CL化した今日的なW杯で番狂わせを起こすには

ブラジルを今日的サッカーに変えたチッチ監督(写真:FAR EAST PRESS/アフロ)

 日本代表の欧州遠征で痛感したのは、強者が真っ当なサッカーをすればするほど、弱者にはチャンスが減るという現実だ。ブラジル、ベルギー両国のサッカーは上等だった。特にブラジルは4年前より明らかにいい。今日的なサッカーに変身した。

 チャンピオンズリーグ(CL)と同じ傾向だ。番狂わせが起きにくい時代。ダークホースが勝ち上がりにくい時代を迎えている。決勝以外、90分×2の180分マッチで行われるCLに対し、W杯は90分1本勝負。それでもCLより断然、波乱は起きやすい環境にあるが、傾向は似てきている。

 代表チームのサッカーは従来、クラブサッカーに比べ遅れが目立っていた。CLの方がW杯よりハイレベルな試合が多いと言われていた。代表サッカーは選手を集めて2、3日後にサッと試合をするため、戦術に磨きを掛ける時間的な余裕がないからだ。代表チームの戦術はクラブからの借り物にならざるを得なかった。

 その状況にいまも変わりはない。だが、代表チームのサッカーは進歩している。クラブから借りてくる戦術の中身が、よりよくなっているからだ。CLを頂点とするクラブサッカーのレベルが上がれば、その恩恵を享受する仕組みになっている代表チームのレベルも上がる。W杯もCLと似た傾向を示すことになる。

 今回、ブラジルは4-3-3で戦ったが、ブラジルの定番は長い間4-2-2-2だった。欧州には存在しないスタイルで戦っていた。2002年W杯は3-4-1-2、2006年W杯は4-2-2-2、2010年は中盤ダイヤモンド型4-4-2と4-2-2-2の中間型、そして2014年は4-2-3-1。ブラジルが4-3-3で戦う姿を見た記憶はない。何に影響されて、変化したかと言えばCLだ。ネイマールが代表で、左ウイングのポジションに就いたのは、彼がバルサに移籍した後だ。2012年にヴォロツラフで日本代表と対戦した時は、トップ下でプレーしていた。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年11月サンプル記事

杉山茂樹

価格

540(記事4本)

2017年11月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ