CL化した今日的なW杯で番狂わせを起こすには

ブラジルを今日的サッカーに変えたチッチ監督(写真:FAR EAST PRESS/アフロ)

 日本代表の欧州遠征で痛感したのは、強者が真っ当なサッカーをすればするほど、弱者にはチャンスが減るという現実だ。ブラジル、ベルギー両国のサッカーは上等だった。特にブラジルは4年前より明らかにいい。今日的なサッカーに変身した。

 チャンピオンズリーグ(CL)と同じ傾向だ。番狂わせが起きにくい時代。ダークホースが勝ち上がりにくい時代を迎えている。決勝以外、90分×2の180分マッチで行われるCLに対し、W杯は90分1本勝負。それでもCLより断然、波乱は起きやすい環境にあるが、傾向は似てきている。

 代表チームのサッカーは従来、クラブサッカーに比べ遅れが目立っていた。CLの方がW杯よりハイレベルな試合が多いと言われていた。代表サッカーは選手を集めて2、3日後にサッと試合をするため、戦術に磨きを掛ける時間的な余裕がないからだ。代表チームの戦術はクラブからの借り物にならざるを得なかった。

 その状況にいまも変わりはない。だが、代表チームのサッカーは進歩している。クラブから借りてくる戦術の中身が、よりよくなっているからだ。CLを頂点とするクラブサッカーのレベルが上がれば、その恩恵を享受する仕組みになっている代表チームのレベルも上がる。W杯もCLと似た傾向を示すことになる。

 今回、ブラジルは4-3-3で戦ったが、ブラジルの定番は長い間4-2-2-2だった。欧州には存在しないスタイルで戦っていた。2002年W杯は3-4-1-2、2006年W杯は4-2-2-2、2010年は中盤ダイヤモンド型4-4-2と4-2-2-2の中間型、そして2014年は4-2-3-1。ブラジルが4-3-3で戦う姿を見た記憶はない。何に影響されて、変化したかと言えばCLだ。ネイマールが代表で、左ウイングのポジションに就いたのは、彼がバルサに移籍した後だ。2012年にヴォロツラフで日本代表と対戦した時は、トップ下でプレーしていた。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年11月サンプル記事

杉山茂樹

価格

540(記事4本)

2017年11月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、W杯は82年スペイン大会以降9大会連続現地取材。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、「崩壊以後」(じっぴコンパクト新書・実業之日本社)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「攻撃的サッカー」(PHP新書)など。最新刊は「監督図鑑」〜世界と日本の現役サッカー監督176人のすべて~日本代表次期監督を探せ!!(廣済堂出版・2016年10月18日発売)

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    INAC神戸入りも決定。一部で「サッカー界のアン・シネ」との声もあるイ・ミナとはどんな選手? 慎武宏12/15(金) 11:41
  2. 2
    センバツ21世紀枠候補9校決定! 森本栄浩12/15(金) 19:07
  3. 3
    21世紀枠候補出そろったセンバツの話題先取り(その1) 智弁和歌山の"革命" 楊順行12/15(金) 15:28
  4. 4
    日本と台湾の架橋に―元阪神タイガース・林威助選手が今季限りで現役引退 土井麻由実12/15(金) 11:30
  5. 5
    香港へ遠征した1人の男が同じ場所でレースを観戦するのは何故か?あの名馬の物語はまだ終わっていなかった 平松さとし12/15(金) 7:00
  6. 6
    ソフトバンク、井口新監督と鳥越ヘッドのロッテと対戦!「球春みやざき」日程が決まる 田尻耕太郎12/15(金) 10:08
  7. 7
    「国士舘大学×マッスルミュージカル」が男子新体操の未来を拓く?~マッスル復活公演決定! 椎名桂子12/15(金) 18:08
  8. 8
    二刀流の系譜を受け継ぐエンゼルスの17番を選んだ大谷 三尾圭12/15(金) 6:30
  9. 9
    王者サントリーと対戦。神戸製鋼、逆転プレーオフ進出への鍵は。【ラグビー雑記帳】 向風見也12/15(金) 16:57
  10. 10
    E-1日韓戦前日練習、韓国代表に緊張感。シン・テヨン監督「リオ五輪予選の失敗は繰り返さない」 吉崎エイジーニョ12/15(金) 16:34