京V対徳島が引き分ければ、勝ち点で届かない苦しい立場に置かれていた。

 すべて同じ時刻にキックオフされたこの3試合。終盤を迎えた段階で、東京V対徳島は1-1、松本対京都は0-1、そして千葉対横浜FCは1-1だった。5位と6位は徳島と東京Vで決まるのか。そんなムードが漂う中で事態は急変した。味の素スタジアムで行なわれていた東京V対徳島の88分、1-1の均衡が破れた。内田達也のゴールで東京Vがリードを奪ったのだ。

 1-1で推移していたフクダ電子アリーナの千葉対横浜FCが、俄然、面白くなった瞬間である。千葉はそれまで横浜FCを圧倒。試合を押しまくっていた。決定的なチャンスを何度も外していた。だが得点を奪っても、味スタの試合が1-1で終われば、6位には届かない。追って届かずの状況にあった。それが、1点決まれば6位=プレーオフ進出に一変したわけだ。

 そして、ロスタイムに突入した92分、千葉はCKを得た。清武功暉の蹴ったボールは、飛び込んだDF近藤直也にピタリと合う。そのヘディングシュートはGKの手をかすめながら、ゴールに吸い込まれていった。

 劇的なゴールとはこのことだ。最終節を前に8位だったチームが6位に滑り込んだ。それだけではない。千葉は、その10節前の32節終了時まで、22チーム中13位に低迷していたチームだった。35節終了時でも12位。千葉がそこから7連勝を飾り、プレーオフに出場することを予想した人は、どれほどいただろうか。

 きっかけとなったのは36節の岡山戦だった。千葉に詳しい記者によれば、そこから布陣を変更。4-3-3を4-2-3-1にしたことが奏功し、相手ボール時の対応が安定したという。それ以前は、圧倒的にボールを支配していながら、カウンターで失点を食らうパターンを繰り返していた。

 サッカーは面白い。けれどもそれが勝利に結びつかない。よく言えばユニークなチームだった。いいサッカーをしても勝たなければ意味がない。そうした勝利至上主義が蔓延(はびこ)る日本にあって、その能天気なサッカーは貴重な存在だった。

 そのサッカーを見る前から千葉は気になるチームだった。新たに就任した監督が、かつて欧州の現場でプレーする姿をよく見たフアン・エスナイデルだったからだ。

 エスナイデルはアトレティコ・マドリードなどで活躍した元アルゼンチン代表FW。代表キャップが2回と少なかったのは、その時、アルゼンチンにはガブリエル・バティストゥータ、アベル・バルボ、エルナン・クレスポ、クラウディオ・カニーヒア等々、優秀なFWが数多くいたからだ。当時、アルゼンチン人記者に聞けば、FWでは5番手、6番手の存在だとの答えが返ってきた。しかし、かっこよさはピカイチだった。長髪をなびかせながら前進するドリブルのフォームと風貌にシビれた記憶がこちらにはある。

 そのエスナイデルが千葉で面白いサッカーをやっている。高い位置からガンガンとプレスを掛ける攻撃的サッカー。成績は上がっていないけれど、一見の価値ありだとの情報は、早い段階から伝わってきた。

 それが実を結んだ状態にあるのが現在だ。いいサッカーとは何かの答えを見るようなサッカーである。

 まず、自軍GKがボールを持った瞬間、2人のセンターバックが両サイドにガッと開くその基本陣形が美しい。気品を感じさせる瞬間だ。その最終ラインは高く、両サイドから仕掛けるオープン攻撃も娯楽性に溢れている。とりわけ光るのが、右ウイングを張る10番、町田也真人。見ていて楽しい選手である。

 そしてボールを奪還するプレッシングも高い位置でよく決まる。相手ボールになるや、それまで以上の勢いで、選手はボールと相手に食らいついていく。自ずとボール支配率は高くなる。

 ブラジル、ベルギー相手に、パッとしないサッカーをした日本代表戦を見た直後であることも感激に輪を掛けた。日本代表に望みたいサッカーをエスナイデルの千葉に見た気がした。

「私が要求したことを、このチームはほとんど達成できています。私が言うことだけをやればいいということになっていません。いまは私がやりたいことと、選手たちがやりたいことが合致している状態。シーズン初めより、もちろんいいチームになっています」

 試合後、エスナイデルはそう語った。日本代表監督からも拝聴したい台詞である。

 プレーオフ初戦で対戦するのは3位の名古屋。1週前に対戦したリーグ戦では3-0で大勝した相手だ。名古屋は絶対に負けられない立場にいる。順位的にも、クラブの予算規模的にも、チャレンジャーになれない境遇にある。不本意にもJ1から降格してきたビッグチームが、今季のJ2で13位から這い上がってきたチームに敗れることは、許されないのである。

 戦いにくいのは名古屋。7連勝が8連勝に膨らむ可能性は少なくないと見る。そして9連勝を飾れば、その瞬間、J1昇格だ。まさかの大逆転劇は起きるのか。

 注目すべきは結果だけではない。繰り返すが、プレーの中身だ。いいサッカー、面白いサッカーとは何か。そのことと勝利とを車の両輪の関係で追求することの尊さを、このどんでん返しの現場であらためて思い知らされた次第である。

(集英社 Web Sportiva 11月21日 「ジェフ千葉、ミラクル昇格に望み。 アルゼンチン流攻撃サッカーが炸裂」として原稿)

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、W杯は82年スペイン大会以降9大会連続現地取材。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、「崩壊以後」(じっぴコンパクト新書・実業之日本社)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「攻撃的サッカー」(PHP新書)など。最新刊は「監督図鑑」〜世界と日本の現役サッカー監督176人のすべて~日本代表次期監督を探せ!!(廣済堂出版・2016年10月18日発売)

有料ニュースの定期購読

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事
月額540円(初月無料)
月4回程度
たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ