佳境を迎えているJリーグ。優勝の行方を左右するポジションと選手、そして監督とは

注目したい広島のヤン・ヨンソン監督(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

 終盤を迎え、鹿島と川崎に優勝争いが絞られているJリーグ。前節、首位を行く鹿島が広島に2-0で勝利する一方、2位の川崎は、仙台に逆転勝ちを収めた。両者の勝ち点差5に変わりはなし。得失点差では川崎が上回るので、その差を野球式に言えば、1.5ゲーム差未満となる。

 鹿島に与えられている余裕は、川崎が今後、全勝すれば1敗分しかない。まだまだ予断を許さない状況にあるーーとの想いは、広島戦を見ていると、なおさら膨らむのだった。

 2-0で勝ったけれど苦戦。降格争いの渦中にいる広島相手に、一歩間違えば、引き分けてもおかしくない試合をした。それでも2-0で勝ってしまうところが鹿島たる所以なのだが、それ以上に触れたくなるのは、広島の善戦ぶりだ。鹿島苦戦の原因は、広島の戦い方にあった。

 ヤン・ヨンソン監督が就任したのは7月11日。以降、鹿島戦前までの10試合を4勝4分け2敗で乗りきってきた。2勝5分け11敗だった森保時代とは、全く別のチームかと思わせるほど、見事に息を吹き返した。ヨンソン監督の力を思わずにはいられない。

 森保一前監督との違いは何か。分かりやすいのは布陣だ。前任監督の基本布陣は3-4-2-1。対するヨンソン監督は4-2-3-1。森保時代、後方だったボールを奪う位置が、ヨンソン就任後、上昇した。前線からプレッシャーを掛けていくサッカーだ。サイドの人数も森保式が各1人なのに対し、ヨンソン式は各2人。サイドをウイングバック1人に頼るサッカーから、2人で埋めるサッカーに変化した。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年10月サンプル記事

杉山茂樹

価格

540(記事4本)

2017年10月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える